ケア資格ナビ> 介護福祉士ガイド> 介護福祉士に最短でなりたい人必見!

介護福祉士に最短でなりたい人必見!

  • 介護職唯一の国家資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。

介護福祉士に最短でなりたい人必見!

介護業界唯一の国家資格である「介護福祉士」。ここではその仕事内容や就職先、介護福祉士資格取得のための方法など、介護福祉士になりたい人、必見の情報をまとめてみました。

まずは介護福祉士の仕事を知ろう! ~介護福祉士の1日の流れ~

身体介護や生活援助、そして利用者や家族の相談に乗ったり、助言したりするなど、幅広い業務を担う介護福祉士。ここでは介護ヘルパーさん達のまとめ役「サービス提供責任者」として働く介護福祉士・Aさんの1日に密着してみました。

9:00

出社

ヘルパーさん達のシフトを確認し、予定の不備や変更が無いかをチェックします。その後ケアマネージャーへの提出書類のまとめや、ケアプランの内容確認を行います。

10:00

自宅を訪問

新規の訪問介護サービス利用者の自宅を訪問。ケアマネージャーから依頼を受けたケアプランにそって、提供する訪問介護サービスについてを具体的に利用者さん、ご家族と打ち合わせを行います。

12:30

帰社・昼休み

ヘルパーさん達とのコミュニケーションもサービス提供責任者の大切な仕事です。

13:30

介護計画の作成・シフト調整

新規の訪問介護利用者の介護計画を作成します。合わせて担当するヘルパーさんの選定をし、シフト調整を行います。

15:00

採用面接

新しくヘルパーとして求人に応募した人の採用面接を行います。

16:30

サービス担当者会議に出席

介護サービスの提供状況を情報交換し、今後のサービス改善を考えます。

17:30

1日の仕事のまとめ

ヘルパーさん達とミーティングをし、情報を共有します。

18:00

ケアマネージャーへ報告

ケアプラン変更の確認などを行います。

18:20

退勤

サービス提供責任者として働くAさんは、ヘルパーさん達の悩みを聞いたり、利用者さんとヘルパーさんの間に起こったトラブルを解決することも。Aさんは「コミュニケーション能力が大切ですね」と話しています。介護福祉士はサービス利用者、介護ヘルパー、そしてケアマネージャーと介護に関わるさまざまな人々の「架け橋」的な存在ともいえますね

介護福祉士の職場 ~希望条件別のおすすめは?~

さまざまな介護の現場で必要とされている介護福祉士は、希望する条件や働き方で職場を選びやすいと言えます。

パート・アルバイトで働きたい

働ける時間が限られる人の場合、訪問介護事業所がおすすめ。短時間での働き方に対応した事業所も多く、自分のスケジュールに合った働き方ができます。「扶養控除の範囲内で働きたい」など、収入の調整を行う人も多いようです。時間給の平均は身体介護で1,300円~1,400円前後。生活介護の場合、900円~1,100円前後となります。

正社員として働きたい

安定した給与形態を望む場合、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護施設がおすすめです。基本給は17万~22万円前後とけっして高くはありませんが、夜勤手当・休日手当などが出るため、収入を上げていくことができます。また施設によっては介護福祉士の「資格」に対する手当が3,000~10,000円程度、支給されます。

キャリアアップをするなら

特別養護老人ホームなどの施設の場合、スタッフ数の多い大きめの施設で働くことで、責任ある役職へステップアップできる可能性が高まります。またケアマネージャーへのキャリアアップ、訪問介護事業での独立開業を目指す人の中には、ケアマネージャーや施設管理者と身近に接し、そのノウハウを学ぶことができる小規模の施設や訪問介護事業所でのサービス提供責任者を選ぶ人も多いようです。

介護福祉士を目指すメリットを考える

介護福祉士は、現在の介護業界における唯一の国家資格。一度資格を取得すれば、一生、その資格を有することができます。高い専門知識を有した国家資格保持者である分、正社員としての求人率も多く、給与面でも有利です。またサービス提供責任者など、施設や事業所の責任ある役割を果たすこともできます。責任者・管理職などの経験を積むことで、「転職をしたい」という時にも有利となるでしょう。

キャリアアップを目指す場合にも「介護福祉士」の資格は役立ちます。例えばケアマネージャー試験では、2015年2月の法律改正以降、受験資格としては「法定資格保有者(介護系では「介護福祉士」」)取得が必須とされることになりました。(2015年度から2017年度の試験に限り経過措置あり)

さらに介護保険制度の優遇措置により、介護福祉士を配置した施設・事業所には行政から援助措置が取られるようになりました。これを受けて、介護福祉士に対しては「資格手当」を支給する施設も増加しています。今後、介護福祉士への優遇措置はより強化されることが見込まれており、介護業界で働く上では「取得しておきたい資格」となっているのです。

介護福祉士に最短でなるにはどうする?

介護福祉士になるための国家試験は年に1回、筆記試験が毎年1月、実技試験が毎年3月に実施されています。なお 2016年度より受験資格が改定され、従来までの「実務経験3年」に加え、「実務者研修(450時間)の修了」が必要になりました。介護福祉士の受験対策としては、民間スクールの受験対策講座(通学、通信講座)がおすすめです。ポイントを抑え、効率的に受験勉強をすることができます。

通信講座

通信講座の場合、平均的な受講期間は4ヶ月~6ヶ月程度。ただし通信講座では自分のペースで勉強を進められるので、ペースアップをすればより短期間での受験対策も可能です。

通学講座

通学タイプの介護福祉士受験対策講座としては、基礎からしっかりと学ぶ10日~14日間程度の通学期間の講座や、通学の時間があまり取れない人のための4~5日間の直前対策講座などが用意されています。自分の学習スタイルに合わせて講座を選びましょう。またスクールによっては、筆記試験の練習ができる「模擬試験」を用意しているところも。模試を受けておくことで、自分の実力を確かめ、本番で余裕を持って取り組むことができますよ。

実技試験対策はどうする?

筆記試験を通過した人の中には、3月下旬の実技試験を受験しなければならない人もいます。 福祉系高校ルートの旧カリキュラム2008年以前の入学者と経済連携協定(EPA)ルートで、介護技術講習または実務者研修を修了していない人は実技試験を受験しなければなりません。

実技試験は試験官の前で行うため、緊張してしまう人が多いと思います。民間スクールの対策講座なら、本番さながらの練習ができ、講師からポイントや改善点などのアドバイスも受けられるので、独学だけでは不安という人は安心です

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?介護福祉士>>

「介護福祉士」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.