ケア資格ナビ> 介護事業の起業ガイド> 介護タクシー事業の独立開業

介護タクシーの独立開業のためのフランチャイズ企業比較

「介護タクシー」は、介護・介助の必要性のある高齢者や身障者の方々が車いすなどを利用したまま移動可能なタクシーを言います。

介護タクシーの概要

一般的に「介護タクシー」と名前が浸透していますが、正式名称は道路運送法第4条に定める「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」と言います。

「介護タクシー」の考え方としては二つあり、一つは【1】訪問介護の一つである「通院等乗降介助」という介護保険が適応される介護保険事業者などが行う介護タクシー。もう一つは【2】介護保険が適応されない介護タクシー。まず、ここに大きな違いがあります。

【1】の場合は、ドライバーはホームヘルパー2級以上の資格を有し、車両の乗り降りの介助や、降車後の通院の為の病院までの移動の介助などをおこないます。この作業が「通院等乗降介助」といい、介護保険が適用されます。利用者はタクシー料金(交通費)+介護保険の1割負担をお支払することになります。

【2】の場合は、特にヘルパーなどの資格取得義務はなく、個人・法人の誰でも開業することは可能です。会社により介助・介護講習を行っています。また、開業後、介護保険を利用する介護タクシーを始めることも可能ですが、その場合は、法人格が必要になりますので新たに法人格取得に向けた準備・手続きを行う必要があります。

また、自家用自動車を使った移送手段として、NPO法人や社会福祉法人・医療法人などが行う「福祉有償運送」があり、法律上、道路運送法第78条第2号に明記されています。 「福祉有償運送」を行うことができる者は、上記の他に、一般社団法人・財団法人、農協協同組合などに限定されています。「福祉有償運送」は、各市町村が該当エリアの交通状況を見て、必要か否かの判断がなされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業の起業ガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.