ケア資格ナビ> 看護助手ガイド

看護助手の厳選資格講座を一覧比較

  • 看護師が行う医療行為以外の業務をサポート「看護助手」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

看護助手はどんなことができるの?

看護助手は看護師の補助的な役割を果たします。医療行為や看護行為などは行えませんが、慢性的な看護師不足の現代において、看護助手は非常に大きな役割を担う存在であると言えます。

看護助手はどんなところで働くの?

大きな総合病院からクリニック、診療所などの医療施設、そのほか福祉施設など、看護助手が活躍できる職場はさまざまです。

看護助手の仕事内容

仕事の内容は勤務する施設や配属される場所によって変わってきますが、看護助手は医療行為を行うことはできません。シーツの交換やベッド周りの清掃、身体の清潔の介助、患者さんの付き添い、食事の介助などの患者さんの身の回りのお世話が主な業務となります。業務は基本的に看護師の指示を受けて行います。
看護師の補助として患者さんを診察室や検査室に案内したり、体重測定や検査の準備をしたり、小さなクリニックなどでは電話応対や院内の清掃、片付けなどを行う場合もあります。また勤務先によっては夜勤の業務を行うこともあります。

看護助手 資格データ

難易度 ★★☆☆☆
人気度 ★★★☆☆
合格率 76.3% (2015年)
推定月収 時給:1,000円前後、月給:約17万~20万円
夜勤業務の場合は夜勤手当などが付く
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

看護助手にはどんな資格があるの?

看護助手は資格がなくても出来る仕事ですが、関連講座の受講を修了していたり検定資格に合格していると、就職活動の際に有利になるだけでなく、実際に業務を行う際にも役に立ちます。看護助手の仕事に就こうと考えている方は関連講座を受講し、資格を取得しておくことをおすすめます。

看護助手と一緒に活用できる資格は?

看護助手の資格を取り、さらにステップアップしたい方やより活躍の場を広げたい方には、これらの資格をオススメします。

看護助手の資格を取得するには

取得方法 各団体によりさまざまな資格があります。スクールの講座を受講し修了することや、認定試験に合格することにより取得できます。
受講資格 受講制限は特にありません。
受講時期 各スクールで異なります。
試験名称 看護助手実務能力認定試験
試験形式 学科問題(マークシート):25問
実技問題(記述問題):5問
受験日 3月、6月、11月
試験時間 90分
受験資格 特にありません。
受験料 一般受験:7,500円、団体受験:7,000円
出題内容 <学科問題>
看護助手業務と役割の理解:10問
患者の理解:10問
看護助手業務を遂行するための基本技術:5問
<記述問題>
看護助手業務を遂行するための基本技術に関する基本問題:5問
自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.