ケア資格ナビ> 介護ソフトガイド> 介護ソフトのシェア

介護ソフトメーカーのシェアについて

  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護ソフトのシェア

介護ソフトを開発・販売するメーカーはおよそ全国で50~60社あると言われています。
一般に介護ソフトメーカーと言われても、初めてご購入をご検討される方はいまいちピンとこない方も多いと思いますが、2大メーカーのシェアを各社の平成23年3月期のIR情報で確認してみると、

1位 ワイズマン 15%(19,118事業所)
2位 NDソフトウェア 11%(13,859事業所)

となっています。

上位4社でおよそ40%ほどのシェアがあると言われていますが、どこかのメーカーが突出してシェアを伸ばしているというよりも、多くのメーカーが切磋琢磨し、より介護事業所の求めるニーズにあったソフトを販売しているといえます。
また、ソフトの種類も訪問介護のみに的を絞ったり、介護記録にフォーカスしたりと、メーカーによって様々な特色をもった商品が開発・販売されています。

以前は、もっとたくさんのメーカーがありましたが、事業撤退や営業譲渡などにより、現在のおよその社数に落ち着いています。各社、品質向上をめざして開発・販売していますので、介護事業者にとってみれば、自分の事業所にピッタリなソフトを見つけられる非常にありがたい環境とも言えます。
ソフトの導入のきっかけとして知り合いの事業者からの「口コミ」やインターネット検索など、 導入する前に様々な情報を収集し、しっかりと自身の事業所で必要とする介護ソフトはどのような機能をもつものなのかを見極めるのが大切です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護ソフトガイド

新着記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.