ケア資格ナビ> サービス提供責任者ガイド

サービス提供責任者として働くには?必要な資格や活躍できる職場を解説!

訪問介護事業所に配置されるサービス提供責任者。「責任者」と名付けられていることから、事業所において重要な存在であると想像できますが、どのような役割を果たしているのでしょうか。
サービス提供責任者になるための要件や必要な資格、仕事内容や活躍の場所まで、さまざまな情報をまとめました。

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者は、高齢者などの自宅で身体介護や生活援助を行う訪問介護においてリーダー的な役割を担います。ケアマネージャーや利用者、訪問介護員、介護サービス事業者など、さまざまな人に関わり、そのパイプ役となる存在です。そのため仕事内容も多岐に渡ります。

ケアマネージャーとの関わり
ケアマネージャーから、新しい利用者がどんな介護サービスを必要としていて、何曜日の何時を希望しているかなどの相談を受けます。その後、受け入れ可能であれば訪問介護計画書(予防含む)を作成します。
利用者との関わり
利用者宅を訪問し、利用者の生活環境や健康状態などを確認します。その際利用者やその家族の求めるものが何で、そのためにはどのサービスを提供すればよいか選定します。サービス開始後はモニタリングを行い、サービス内容に問題があれば訪問介護計画書(予防含む)の見直しを行います。
訪問介護員との関わり
訪問介護員全体のリーダーとして、勤怠管理や利用者との相性判断、情報共有などを行います。また訪問介護員が利用者との関係で悩みを抱えていたら相談に乗り、必要であれば利用者やその家族と話し合い、問題解決に尽力します。介護技術で疑問を感じていたら、適切な介護方法をアドバイスして、技術向上の手助けをすることもあります。時には、訪問介護員に代わって利用者宅に赴き実際にサービスを提供することもあります。
その他
サービス提供責任者は、利用者や家族とともにサービス担当者会議に出席し、ケアプランが適切かどうかを確認します。
他にも訪問介護員の間で情報共有が必要な場合や、利用者が問題を抱えている場合に会議を開催します。また事務員がいない事業所では月毎のサービス実績をまとめ、介護報酬請求作業を行うこともあります。

サービス担当者会議とは
新規の利用者や区分変更などで状況が変化した利用者に対して開催されます。利用者やその家族、ケアマネージャー、サービス提供責任者の他、主治医、福祉用具・住宅改修担当者、リハビリ職員などが参加し、ケアマネージャーが作成したケアプランが適切かどうかを協議します。利用者が不安に感じている点や介護サービスを提供する上で問題となる点があれば修正し、最終的なケアプランを決定する会議です。

必要な素質とは?

サービス提供責任者は関係者とコミュニケーションを取りながら、利用者に最適なサービスを提供します。利用者とその家族、訪問介護員の間に立ち調整業務を行いますが、スケジュールだけでなくヘルパーの得意分野と利用者の求めているサービスが合致するよう、担当者を決めていきます。それぞれの立場や思いを尊重しつつ、一歩引いて客観的に全体を見渡せる能力が求められます

またサービス提供責任者は訪問介護員のまとめ役でもあります。定期的に情報共有を行ってお互いの意識を高めたり、サービスの質を向上させるにはどうすればよいかを常に話し合ったり、全員が積極的に参加できる体制を整えるように働きかけていきます。そのためには、チームワークを構築していくリーダーシップが必要になってきます。
さらにサービス提供責任者は、よき指導者・理解者・相談者として訪問介護員や利用者、ケアマネージャーとともにバランスをとりながら、気持ち良く働ける環境作りを目指します。またサービス提供責任者には資格要件があります。

  • 必要な資格を確認
  • 求人を検索

サービス提供責任者の主な活躍の場

活躍できる職場

訪問介護事業所

職場は訪問介護事業所が主となります。有料老人ホームなどと併設して訪問事業所を設けている場合もあります。そのような施設では、ケアマネージャーや介護職員だけでなくたとえば、看護師、調理、受付といった様々な職種のスタッフと関わることもあります。

配置基準について

サービス提供責任者は利用者数が40人につき1人以上、常勤で配置することが義務付けられています。しかし下記の条件を満たす場合には利用者数が50人またはその端数を増すごとに1人以上の常勤配置の特例が適用されます。

  1. 常勤のサービス提供責任者を3名以上配置している
  2. サービス提供責任者の業務に主として従事する者を1人以上配置している
  3. サービス提供責任者が行う業務が効率的に行われている場合

サービス提供責任者の資格要件

サービス提供責任者になるには配置が義務化されるほど重要な役職のため、実務者研修以上の資格が必要です。介護職員初任者研修とホームヘルパー2級の有資格者でもサービス提供責任者になることはできますが、事業所の介護報酬が30%減算となります。一方、実務者研修や介護福祉士は介護報酬の減算対象になりません。これからサービス提供責任者を目指すのであればぜひ取得しておきたい資格です。

●介護福祉士(国家資格)
資格取得者
●実務者研修
研修修了者
●ホームヘルパー1級
2013年3月までの資格取得者
●介護職員基礎研修
2013年3月までの研修修了者
●介護職員初任者研修
研修修了後、実務経験が3年以上ある者
●ホームヘルパー2級
資格取得後、実務経験が3年以上ある者

* ただし事業所の介護報酬が30%減算となります。

サービス提供責任者として働くための資格を確認

介護の資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(初任者研修)
  • 介護職員として勤務できる
  • 訪問系サービスには必須
  • 修了後、実務経験3年以上でサービス提供責任者になれる
全国の
講座料金を見る
実務者研修
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護福祉士受験に必須
  • サービス提供責任者になれる
全国の
講座料金を見る
介護福祉士 国家資格
  • 介護職員の中心的存在
  • サービス提供責任者になれる
全国の
講座料金を見る

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

介護職の種類

介護職の組織図(イメージ)

介護職の組織図(イメージ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.