ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 計画中の「認定介護福祉士」はどんな制度?

計画中の「認定介護福祉士」はどんな制度?

Nintei Kaigohukushishi
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

介護人材をより専門的に

現在、介護職における一般的なキャリアパスは「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」で止まっています。介護福祉士は取得過程によって個人の差はあれど、介護現場において中心的役割を担うことが多く、今後も欠かせない介護人材と言えます。

しかし、年々高まる社会的援助の需要に対し、厚生労働省はより専門的で高度な技術をもつ介護人材が必要不可欠だと方針を打ち出しました。

そのため、介護福祉士よりさらに専門性を追及した資格として「認定介護福祉士」の検討が進んでいます。現在も資格設立にあたり、認定の条件や基準、新たに導入される研修について細かい協議が続いています。

「認定介護福祉士」とは?

では実際に、認定介護福祉士とはどのような資格なのでしょうか。
厚生労働省が定義する認定介護福祉士の役割は、大きく分けて以下の3つがあげられます。

◇ 施設・事業所の介護サービスマネージャー ◇
介護職チーム(ユニットなど、5~10名の介護職によるサービス提供チーム)に対する教育指導、介護サービスマネジメントを行い、介護職チームのサービスの質を向上させる役割

◇ 介護サービス提供における連携の中核となる者 ◇
地域包括ケアを推進するため、介護サービス提供において他職種(医師、看護師、リハビリ職など)との連携・協働を図る役割

◇ 地域における介護力向上のための助言・支援をする者 ◇
地域における、施設・事業所、ボランティア、家族介護者、介護福祉士などの介護力を引き出し、地域の介護力の向上を図る役割


国はますます広がる介護利用者のニーズや介護技術の高度化に対応する、質の高い介護力、介護職員の指導や教育、医療職など各種外部機関との連携強化など、幅広い役割を担う意味での介護福祉士を求めています。

介護福祉士は変化・多様化する介護福祉の実状から、生涯学び続けることが必要です。認定介護福祉士とは資格という枠組みではありますが、介護福祉士取得者に対して継続的な教育機会を提供し、資質を高め、社会的な要請に応えていくことを目的につくられた、介護福祉士のキャリアアップのための仕組みとも言えます。

資格取得方法は?

認定介護福祉士となるためには、特別な試験は必要ありません。介護福祉士を取得後、実務経験を重ねる中、以下の2つの研修を修了することで認定されます。

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類 ◆280時間程度を想定
◆介護職チームを指導するために十分な介護実践力の確立を図ることを目的とする
◆チーム運営、医療、リハビリテーション、心理・社会的ケアの知識を獲得・統合し、チームにおける介護過程の展開を指導できる力を養成
◆できるだけ多くの介護福祉士が受講することを期待
認定介護福祉士養成研修Ⅱ類 ◆170時間程度を想定
◆認定介護福祉士の実践力の確立を図ることを目的とする
◆介護職チームにおけるサービスマネジメント等の知識を学び、チームの介護実践の改善力・指導力を養成
◆主任や小規模事業所の管理者等として教育指導の役割に就く者が受講することを想定

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類は介護福祉士を取得していれば誰でも受講可能ですが、認定介護福祉士養成研修Ⅱ類は認定介護福祉士養成研修Ⅰ類修了後を受講条件としています。研修内容もそれぞれ基礎的な事柄から、より専門的で応用性の高い事柄へと違いが見受けられます。

介護の現場でも管理職に携わる役目を期待するだけに、内容には座学だけでなく演習やケースレポート作成、実体験に基づく事例検討など多岐に渡るようです。

より介護の現場を効率よくするために

認定介護福祉士は、利用者のQOL(Quality Of Life、人生・生活の質)の向上を目指した生活支援・自立支援を実践するとともに、介護職チームが各種外部機関と連携を図ることで介護現場の作業効率向上に努めます。また、介護福祉の最前線における知識・経験を現場の仲間や地域に伝え、浸透させることで包括ケアを推進します。

現在、介護の現場では増え続ける介護を必要とする人の数に対し、圧倒的に介護に従事する人が足りていません。また、本来は専門機関に任せるべきことも、なかなか連携が難しいことから介護の現場から切り離せないでいます。ひとりひとりの介護従事者にかかる負担や責任の大きさから、長く働けないという現場の声も大きくなっています。

認定介護福祉士を配置することによって、今も介護の現場に根付く問題の解消、ひいては介護の現場全体が利用者だけでなく、介護従事者や事業者にとっても効率がよくなると期待されています。


参考:一般社団法人認定介護福祉士認証・認定機構

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.