ケア資格ナビ> オラクルマスターガイド

オラクルマスターとは

  • データベース技術者としてのスキルを正確に評価 オラクルマスター
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

オラクルマスターとは

世界的に普及しているデータベースソフト「オラクル」。販売元であるオラクル社が認定する資格がオラクルマスターです。
オラクルマスターはあなたのデータベース技術者としてのスキルを正確に評価し、ビジネスでの活躍と将来を保証してくれます。

オラクルマスターはこんな資格です

オラクルマスターとは、日本オラクル社が定める同社製データベースソフトの認定試験で、データベースの運用では世界的に評価を受けている資格です。
認定対象の製品バージョンごとに資格が設けられており、最新はORACLE MASTER Oracle Database 12cです。難易度は「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」と4段階に分かれており、「Silver」以上の資格は海外のOracle Certification Program(OCP)と連携が取られていますので世界中で通用する資格です。

オラクルマスターの将来性は?

Silver以上のクラスに合格していれば、それが世界で通用する技術を身につけているという証になります。
オラクルを導入している企業やシステムは多く、専門知識を身につけた認定者の需要は安定しています。
『業界で知らない人はいない』というほど信頼のある資格です。

オラクルマスターを習得した後はどんなところで働くの?

オラクル社製のデータベースを扱っているシステムの構築や運用・保守などに、専門家として派遣されるケースが考えられます。
資格取得のための費用負担や資格手当てが出る企業が多く、データベースを用いた Web開発・ソフトウェア開発の分野でも活躍できます。

オラクルマスター試験・資格データ

合格率 非公開
受験資格 Bronze:
年齢・性別・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。
Silver/Gold/Platinum:
それぞれ1つ下のランクの資格を取得していることが必要。
例)Silverの受験にはBronzeが必要、Goldの受験にはSilverが必要です
取得方法 オラクルマスター認定試験に合格すると取得できます。
レベル Bronze、Silver、Gold、Platinum
試験内容 データベースに関する知識全般(PCを使った選択問題)
受付期間 随時受け付けています。
試験日 随時開催されています。オンライン試験は予約完了後、すぐに試験を開始することができます。
受験料 13,600円~237,900円(税別)
例:
【ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c SQL基礎】
13,600円(税別)
【ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c 実技試験】
237,900円(税別)
問合せ先 オラクル 認定資格事務局
認定資格については、メールにてお問い合わせください。
E-mail: oraclecert_jp@oracle.com

(更新日2016.10.6)

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資格講座一覧

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.