ケア資格ナビ> 整体・カイロプラクティックガイド> シニア世代向けカイロプラクティックとその効能

シニア世代向けカイロプラクティックとその効能

Senior Kairo
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

80%以上が一生のうちに経験する!? 高齢者に多発する国民病は“腰痛"

日常生活を積み重ねてゆく上で、どうしても骨盤や頚椎は歪んでしまうもの。加齢とともに、股関節や膝など下半身を中心に、柔軟性や筋力はどんどん低下してゆきます。加えて体幹を利用したバランス維持機能が衰えると、その結果転倒や寝たきりへ繋がってしまうのです。
こうした事態を避けるためにも、一番大切なことは早期治療・早期予防です。腰痛・坐骨神経痛を予防するためにも、定期的なメンテナンスが非常に重要となってきます。

そんな中、近年各地で拡大しているのがシニア世代向けのカイロプラクティック(整体)。カイロプラクティックとは、身体の歪みを取り、痛みを回復させる効果の高い施術です。
カイロプラクティックと聞くと、骨格矯正をはじめとする強い施術を連想してしまいがちですが、シニア世代に向けたカイロプラクティックは、揺らしのような緩やかな整体技術が中心です。血管・神経が細くなっている可能性や、骨粗しょう症の危険性を考慮し、一人一人に適した整体術を提供します。

そこで今回は、高齢者が見舞われがちな腰痛トラブル、およびそれに対して有効なカイロプラクティックについてご紹介します。

※ カイロプラクティックの効能には個人差があります。

多くの高齢者が抱えている! 腰痛の症状とその要因

介護職員が口をそろえて言うことは、利用者が抱える慢性腰痛の割合の高さです。およそ以下の三つに分類されると言われています。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の内側の空洞が狭くなり、脊髄を圧迫する病気のことです。主に腰痛や足の痛み、しびれなどの症状があらわれ、歩行や腰を反らす動作が難しくなります。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨の間にある軟骨が変形し、中身のやわらかい部分が飛び出る病気です。これにより、背骨から足に伸びる神経が障害を受けると、腰からお尻、太ももの裏側にかけて痛みやしびれが引き起こされます。

分離すべり症

腰椎がずれたまま元に戻らず、違和感が鈍痛に変わって慢性化します。椎骨がすべる際に神経を圧迫してしまい、坐骨神経痛も同時に発症する場合もあります。

では、そもそもなぜ加齢とともに腰痛のリスクが高まるのでしょうか。

高齢者の腰痛は、主に加齢による骨や椎間板の変形が原因とされていますが、最も大きな影響は、座り姿勢などといった、生活習慣の積み重ねであると言われています。

つまり、年をとったことそのものが原因なのではなく、悪い姿勢を長期間続けてきたことが、徐々に関節の変形を起こし、最終的には痛みの要因になると考えられているのです。実際に、足を組む、片足に荷重をかける、ソファーにだらしなく座るなど、日常の何気ない癖ひとつで、骨格はたちまち歪んでしまいます。

少しでも気になる点がある人は、まずは姿勢や生活習慣を改善し、関節や椎間板の変形を食い止めるようにしましょう。日常生活に簡単なストレッチを取り入れるだけでも、こうした症状の予防に繋がります。

シニア世代向けカイロプラクティックの効能

それでは、これらの症状を予防・改善する上で重要な、カイロプラクティックには一体どのような効果があるのでしょう。

カイロプラクティックでは、まず身体全体の姿勢や関節の動きを検査し、動きが悪くなっている部分を矯正します。こうした患部や周辺部位を動かす施術によって、脳血流や脳脊髄液の流れを良くし、脳機能を活性化させる効果があると言われているのです。

これは認知症を予防するだけでなく、関節の調整やバランス回復に有効であるとも言われています。こうした効果が期待できるということもあって、カイロケアを受けるシニア世代が徐々に増えて来ているのです。施設によっては矯正だけでなく、状態に合った体操療法や、再発防止のための日常生活でのアドバイスも行っています。

シニア世代へのカイロプラクティックの安全性

このような効果があるならぜひとも利用したい! そう思った人もいるかもしれませんが、高齢者の中には整体に行くことをためらう人もいます。

『バキバキと骨を鳴らして施術するのはこわい』『なんだか痛そうだし身体を痛めそうで心配……』不安を覚える人の中には、こんな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

そもそもカイロプラクティックとは、骨格を元に戻すための施術です。そのためには骨格にダイレクトにアプローチする方法もありますし、筋肉のバランスを良くすることにより、骨格を動かす方法もあります。こうしたさまざまな技法の中から、その人の症状や身体の状態に応じて、適切な技術を選んで施すのが整体師の仕事です。

骨が弱くなったり、筋肉が衰えている高齢者に対して、揉んだり、捻ったりと身体に強い刺激を与える施術は体力を消耗させるばかりか、骨折などのリスクも伴います。そのため、シニア世代向けのカイロプラクティックにおいては、触れる程度の力でほぐし、やさしく揺らすといった技法が使用されます。

シニア世代向けカイロプラクティックの体験談

実際に施術を受けたことのある人の体験談を見てみましょう。

予防として

「私は2週間に1度くらいの頻度で、近所のカイロプラクティッククリニックに通っています。最初はボキボキと骨を鳴らして治療するのかと思い、家の者についてきてもらうほど怖かったのですが(笑)、先生は無理のない力加減で関節を伸ばしたり、ストレッチの指導をしてくれました。近頃どうにも身体を動かすことが億劫になっていたのですが、治療後は腰をしゃんと伸ばすことができ、歩いていても身体が軽くなったように感じられてとても助かっています。」

治療として

「私は一昨年、急に肩の痛みに襲われ、利き手に力が入らなくなりました。病院に行ったものの効果はなく、途方にくれていたところ、家族のすすめがあってカイロプラクティックを受けました。はじめは重いものを持ち上げたせいではと疑っていたのですが、長時間無理な姿勢で読書をしているのでは? と言い当てられ、まさに目からウロコでした。それからは徐々に回数を減らして先生の施術を受け、背骨から全身にかけて施術をしてもらいました。そしてとうとう、利き手が自由に動くようになったのです。今は先生から頂いた言葉を励みに、日々正しい姿勢を意識して生活しています。」

広がるビジネスチャンス

医療の発達により、日本の平均寿命は世界的に見てもトップクラスとなりました。こうした側面から、ADL(日常生活動作)およびQOL(生活・人生・生命の質)を維持しながら、健康な長寿を推進する必要性に迫られています。

高齢化の進む現代社会において、腰痛や寝たきりに悩まされる人の割合は、今後ますます増えてゆくことでしょう。近頃では、老人ホームやデイサービスにおいて、健康運動指導士がリハビリの運動を指導する機会も増加し、身体を動かすことの大切さが再認識されています

カイロプラクティックは自力で動かすことのできなくなった部分を、整体師が代行して動かす施術方法です。機能訓練に特化した介護予防としては、どちらも共通する部分が多く見られます。実際、各地において整体師を採用し、サービスに加えている施設が増えているのです。

一人でも多くの高齢者の寝たきりを防止し、いきいきとした生活を応援するために、あなたも整体の知識を学んでみませんか?

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?整体・カイロプラクティック>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.