ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 介護福祉士の講座情報

介護福祉士の講座情報 | 受講期間や受講スタイルは?

  • 介護職唯一の国家資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

介護福祉士の受験対策

実務経験ルートの人が介護福祉士の国家試験を受験するには、3年以上の実務経験と実務者研修の修了が必要です。ですので、実務経験を積むため介護の仕事をしながら受験勉強をする人が多くいます。そのため、介護福祉士の受験対策は限られた時間の中でポイントを絞っていかに効率よく行うかが重要だと言えます。
効率よく学ぶために、スクールの講座があります。受講期間は講座によりさまざまで、通信講座でも標準受講期間が1カ月のものから、7カ月といった講座もあります。また通学講座の直前受験対策などでは、受講期間が数日間といったものもあるので、自分に合った講座を選び合格を目指しましょう。

通信講座と通学講座があります

介護福祉士の受験対策講座には、通信講座と通学講座があります。

通信講座

家の近くや職場の近くにスクールがない場合や、自分のペースで学びたい人は、通信講座が良いでしょう。
講義テキストや、講義DVDなどにより学習を進めていくことになります。 また数回分の模擬試験問題も含まれている講座もあるので、模擬試験を利用して自分の得意不得意分野を知り、 不得意箇所は、徹底的にテキストを読み込み確実に点を取れるようにしておきたいものです。

通学講座

自分ひとりでは計画通りに勉強できる自信がないという人や、 不明点はその場で解決したいという人には通学講座が良いでしょう。
通学講座といっても、基礎からじっくり学びたい人向けのものや、数日間だけの短期集中型の講座など、スクールにより講座の特徴はさまざまです。 いずれにおいても、傾向と対策や合格のためのコツなどを専任講師から直接聞ける講義で、しっかりと知識を吸収することができます。

講座の学習内容について

じっくり学んでいくタイプの長期講座では、「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「総合問題」の筆記試験と、実技試験のそれぞれの対策を丁寧に行っていくことになります。
一方、短期講座では筆記試験と実技試験をそれぞれ別の講座に分け、集中的にポイントを押さえて確認していくコースが多いようです。スクールによっては、筆記試験の各科目の対策講座から必要なものだけを選んで受講できる場合もあります。
介護福祉士の筆記試験は125問出題され、総試験時間数は220分です。問題量も多いため、時間配分を気にするといった受験テクニックも是非身につけておきたいものです。そのためにもスクールの模擬試験などを大いに活用するとよいでしょう。本番でも必要以上に緊張しないように試験に慣れておくことも大事です。

最短で介護福祉士試験に合格するために

各講座とも、過去の出題傾向から研究して作られたテキストなどを利用して、あなたの学習をバックアップしてくれます。 合格保証制度があるスクールもあり、確実な合格のためにはスクールの講座を利用するのが近道と言えるかもしれません。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.