ケア資格ナビ> 介護予防運動指導員ガイド

介護予防運動指導員の資格を最短5日間で取得!

  • 高齢者の身体機能を活かす予防トレーニングを指導「介護予防運動指導員」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護予防運動指導員はこんな資格!

こんな資格!

介護予防の中でも権威ある講座です

介護予防運動指導員講座は、1972年に開設され、老化研究で多数の実績を誇る東京都老人総合研究所がカリキュラムを開発しました。現在は東京都老人医療センターと統合され、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターとして「介護予防運動指導員養成事業」の指定講座を開催しています。
介護予防運動指導員は上記法人の指定を受けた事業者が開講する養成研修を受講し、修了試験に合格すると修了証及び登録証が送付されます。登録後は3年ごとの更新が必要となります。
介護関連の資格の中で、介護予防運動指導員に似た資格はありますが、他の資格よりも価値のある資格といえるでしょう。

どんな職場?

特別な介護予防プログラムを指導できる

  • 介護予防プログラムを実施・トレーニングの指導ができます。
  • 介護予防診断「おたっしゃ21健診」(※)を実施できます。
  • 介護予防プログラムとの効果測定ができます。
  • 介護予防プログラムの実施にあたり、他の専門職との連携が図れます。

※「おたっしゃ21健診」とは東京都老人総合研究所が開発した老年症候群のリスクをその場で判定することができるツールです。簡単な18項目の質問と3項目の体力測定(握力、片足立ち、歩行速度)によって、身体の衰弱、転倒、尿失禁、低栄養、軽度認知症のリスクをその場で判定することができます。

将来性は!

高齢者が増加しているので需要大

「介護予防」とは、単に「要介護状態となることを防ぐ」ことだけではなく、「生活機能の低下を防ぐことにより、健康でいきいきとした生活や人生を創ること」にあります。
「介護予防運動指導員養成講座」では、高齢者が本来持っている身体機能を十分に活かすための効果的なトレーニングや生活習慣の確立を目指し、高齢者の日常生活を支援できるプロとしての技術が身につきます。
介護保険制度の改正に伴って、要支援・要介護の一部が介護予防サービスに移行したのを受け、活躍の場はますます広がるでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護予防運動指導員の資格を取得するには

資格取得するには

介護予防運動指導員の技術を習得するには、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターが指定したスクールで実施されている講座を受講することが一般的です。養成講座の最後に修了試験があり、これに合格する事で介護予防運動指導員の資格を取得することができます。

受講内容

介護予防の概論・評価学・統計学、行動科学、リスクマネジメント、高齢者筋力向上トレーニング、転倒予防、失禁予防、高齢者の栄養改善活動、口腔機能向上、認知症予防、うつ・閉じこもりなど、16講座を31.5時間かけて学習します。
詳細は講座によって異なります。資料を取り寄せてご確認ください。

受験資格

  • 医師
  • 歯科医師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 准看護師
  • 臨床検査技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 歯科衛生士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 柔道整復師
  • 栄養士(管理栄養士を含む)
  • 介護支援専門員
  • 健康運動指導士等
  • 介護職員基礎研修修了者、訪問介護員2級以上で、実務経験2年以上の方
  • 実務者研修修了者、初任者研修修了者で、実務経験2年以上の方
  • 上記国家資格の養成校等の卒業見込みかつ資格取得見込み者(国家試験受験者)が対象になります。

受講費用

約68,000円~
スクールや団体によって異なります。介護関連資格お持ちの方を対象に受講免除や受講料減額制度を設けているスクールもあります。

受講時期

5日間~約1ヶ月
スクールや団体によって異なります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

資格取得は今がチャンス!介護予防運動指導員の受講をおすすめする3つのポイント!

ポイント1

需要拡大の期待大!介護保険制度改正でニーズが上昇中!

介護保険制度の改正に伴って、要支援・要介護という枠組みに変更され、介護サービスのみを行うのではなく、介護予防サービスという新しい形のサービスが始まりました。
日本は介護が必要な高齢者が年々増加しています。特に軽度の介護が必要な方が増加しています。「要介護状態までにはいかないものの、家事や身の回りの支度などの日常生活に支援を必要とする状態」が軽度を意味しますが、そこからちょっとしたきっかけで要介護状態になる可能性は誰にでもあります。国にとっても、高齢者にとってもそうならないように予防する指導者の育成として「介護予防運動指導員」講座に注目が集まっています。

ポイント2

予防することによって介護が変わります

高齢者になると回復力は衰え、さらには筋力も衰え、骨はもろくなるなど、体の機能が低下して動けなくなる傾向にあります。さらに心理的にも不安定になりやすいのです。こうして要介護状態になる方が多いのが現状です。
こうした状況を回避し要支援状態になることを防ぐためには、「体を動かす」ということは、とても大切なことなのです。その手助けをする役割を担うのが「介護予防運動指導員」なのです。

ポイント3

活躍の場はさまざまです

受講資格を要求される介護予防運動指導員の講座はどなたでも受講できるものではありません。専門の知識が必要な医療や介護の現場で、高齢者に接しないといけないからです。
逆にこの資格を取得しておくと介護予防に関する専門知識があるとみなされ、個人のスキルの信頼性が増します。そうすると就転職のアピールにはとても有利なので、活躍の場が広がります。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

「介護予防運動指導員」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護予防運動指導員ガイド

特集記事

新着記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.