ケア資格ナビ> 介護事務ガイド> 介護事務とはどんな仕事?

介護事務とはどんな仕事?

  • 介護施設などで受付や介護報酬請求を行うお仕事「介護事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

数ある介護職でも『事務』のエキスパート

介護事務というのは文字通り、介護専門の事務を行う介護職の一種です。
介護職では、要介護者の身辺や生活のサポートを行うヘルパーや介護福祉士などがよく知られていますが、介護事務は介護サービスの介護保険手数を計算し、国民保険連合会(国保連)や利用料を利用者に請求したりする、いわば介護の現場の経理的な業務が大きな役割となっています

介護報酬請求業務

2000年の介護保険制度導入により、要介護者に提供される介護サービスにかかる費用のうち、 9割は国や地方自治体が負担し、残りの1割は利用者が負担するというシステムになっています。
介護事務は、主にこの介護保険制度に基づき 国や地方自治体が負担する9割の費用を請求するための介護報酬請求業務を担うのが、主な役割となります。
また利用者への費用請求、領収書作成も行います。

勤怠管理や受付業務

介護関連施設や事業所などでの事務全般を請け負うため、施設で働く介護職員の勤怠管理や連絡調整、入所者の受け付けや電話応対、関連施設や事業との連携、介護サービスに必要な備品の発注や管理といった、幅広い業務を任されています。

介護の現場を陰で支える介護事務

このように介護事務の仕事は、 介護関連施設や事業所にとってなくてはならない業務であり、介護の現場を陰で支える重要な役割を担っています。
介護事務は直接要介護者を介護するわけではありませんが、施設の利用者やそこで働くスタッフにとっては欠かせない存在であり、やりがいも大きい職業だと言えます。
また、特に訪問介護事業所などでは、急なヘルパーの欠員などに対応するため、介護職員初任者の資格を有している介護事務スタッフが訪問介護員として介護サービスを実施することが求められる場合があります。
このようなケースを想定し、さらに介護現場を知るという意味でも、 介護職員初任者をあわせて取得する人が多くなっています

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護事務>>

「介護事務」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事務ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.