ケア資格ナビ> 管理者ガイド

介護施設の管理者として働くには?必要な資格や活躍できる職場を解説!

介護業界では現場で働く「介護職員」の他にも、介護施設の運営・管理を行い、職員をまとめる「管理者」がいます。介護業界で働いて、「いつかは管理者として運営に携わりたい」と考える人もいるのではないでしょうか。
では管理者とは実際にどのような仕事をしているのでしょうか?仕事内容や必要な要件、資格を確認してみましょう。

介護施設で働く管理者の主な仕事内容

管理者は介護施設によって施設長・ホーム長・センター長・事業所長などとも呼ばれます。管理者は、介護職員のマネジメントや施設の運営や管理を中心に行う、重要な職種です。また管理者の配置基準は常勤者1名と義務付けられています。
管理者が関わる業務は介護施設によって多少異なりますが、以下が主な仕事内容です。

人材管理
介護職員の面接や採用。法令や規則を守るための職員への指示やより良いサービス提供をするための人材育成などを行います。
顧客管理
利用者や利用者家族の、要望や相談を聞き対応します。
運営管理
介護施設の運営方針・事業計画・年間目標の設定・提供サービスの確認や環境改善などを考えます。利用者の数が安定するように営業活動も行います。
労務管理
介護職員の福利厚生の把握・行政への手続きや、残業・有給残などの労働時間管理を行います。
*職場によっては事務員が行います。
収支管理
利用者との契約・保険請求業務・各種経費などの金銭管理を行います。
*職場によっては事務員が行います。

管理者に必要とされる能力

コミュニケーション能力
管理者は利用者やその家族・介護職員・取引先業者など、さまざまな人と関わり合います。また、会議では介護施設としての方針を話したり、職員と個別面談も行います。管理者は指導や指示をするポジションなので、コミュニケーション能力は不可欠です。

幅広い視点
管理者は施設全体を統括するので、幅広い視点を持つことが必要です。なぜなら介護施設の運営方針や年間計画、目標などを設定する他、働く介護職員のマネジメントのみならず、その家族の生活も含めて考える必要があるからです。

決断力
事業の内容や計画を決めるとき、介護職員の採用や配置を考えるときなど、管理職としての決断を求められる場面は数多くあります。事故などの緊急時の際は、状況に応じて適切な判断も求められます。

リーダーシップ
職場のトップとして、介護職員をまとめ、リードしていく力が必要です。リードしていくだけでなく、利用者や介護職員を理解し、意見に耳を傾けることのできる人が向いています。明確なビジョンや考えを持つことで、経営方針が明らかになり信頼感が生まれます。

  • 必要な資格を確認
  • 求人を検索

管理者として働くには

活躍できる職場

通所介護(デイサービス) 有料老人ホーム
グループホーム サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
特別養護老人ホーム 介護老人保健施設

管理者は介護保険サービスを提供するすべての介護施設、事業所に存在します。勤務する職場や地域にもよりますが、大きな介護施設の場合は現場に出る機会は少なく、小さい介護施設の場合は管理者の仕事と兼務で現場の仕事を行うこともあります。

管理者となるための要件

介護施設の種類によって、必要な資格や要件が異なります。
例として以下のような要件があります。

特別養護老人ホームの施設長及び管理者
<施設長>
  • 社会福祉主事の要件を満たす人
  • 社会福祉事業に2年以上従事した人
  • 社会福祉施設長資格認定講習会を受講した人
<管理者>
  • 資格不要
介護老人保健施設の管理者
  • 都道府県知事の承認を受けた医師であること
    *都道府県知事の承認があれば医師以外の人に管理させることができる
介護療養型医療施設の管理者
  • その病院又は診療所が医業をなすものである場合は、臨床研修修了医師が管理すること
小規模多機能型居宅介護の管理者
  • 指定施設の従業者または訪問介護員などとして、認知症介護の経験が3年以上ある人
  • 認知症対応型サービス事業管理者研修を修了している人
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の管理者
  • 指定施設の従業者または訪問介護員などとして、認知症介護の経験が3年以上ある人
  • 認知症対応型サービス事業管理者研修を修了している人
有料老人ホーム・デイサービス・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の管理者
  • 資格要件は特にありませんが、介護の知識や経験が必要

取得しておくとよい資格

管理者は現場での介護経験を積んでから就くケースと異なる業界から転職して就くケースがあります。多くの介護施設の求人募集では介護福祉士や介護職員初任者研修以上などの資格保有を求めています。まずは介護経験を積みながら資格を取得し、現場の状況を理解した上で、ステップアップすることをおすすめします。
現場経験があると問題が起きたときに素早く状況を理解でき、適切な判断ができるので現場職員への信頼にもつながります。

介護の資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(初任者研修)
  • 介護職員として勤務できる
  • 訪問系サービスには必須
  • 介護の基礎知識を学べる
全国の
講座料金を見る
実務者研修
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護福祉士受験に必須
  • 医療的ケアも学べる
全国の
講座料金を見る
介護福祉士 国家資格
  • 介護職員の中心的存在
  • サービス提供責任者や生活相談員*にもなれる
全国の
講座料金を見る
ケアマネージャー
  • 利用者に適切な介護サービスを計画する
  • 利用者や家族からの相談業務を請け負う
  • 生活相談員として勤務できる場合もある
全国の
講座料金を見る
社会福祉士 国家資格
  • 生活相談員として勤務できる
  • 関係者との連絡や調整などの役割を果たす
全国の
講座料金を見る

* 自治体によって要件が異なります。詳しくはご確認ください。

現場を把握することはもちろんですが、介護保険や法令の知識も求められます。介護保険サービスを提供するには、介護保険法に精通していることが必要で、労務管理や収支管理には法令の知識も必須です。法令違反をしてしまって介護報酬の減額や返還とならないように、しっかりと介護業界に関する知識を身に付けることが大切です。幅広い知識を持つことで、利用者に満足してもらえる施設運営ができます。

介護職の種類

介護職の組織図(イメージ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.