ケア資格ナビ> 歯科助手ガイド

歯科助手の厳選資格講座を一覧比較

  • 歯科医師の助手として補助・患者対応などを行う「歯科助手」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

歯科助手はこんな資格!

こんな資格!

歯科医師の助手として、診療の補助・患者の応対を行う

歯科助手は、歯科医師の助手として、診療の介助や、患者の応対などをする職業です。治療行為そのものは行いません。診療中に医師をサポートするのはもちろん、窓口での受付や医療保険の請求など、その業務は歯科医療全般に関わります。歯科助手の仕事は資格がなくても行えますが、専用の器具などを使うこともあるので、知識がない状態で業務を行うことは困難です。

取得方法は?

患者さんとのコミュニケーションも大切です

歯科助手の主な仕事は「チェアサイドアシスタント」として器具を並べたり、器具を歯科医師に手渡したり、バキュームの操作、セメントの練和などの診療サポートです。時には歯磨き指導なども行います。助手作業以外にも受付業務、算定入力などの事務業務、機器の消毒や薬品の整理・発注と言った室内管理も歯科助手の大切な仕事です。歯科医師が治療に専念できるよう気配りが大切です。また 患者さんとのコミュニケーションを上手にはかることも歯科助手の役割だと言えます

どんな職場?

全国に活躍の場があり、結婚・出産後も働ける

歯科助手は安定したニーズがあり今後も人材が必要とされるため、歯科助手の技術は将来に渡って役に立つでしょう。職場は主に個人の歯科医院で、全国に活躍の場があります。また雇用形態もさまざまで、正社員だけでなくアルバイトやパートとして働くこともできるので、 結婚・出産などのライフスタイルの変化に合わせて働くことができます

歯科助手の推定月収
17万円以上(首都圏での目安)

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

歯科助手の資格を取得するには

資格取得するには

歯科助手の仕事をするのに特に資格は必要ありません。しかし、専門的な知識を必要とする仕事なので、日本歯科医師会などが認定している団体が主催する講座を受講し、認定資格を取得している方が就職の際に有利になります。歯科助手は民間資格ですが、さまざまな認定資格があり、それらは各団体が主催する講座を修了、または試験に合格することで取得できます。 例:歯科助手検定試験(日本医療事務検定協会)1~3級

受講資格

特にありません。

受講内容

歯科の基本知識、医療事務の知識、歯科医療の技術など

受講期間

認定団体により異なります(1か月~)

受講費用

認定団体により異なります(2万円~)

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.