ケア資格ナビ> 介護ソフトガイド

介護ソフト選びを徹底サポート!資料・体験版を無料でお届け

  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護ソフトとは

介護事業所では毎月、介護保険報酬請求業務を行っています。介護保険報酬請求の計算は大変複雑で、利用者一人一人の請求業務を手計算やExcel等で算定処理すると計算ミスにより返戻となり、再請求する必要が出てきます。
介護ソフトを導入すると、「利用者情報」「ケアの予定や実績」が登録できるため、ケアマネージャーへの報告も簡素化できます。また入力した内容が反映されるので、算定や書類作成もスムーズに行えます。
最近ではほとんどの介護福祉事業所が、業務効率とサービスの質を向上させるため、介護ソフトを利用しています。

介護ソフトの種類について

さまざまな会社が介護ソフトを提供していますが、大別すると以下の2種類になります。

パッケージタイプ

パソコン自体にソフトをインストールして利用します。

メリット

  • インターネットに繋ぐことなく利用でき、利用者情報等の守るべき個人情報が基本的に一台のパソコンで管理するため、セキュリティに優れている
  • 事業所ごとにソフト仕様をカスタマイズしやすい

デメリット

  • ソフトによっては初期投資や保守費用が高額になることがある
  • ソフト開発等により運用開始までに時間がかかることがある
  • 法改正等によるソフト更新、システムメンテナンス、パソコンのバックアップなどが必要(ソフト会社が遠隔操作で対応する場合もある)
  • 国保連への伝送はISDN回線が必要

ASPタイプ、クラウドタイプ

インターネットを利用して介護保険の請求業務を行います。

メリット

  • パソコンの故障、盗難などがあっても、データ紛失や漏えいを防ぐことができる
  • バージョンアップやバックアップはソフト会社が対応するため、管理が楽
  • 事業所以外の場所でも作業可能
  • 必要な機能だけに絞って契約すれば、初期投資額や月額を抑えることができる

デメリット

  • 機能の変更や拡張など、自社で使いやすくカスタマイズしにくい(カスタマイズできても高額になることが多い)
  • ソフトのバージョンアップにより操作方法等が変更になることがある
  • ソフト会社のネットワーク障害などによるデータ紛失、倒産等によるサービス停止の恐れがある
  • ソフト会社からデータ情報が流出する可能性も否定できない

介護ソフトを選ぶ際の注意点

「介護ソフトってたくさんあって、どれを選んでいいのかわからない…」という声をよく聞きます。たしかに数ある介護ソフトの中から一つを選ぶのは大変なことでしょう。しかし介護ソフトにはそれぞれ特徴があるため、自分の求めるものが備わっているものに厳選すれば、ある程度候補を絞ることができます。

導入予定の事業サービスは何?

介護ソフトを導入する際、まずはどの事業サービスで利用したいかが重要となります。 居宅介護支援なのか、介護老人福祉施設なのか…事業サービスが変われば、必要な機能も変わるため、介護ソフトを選ぶ際の重要なポイントとなります。

導入予算は?

介護ソフトにかかる費用は契約時の支払いで完了するものではありません。月額利用料金を設定していたり、法改正時のバージョンアップ料金やサポート料金がかかったりする介護ソフトもあります。長い目で見て、無理のない金額なのかを考える必要があります。
また最低契約期間を設けているソフト会社の場合、途中解約すると違約金が発生することもあるため、注意が必要です。

操作性は?

介護ソフトは多くのスタッフが利用するため、誰にでも理解でき、操作が簡単なものが良いでしょう。ただその判断を導入前にするのは難しいかもしれません。介護ソフトによっては無料お試し制度を設けていますので、実際に操作し、検討することもできるため、安心です。

導入後のサポートは?

介護ソフト利用時にわからないこと、困ったことなどが出てきた際、ソフト会社に相談することとなりますが、電話・メール・遠隔・訪問など、ソフト会社ごとにサポート体制も異なるため、導入前にはしっかりとしたサポート体制が整っているかも確認しましょう。
またサポートセンターは繋がりやすいか、サポートスタッフが介護保険請求の知識を持っているかなどもポイントとなります。

セキュリティ対策は?

パッケージタイプであれば個人データ等はすべて事業所管理となりますが、ASPタイプの場合はソフト会社がデータセンターを利用して管理することになります。データセンターにトラブルが起これば、管理しているデータにも影響が及ぶため、データセンターの防災対策や、停電時のバックアップ体制なども事前に確認しましょう。またインターネット上でやり取りされるデータが暗号化され、第三者の盗聴や改ざんを防止できる「SSL暗号化通信」を採用している介護ソフト会社を選ぶと良いでしょう。

介護ソフトの新規導入や買い替えで失敗しないためにも、複数の介護ソフトを比較し、十分に検討することが大切です。

「介護ソフトナビ」では、介護ソフトに関するあらゆる情報を掲載しており、複数ある介護ソフトの中から、ご希望に合うものを検索・比較できます。 条件に合う介護ソフトが見つかりましたら、電話、インターネットから一括資料請求も可能です。最適な介護ソフト探しにぜひご活用ください。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護ソフトガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.