ケア資格ナビ> 介護事業の起業ガイド> 介護フランチャイズで起業する方法

介護事業の起業に伴う問題点をフランチャイズ企業が解決!

介護フランチャイズで起業する方法

個人で起業する場合の問題点

介護事業を独自で起業する場合、以下のような問題があります。

  • 介護保険制度を正確に理解することが必要
  • 事業所の知名度が低いため利用者の獲得が難しい
  • 指定申請書類の作成が複雑で、介護事業所としての指定を受けるのが難しい
  • 介護スタッフの確保が難しい
  • 事業を運営していくためのシステム構築に手間とコストがかかる
  • 介護保険制度についての情報入手が難しい

介護事業は都道府県の指定を受けて初めて開始することができます。従って、事前に準備することが多く、事業を開始してから黒字化するまでに時間がかかります。また介護事業の性質上、介護・医療・自治体が連携してサービスを提供していく必要があり、このコネクション作りに大変時間がかかります。なんとか起業したもののコネクション作りが思うようにいかず、利用者が集まらないため事業所をたたまなければならないケースが多いのも事実です。

このように、介護保険事業の独自起業は制度上非常にハードルの高いものになっています。

そんな問題点をフランチャイズ起業が解決してくれます!

介護フランチャイズで起業も安心!

さまざまなフランチャイズのメリット

フランチャイズチェーンとして起業する場合、独自に会社を設立し介護事業を立ち上げるのとは違って介護業界の知識や経験ゼロの方でも開業できることに加え、介護事業所運営のノウハウを得ることができるなど、さまざまなメリットがあると言えます。

介護事業運営のノウハウを提供してもらえる

フランチャイズ本部は、指定を受けるまでの準備段階から研修を行ったり、事業開始後の運営に際しても、それぞれの段階に応じたフランチャイズ店運営のノウハウを教えてくれます。

介護スタッフの採用に有利

介護事業を運営するのに必要な介護スタッフの採用も、フランチャイズチェーンの場合、本部がまとめて求人をしてくれたり、採用ノウハウを提供してもらえるため、個人開業よりもスムーズな場合が多いです。もちろんフランチャイズ店の認知度も採用の味方になります。

運営ツールが充実

フランチャイズチェーンでは事業を運営するのに必要な各種ツール(介護ソフトや運用マニュアル、各種書式など)が用意されているため、低コスト・短時間で事業を立ち上げ、運営できます。

宣伝広告面で有利!

あなたが何もしなくてもフランチャイズ本部はテレビや電車広告でどんどん宣伝広告をしてくれます。
独立開業では宣伝・広告の面で不利になりますが、フランチャイズ加盟をすれば、誰でも知っている店名やロゴ、それに伴うイメージなどが得られるのです。これもフランチャイズ加盟の大きな魅力と言えるでしょう。

ただし、フランチャイズチェーンは売上の中から毎月本部に対してロイヤルティの支払いが必要になります。そういった条件を見極めて、加盟するフランチャイズを吟味する必要があります。

FC起業の手順

  1. FCオーナー募集の広告などで、加盟するFCを検討します。
  2. FC加盟説明会に参加し、詳細の検討をします。
  3. 書類面接・審査を行い、FC加盟契約をします。
  4. フランチャイズ加盟店の開業です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業の起業ガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.