ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 介護福祉士に向いているのはこんな人!

介護福祉士に向いているのはこんな人!

Person
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

高齢者を支える、介護業界唯一の国家資格保持者!

介護福祉士とは、専門的な知識と技術を持った介護の現場のスペシャリストです。認知症や寝たきりの高齢者に対し、自立を助けるために日常生活におけるさまざまな介助を行います。

介護職においては唯一の国家資格であるため、就職や給料アップの効果を期待して、この資格を目標に見据えている人も多いと思います。しかし、介護の仕事を実際に経験したことのない人は、介護福祉士が一体どのような仕事なのかわからず、戸惑いを覚えているかもしれませんね。

そこで今回は、介護福祉士の仕事内容について詳しく探るとともに、果たしてどのような人物がこの仕事に向いているのか、考えてみることにしましょう。

介護福祉士の仕事とは

介護の現場で働く人の中で、「介護士」と呼ばれているのは介護福祉士のみです。主に利用者の入浴や排泄の補助、メンタルケアなど専門的な仕事に携わっています。それ以外の介護職員は資格を保有していないため、食事の準備や掃除など比較的簡単な仕事を行っています。

就業場所は特別養護老人ホームから、身障者施設、児童福祉施設などさまざまです。それぞれの場所で要介護者のサポートを行っており、主な仕事内容は以下の5項目に分類することができます。

身体介護

介護福祉士の中心を占めるこの仕事。具体的には利用者の着替え・食事・入浴・排泄・清潔保持(清拭、洗顔や歯磨き)の補助を行います。特に相手の手足が不自由な場合は、ベッドから車いすへの移乗や、歩行補助なども仕事内容に加わってきます。日常生活で必要な身体動作は、一人ひとり異なります。だからこそ介護福祉士は、利用者がどんなことを望んでいるのかを考えながら、介護を行うことが大切なのです。

生活援助(家事援助)

調理や配膳、洗濯や部屋の掃除、身の回りの整理整頓や買い物など、日常生活において必要な作業をサポートするのも、介護福祉士の仕事です。在宅介護、訪問介護の場合はこの仕事が大きな割合を占めています。特に調理法などは利用者の家によってやり方が異なってきますので、利用者がその人らしい生活を送るにはどうすれば良いか、ニーズをよく理解し適切な配慮を行う力が求められます。

介護指導や応相談・アドバイス

介護についての指導や助言をすることで、要介護者の自立を促したり、家族の介護負担を軽減することも、介護福祉士にとって重要な仕事のひとつ。効率的な生活動作のアドバイスをするためには、介護に関わる専門的な知識が必要です。場合によっては介護食の調理法や、福祉用具の使用手段など、自宅で介護をする上での注意点も併せて勧告します。

メンタルケアと社会活動支援

利用者とコミュニケーションを図り、精神的なサポートを行うのも介護福祉士の役目。排泄・入浴などの行動を観察・介助されるとなると、利用者にとっての介護福祉士は家族と同程度の信頼関係が必要になります。そのためにレクリエーションを通じて会話を試みるなど、利用者の心に安らぎを与える仕事も求められるようになります。
また、介護を受ける対象者は、ともすると孤立してしまいがちです。それゆえに、家族や近隣の人たちと円滑な対人関係が築けるよう、社会活動の情報提供を行うなど、利用者の生きがいづくりを支援する必要があります。

介護記録の作成とチームマネジメント

介護サービスの実施内容や、利用者の介護レベルの進行状況について、客観的な立場から詳細な記録をつけていく必要があります。また、職場のチームリーダーとして、チームメンバーのタスク管理、新人職員の教育や指導、チームの士気向上などといった、チームマネージメントも行う必要があります。その他、サービス利用希望者の面接や、求職者の採用面接、関係機関との連絡など、業務の幅は多岐に渡ります。

介護福祉士はこんな人が向いています!

介護福祉士の資格を持っている人は、おおむね「高齢者の役に立ちたい」「人の為になる仕事がしたい」「高齢者が好き」など、福祉に対する情熱を持って仕事に向き合っている人が多い傾向にあります。加えて、介護の仕事内容について理解があり、相手を尊重する気持ちを持てることも大切です。ここではそれ以外に介護福祉士として働くうえで、重要になってくるポイントについて詳しく見てみましょう。

人と接することが好きで、気持ちをコントロールできる人

介護福祉士の仕事は特に人と接する機会の多い仕事なので、人の情報に敏感で、うわさやおしゃべりが好きな人に向いていると言われます。しかし、利用者の個性も人それぞれですので、時には思い通りに会話が弾まないこともあるでしょう。そんな時に上手くストレスを発散できる人や、自分の気持ちをコントロールできる人はより介護福祉士に向いていると言えそうです。

思いやりや忍耐力がある人

介護の仕事は、人の話にじっくりと耳を傾ける「忍耐力」や、どのような要望があるのか、感受性を働かせて考える「思いやり」が大切です。身体が思うように動かないことで、精神的に不安定な気持ちを抱えやすい高齢者。そんな方々を優しく受け入れ、注意深く話を聞いて応対できる力、それが介護の世界におけるコミュニケーションの基本ともいえます。お互いの意思疎通が難しい場面でも、相手の立場に立って物事を考え、落ち着いた気配りができる姿勢が求められています。

基礎体力がしっかりとついている人

入浴やベッド上での体位変換など、1日に何人もの人を運ぶ必要がある以上、腰痛や膝痛に悩まされることもあります。そのため、精神的にも肉体的にもタフであること、しっかりとした基礎体力があることなどが要求されます。
とはいえ、多くの女性が介護福祉士として活躍していますので、一般的な体力があれば一通りこなせるであろうことが予測できます。加齢による体力低下は避けられませんが、経験を積むことで力の入れ方などのコツをつかみ、負担をカバーすることで軽減されるでしょう。

フットワークが軽く、冷静な判断ができる人

介護の現場には危険がつきものです。さまざまな事態を事前に予測し、容体の急変を素早く察知して適切な行動を取る力が求められています。こうしたフットワークの軽さは、介護者間で連携を取ったり、被介護者の信用を得る上でも大切なことです。また、利用者と接するときは、暖かい雰囲気で会話することも大切ですが、時には冷静に物事を判断し、要介護者のためを思って自立を促す決断も必要になります。


いかがでしたか?
奉仕の気持ちや優しさだけではできないのが、介護の難しさであり奥深さでもあります。利用者とのコミュニケーションを通じて身につく観察眼や向上心、人の気持ちを慮る能力は、その人の人間性を豊かにし、かけがえのない財産となるはずです。
時代に求められている介護職。少しでも“なりたい自分”に近づけると感じた人は、介護福祉士資格を取得して、一人でも多くの人に“根拠のあるケア”を届けてみてください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.