ケア資格ナビ> 介護ソフトガイド> クラウドとは

「クラウド型」の介護ソフトとは?

  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

クラウドとは

「クラウドサービス」は近年認知度が高まり、様々なジャンルでサービス提供されていますが、介護ソフト・システムでも「クラウド」型のサービスを提供するベンダーも増えています。

「クラウド」とは、「クラウドコンピューティング」の略称で、 インターネットを利用したサービス提供の総称です。時間・場所・空間関係なく、インターネット経由で利用できるサービスを言います。なお、名称の「クラウド」は「cloud(雲)」からきています。

例えばデジカメで撮影した写真データを今までは自分のパソコンに保存していたのを、インターネットの専用サイトにアップロードして保存できるサービスなどが挙げられます。このようなサービスはオンラインストレージサービスといい、クラウドサービス提供元のストレージ(ハードディスクなどのデータ保存装置)内に個別に保存領域を借り受け、そこに インターネットを経由してデータを保存する仕組みです。

クラウド型の介護ソフト

クラウド型の介護ソフトは、 インターネットを介してサービス提供元が提供しているシステムなどを利用できるサービスで、ユーザーデータもサービス提供元のストレージに保存されます。システムの利用者からすると、前述の「ASP型」と基本的に同様のサービスです。インターネットが使える環境であれば、いつでもどこでもソフトが利用できます。メンテナンスなども基本的にソフト提供会社が対応します。
また自分のパソコンが壊れてもデータはサービス提供元で保存されているため、データが失われることもありませんし、異なるパソコンからデータを確認・操作することもできます。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護ソフトガイド

新着記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.