ケア資格ナビ> 介護事務ガイド

介護事務の厳選資格講座の受講は最短3日間から!

  • 介護施設などで受付や介護報酬請求を行うお仕事「介護事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護事務はこんな資格!

こんな資格!

正確な介護報酬請求業務で事業所の運営をサポート

介護事務は主に介護保険制度に基づいて介護サービス利用者の本人負担額を計算し、国や地方自治体に介護給付費を請求します。また、利用者の応対・関係機関や他のサービス事業所との連絡調整・介護職員の勤怠管理・備品の発注など、事務全般を担います。

介護事務の仕事をするのに特別な資格は必要ありませんが、介護保険制度や介護給付費の請求について専門的な知識を必要としますので、事前に学んでおくと就職に大変有利です。また、国民健康保険団体連合会(国保連)への介護給付費請求はデータ形式での提出が義務付けられているため、パソコンスキルも必要となります。

介護事務には民間団体が認定している資格がいくつかあり、独学で勉強して受験することもできますが、各スクールでは取得する資格に合わせて、講座のカリキュラムを組んでいます。そのため独学よりスクールの講座で学ぶ方が効率的と言えます

どんな職場?

事務所内のオフィスワークが主な仕事

介護事務の仕事は介護保険サービスを提供する居宅介護サービス事業者・地域密着型サービス事業者・介護保険施設や各種医療機関などで求められます。また、介護保険業務に対応した介護システムや介護ソフトを作成する会社、保険請求審査機関などで資格が有利になることもあります。

介護事務はパソコンを使った事務所での勤務になるため、肉体的な労働は少なく、夜勤もありません。介護の仕事に興味はあるものの、体力に自信がないという人や日中しか働けないという人でも活躍できる仕事です。

将来性は!

介護保険制度の知識は今後必要不可欠

これからますます進む高齢化社会において、介護事業所での要介護・要支援者へのサービスをより円滑に行うためには、介護保険制度に精通し、正しく介護報酬を請求できる介護事務の存在が必要不可欠です。

介護報酬は介護サービスを提供する事業所の主な収入源です。そのため、正確な介護給付費の算出や明細書の作成が行える事務作業専門のスタッフが強く求められています。

介護サービス事業者の増加と共に需要は確実に増えていきます。介護保険制度は全国共通なので、介護事務の知識を身に付ければどこでも働くことができます
また、認定資格などを取得しておくと採用に有利になります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護事務の資格を取得するには?

資格取得するには

介護事務は国家資格ではありません。民間団体が認定している民間資格になります。
指定の講座を受講し所定の過程を修了すると修了証明証や認定資格がもらえるものと、講座を受講修了することで受験資格を得、試験に合格することで取得できるもの と、 受験資格を問わない試験に合格することで取得できるもの があります。

講座を利用する

介護事務の資格取得を目標にはしたものの、どのように勉強したらよいか迷うものです。
テキストを購入して独学で試験対策を行う人もいますが、介護事務専用の講座を利用して学ぶと効率的です。介護報酬請求は専門性の高い業務であり専門用語なども多いため、特に介護職未経験の人が独学で学ぶとなると、理解に時間がかかる可能性があります。

講座の種類

介護事務の講座はいくつかのスクールで開講されています。学習する内容は基本的に同じですが、それぞれ特化した分野を重点的に学ぶコースもあるので、自分が身に付けたい知識は何なのか、各スクールの講座資料を取り寄せて確認してみることをお奨めします
受講スタイルとしては、自宅で手軽に始められる通信講座と、学校に通う通学講座があります。

受講期間

最短3日間で修了できる短期講座から、2~4カ月の標準学習期間を過ぎても1年間はしっかり学習をサポートしてくれる講座まで幅広く存在します。ケア資格ナビで紹介しているほとんどの講座は通信約4カ月、通学では2カ月あれば受講修了となります。
介護事務講座は「短期間で習得できる」「じっくり学べる」など自分の希望に合った講座を選ぶことができるので、各スクールの講座資料で内容を確認しましょう。

受講内容

どの介護事務講座でも必ず学ぶのは、介護保険制度の概要、介護報酬の基礎知識と請求事務です。介護事務の業務に必要な知識なので欠かせません。
また、国保連への介護報酬請求業務に必要なパソコン学習が含まれる講座もあります。

受講費用

受講費用は通信講座が3万円台、通学講座は4万円台から6万円台が多いです。講座の内容や受講日数で異なります。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事務ガイド

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.