ケア資格ナビ> 介護事業の起業ガイド> 介護フランチャイズの魅力

介護フランチャイズの魅力とは?

介護フランチャイズの魅力

介護事業を立ち上げる方法は大きくわけて以下の3つの方法に大別されます。

(1)指定申請から事業運営まで自力で全て行う
(2)介護事業運営コンサルタントや行政書士・司法書士などに依頼し支援してもらう
(3)介護フランチャイズに加盟し開業する

上記の順番は、投資的コストが少ない順と言ってもよいでしょう。
経験やノウハウがある場合は、(1)のすべて自力で行うこともできるでしょう。ただし、はじめて介護事業を立ち上げようと思っていたり、資金繰り面に不安がある場合は、リスクを減らすためにも、やはり(2)か(3)の方法を選択することがメリットが大きいと言えます。

(2)の場合、指定申請の手続きを行政書士や司法書士に代行してもらうのが一般的です。この場合、指定申請が認可されるまでの依頼となるため、事業の運営については自力で行う必要があります。
介護事業運営コンサルに依頼する場合は、指定申請に加えて、事業計画や運営についてのコンサルを受けることができます。ただし、営業活動や人材採用など実際の業務は自力で行う必要があります。

(3)のフランチャイズでは指定申請から運営についての相談はもちろん、経営戦略や人材採用までサポートがあります。またフランチャイズ店舗のネームバリューがあるため、さまざまなシーンでメリットを享受できます。

介護フランチャイズの魅力は「情報」と「時間」と「セーフティー」

介護事業をフランチャイズに加盟して立ち上げるということは、フランチャイズ本部に加盟金や月々のロイヤルティを支払う必要があり、長期的にみると損だと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし介護ビジネスにとってフランチャイズは、「情報」と「時間」と「セーフティー」いう観点から考えると、支払うお金以上に非常に価値あるものを、フランチャイズ本部から得ることができるのです。

「情報」という観点で考えると、介護事業は一般の事業よりも地域に根ざした事業を行うため、地域の情報や協力機関との連携が必要になります。自力で開業した場合はこのような地域の情報が入りにくかったり関係機関との連携が取るのが難しく、なかなか事業が軌道に乗
らないということが多いです。
フランチャイズに加盟した場合、加盟店同士の「定例オーナー会」などでさまざな情報交換が可能です。地域のキーパーソンやケアマネジャーの紹介を受けたり、困難事例についてなど、その地域で介護事業を行ううえで非常に有益な情報を得る機会が増えます。

「時間」という観点で考えると、指定申請から運営のノウハウまでサポートを受けられます。また知度の高いフランチャイズのブランドを利用できるので、採用や営業活動が有利になります。
自力で指定申請の書類を用意し申請しても不備があって指定が受けられないこともありますし、なんとか指定を受けられたとしても、事業所を立ち上げ優秀な人材を採用し、利用者を少しずつ集め事業所の認知度を高めていくのは多大な時間とコストがかかりますし、必ずしも成功するとは限りません。
介護ビジネスは利益率の高いビジネスではないですから、如何に早く黒字化するかが事業継続の分かれ目です。

重要な地域の情報を入手し、素早く事業を軌道に乗せることがリスクの低減、つまり「セーフティー」な経営につながります。その意味では介護フランチャイズは介護ビジネスにおいて非常に有益な手段と言えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業の起業ガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.