ケア資格ナビ> 老人ホーム入居相談ガイド> 老人ホームの入居相談と入居決定までの流れ

老人ホームの入居相談と入居決定までの流れ

老人ホームの入居相談と入居決定までの流れ

「入居相談サービス」を利用する際に、最初は相談員への相談から始まります。
相談は電話、メール、FAXでも対応していますが、各サービス会社は相談室を設けており、相談員と対面で相談できます。また、相談員にご自宅や指定場所へ訪問してもらい相談できるサービス会社もございます。

老人ホームへの入居を慎重に決めるためにも、そして入居後に後悔しないために、実際に相談員とお会いして、直接相談することが望ましいでしょう。

相談員へは入居に関する希望条件やご要望などの情報を具体的にしっかりと伝えましょう。
環境、予算、費用、サービス内容、目的、場所、医療行為の必要性などを伝えた上で、相談員は入居希望者に合わせた施設を紹介していきます。
その際に相談員は紹介する施設の情報等も伝えますので、それらの情報を加味した上で、入居を希望する施設を検討していきます。

紹介された施設の中で、入居を希望する施設などがあれば、見学や体験入居も可能です。 見学の手配は、入居相談サービス会社が入居希望者に代わりおこないますので安心です。
また相談員の見学同行も可能です。施設のスタッフの対応や雰囲気、入居されている方々の様子、特長、介護サービス内容など、確認し、その施設がご自身に合うのか否か相談員と判断していくのも良いでしょう。

また、体験入居を希望する場合は、施設によって金額は異なりますが費用が発生しますので確認することが大切です。見学と同じく、自分の希望する施設に合うか否か判断していきましょう。

最終的に入居したい施設が決まった場合、その施設と契約を結び、入居決定となります。
契約にも相談員が立ち会うことが可能です。契約を結ぶ際には「契約書」「重要事項説明書」など各種書類のお取りかわしが発生します。内容をよく理解するためにも、わからないことがあれば相談員に質問することもできます。

このように「入居相談サービス」は、相談から入居までの一連の流れをサポートするサービスになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老人ホーム入居相談ガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.