ケア資格ナビ> MOS(スペシャリスト)ガイド

MOS(スペシャリスト)の講座料金を一覧比較

  • 社会人にとって今や必須のパソコンスキル MOS(スペシャリスト)
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

MOS(スペシャリスト)とは

MOS(スペシャリスト)はマイクロソフト社の総合ソフトMicrosoft Officeの活用能力を認定する世界共通の資格です。
試験はアプリケーションごとに設定され、最も受験者の多いWord、Excelは、さらにスペシャリストとエキスパートの2レベルに分けられます。

MOS(スペシャリスト)はどんなところで活用するの?

社会人にとってパソコンは必須のスキルとなっています。
しかし、実際のところパソコンをどの程度扱えるかどうかを証明することは簡単ではありません。
そこで、このMOSを取得すると、文書作成や表計算、企画書作成ができるという証明になり、企業に対するマイクロソフトオフィスアプリケーションの習熟度を提示することができるので、就転職の際には大変有利になります。

MOS(スペシャリスト)の取得者の将来性は?

MOSは世界共通の資格です。
また、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下:マイクロソフト オフィス マスター)は、Microsoft Officeの同一バージョン(Office 2013、Office 2010、Office 2007)のなかで、既定の4科目に合格したすべての方に贈られる称号です(必須3科目と選択1科目の計4科目、MOS2013マスターはWordとExcelのエキスパート4科目に合格していることが条件となります)。 Office製品の複数のアプリケーションを使いこなせる、総合的なスキルを証明するマイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。
認定されれば国内だけではなく、今後海外に仕事の場を求める企業や人にも有利になります。
この資格を取得することによって将来性は広がるでしょう。

MOS(スペシャリスト)試験・資格データ

Microsoft Office Specialist

合格率 非公開
受験資格 年齢・性別・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験することができます。 小学生以下の方は、保護者の同意が必要です。
取得方法 MOS運営事務局が月1~2回実施する「全国一斉試験」と、MOS試験実施会場(パソコンスクールや専門学校)が各自のスケジュールに合わせて実施する「随時試験」いずれかに合格すると取得できます。
試験科目

Word(文書作成ソフト)
Word 2013スペシャリスト Word 2013エキスパート Part1 Word 2013エキスパート Part2 Word 2010スペシャリスト Word2010エキスパート  Word 2007スペシャリスト Word 2007エキスパート

Excel(表計算ソフト)
Excel 2013スペシャリスト Excel 2013エキスパート Part1 Excel 2013エキスパート Part2 Excel 2010スペシャリスト Excel 2010エキスパート Excel 2007スペシャリスト Excel 2007エキスパート

Powerpoint(プレゼンテーション ソフト)
Powerpoint 2013スペシャリスト Powerpoint 2010スペシャリスト Powerpoint 2007スペシャリスト

Access(データベース管理ソフト)
Access 2013スペシャリスト Access 2010スペシャリスト Access 2007スペシャリスト

Outlook(電子メール・情報管理ソフト)
Outlook 2013スペシャリスト Outlook 2010スペシャリスト Outlook 2007スペシャリスト

※MOS 2013 エキスパートレベルはPart 1、Part 2の2科目に合格すると認定証が発行されます。
試験内容

Microsoft Officeの各種アプリケーションソフトを使い、要求された作業を確実に行えるかを判定します。
試験範囲に関しては、各アプリケーションごとに異なりますので、公式サイトにてご確認ください。

試験形式: 試験はすべて実技試験で、Windowsマシンを用いて、与えられた課題を解決していきます。筆記試験は一切ありません。

試験時間:50分

出題形式:MOS 2010 までは、25~40問程度の前後に相関関係のない問題が出され、1問ごとに1~2つの課題を解答させるものでしたが、MOS 2013は、ひとつの成果物(ファイル)を完成させる形式の試験です。新しい出題形式は、職場での資料作成や学校での課題製作など、実際の現場で応用できる形式の試験になります。

※ Outlook 2013の出題形式のみ、MOS 2010までの形式と同様に一問一答形式です。
申込方法 全国一斉試験:HP上の申込フォームに記入、もしくは郵送
随時試験:申込みを行う試験実施会場の指示に従ってください。
受付期間 全国一斉試験:各試験日の1ヶ月半~1ヶ月前
随時試験:試験会場ごと、定員になり次第締め切り
試験日 全国一斉試験:毎月1~2回 (いずれかの日曜日)
随時試験:各試験会場が設定した日程
受験料 2013:一般価格 / 10,584円(税込)学割価格 / 8,424円(税込)
※学生の方は試験当日に、必ず「学生証」をご持参ください
2010:スペシャリスト / 10,584円(税込)、エキスパート / 12,744円(税込)
2007: / 12,744円(税込)
問合せ先 株式会社 オデッセイコミュニケーションズ マイクロソフト認定資格 総合サイト
(受付時間)平日 10:00~18:00
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資格講座一覧

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.