ケア資格ナビ> 介護事業の起業ガイド> 介護事業の経営に失敗しないために

介護事業の経営に失敗しないための人材育成

介護事業の経営を失敗しないために

人材採用の戦略を立てる

介護事業は売上である介護報酬の9割が国から支払われる仕組みであるため、9割は貸し倒れの心配はありません。しかし、介護報酬の支払いはサービス実施月の翌々月25日になるため、2~3ヶ月の運転資金が必要になります。
利用者の増加を見込んで職員を多めに採用したにも関わらず、増加が想定より低水準になってしまった場合、資金繰りの悪化を招く可能性があります。利用者が入院になられるなどのケースもあり、ある程度安定的に利用者が定着するまでの予測を立てるのは非常に難しいですが、フランチャイズ本部と事前戦略を十分練り、人材採用とのバランスを取ることが重要です。
フランチャイズにおいては、必要な時にスムーズに人材採用ができるような体制が整っている場合が多いので、立ち上げ当初に大量採用することはなるべく避け、利用者の増加に併せて採用を進めていくのががベストです。

人材の育成が介護事業の成否を握る

立ち上げた介護事業所が地域で評判を得るにはサービスの質の向上が不可欠です。
そのためにも事業所のリーダーとなる人材をいかに育てられるかが非常に重要なポイントとなります。

介護事業は人に依存したビジネスである一方、離職率が高い傾向にあります。
介護の仕事を志す人は優しく真面目な性格の人が多い傾向にあるため、悩みごとなどを抱え込んで自分を追い込んでしまうことがあります。このような精神状態で職員同士の軋轢が生じてしまったり、ストレスを抱えてしまうことで退職されてしまう人が多いのが現実なのです。
※「給料など待遇に不満がある」という退職理由よりも「人間関係のトラブル」「仕事疲れ」による退職がほとんどです。

介護事業所を経営するには、介護職員の要望や不平・不満などに対して辛抱強く聞く耳を持っていることが重要です。そのうえでこのような事態にならないよう中核となるリーダーを育成し、介護職員がリーダーに何でも相談できる環境を構築していくことが経営者の役割です。

フランチャイズとして事業所を立ち上げる場合は、フランチャイズ本部が教育システムを用意していることが多いので、積極的に利用するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業の起業ガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.