ケア資格ナビ|全国の介護福祉医療系スクール講座の無料資料資料請求

資料請求はフリーダイヤル0120-421-294

【介護福祉士】介護業界の最高峰資格

最安講座
受講期間

※このサイトで紹介している講座の最安・期間の例です。

まずは全国の介護福祉士
講座料金を一覧で比較

無料で資料請求

介護福祉士こんな資格!

3つのポイントで分かりやすく解説!!

1スペシャリストとして認められる国家資格
スペシャリストとして認められる国家資格 介護福祉士は福祉の三大国家資格(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士)
のひとつで、介護業界唯一の国家資格です
主な仕事は初任者研修修了者や実務者研修修了者が行う業務と同様で、
一人では日常生活を送ることが困難な高齢者や障がい者に、身体介護や生活援助を行います。さらに介護福祉士には国の方針として、利用者の状態に応じた介護や他職種との連携を図るための、幅広い知識や技術の修得が求められています。
介護福祉士は現場で働く介護職の中で、より専門的な能力を有する者として位置付けられています
2合格率は上昇傾向
介護福祉士国家試験の合格率は第1回目こそ23.2%と難易度が高い試験となりましたが、近年は60%前後の合格率を保っていました。「実務経験ルート」に実務者研修が必須となった第29回は70%を超え、高い合格率となりました。
区分 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回
受験者数(人) 137,961 136,375 154,390 153,808 152,573 76,323
合格者数(人) 88,190 87,797 99,689 93,760 88,300 55,031
合格率(%) 63.9 64.4 64.6 61.0 57.9 72.1
3介護職員の中心的な役割を担う
介護職員のキャリアアップ 近い将来2025年には212〜255万人の介護職員が必要と推計されています。
そのような中、介護業界では介護職員初任者研修→介護福祉士→
認定介護福祉士というキャリアパスを基本
とし、
介護職員のキャリアアップと定着を図っています。
介護福祉士として働きながら、さらに専門性の高い認定介護福祉士の
資格取得を視野に入れながら働くことができます。
国としても介護職員の処遇を改善させることで、さらなる人材確保に
動きを見せています。介護福祉士は今後も注目の資格です!

矢印画像

いますぐ簡単!無料資料請求

\0 Free

講座料金一覧で比較し、資料請求!!

3ステップ説明画像

介護福祉士の資格を取得するメリット

ポイント1

現場のリーダーとして活躍できる

介護福祉士は、専門的な知識と技術を身につけていると証明された国家資格なので、介護職員を取りまとめる現場のリーダーとして活躍することができます。それは給与にも反映され、資格手当がつく事業所もあります。
介護サービス全体の質を向上させる狙いから、政府は介護福祉士を介護職員の中心的位置づけとして構成することを目標としています。

ポイント2

就・転職に有利

介護福祉士は介護の現場でなくてはならない存在です。訪問介護サービスで配置されなくてはならないサービス提供責任者にもなれるので、就・転職先に困ることはないでしょう。現場においてのスペシャリストであることも証明されているので、即戦力として働けます。介護業界唯一の国家資格でもあり、一度資格を取得すれば介護福祉士としてずっと働き続けることができます。

サービス提供責任者とは
ケアマネージャーやヘルパーとの連絡・調整などを行い、事業所内のバランスを保つ業務全般に携わる役職です。主に、ケアマネージャーの作成したケアプランに従い、より具体的な訪問介護計画書の作成の他、契約業務・ヘルパーのシフト作成・調整・指導といった業務も行います。必要なヘルパーが足りないときは、利用者の自宅へ出向き、実際に身体介護・生活援助の業務を行うこともあります。

ポイント3

キャリアアップに役立つ

介護福祉士の資格は介護業界でキャリアアップするのに欠かせない資格です。
資格取得後は、 認定介護福祉士を目指し、専門性を高めてスキルアップすることができます
さらに、介護福祉士はケアマネージャーの試験を受験するために必要な国家資格(法定資格)なので、 介護福祉士の資格を取得後、資格に基づく業務の従事期間が5年以上かつ従事日数900日以上で、ケアマネージャーの受験資格となります

介護福祉士とケアマネージャーの違い
どちらも介護業界の上位資格として位置づけられていますが、業務内容は異なります。介護福祉士の業務は、現場で実際の介護業務(身体介助・生活援助)を行うのに対し、ケアマネージャーは利用者宅に訪問して相談業務を行ったり、事務所内でのデスクワークがおもな仕事になります。

矢印画像

いますぐ簡単!無料資料請求

\0 Free

講座料金一覧で比較し、資料請求!!

3ステップ説明画像

介護福祉士の資格を習得する為には?

資格取得するには
スクールでの講座受講に必要な資格はありませんが、介護福祉士の国家試験を受験する資格を得るには福祉系の高校を卒業するか、 3年以上の実務経験(1095日以上の従業期間と540日以上の従事日数)に加えて、実務者研修を修了することが必要です。受験資格を取得後筆記試験に挑むことができます。
介護福祉士の筆記試験は125問出題され、総試験時間数は220分です。 試験科目は広範囲にわたります。全ての科目で得点することが求められており、合格点を満たしていても、得点できなかった科目がひとつでもあった場合は不合格となってしまいますので、トータル的な知識を身につけることが重要です。
費用
受講料は約1万円〜13万円でと幅広いですが、 これは、直前講習などの短期のものや時間をかけてしっかりと学習する講座など、各スクールによって学習のスタイルや内容、受講期間などが大きく異なるためです。 受講スタイル
期間
数日間の試験直前対策講座から、半年ほどかけてじっくり国家試験対策を行う講座まで幅広く開講されています。
ただし、福祉系の高校などを卒業していない場合、介護福祉士の国家試験を受験するには3年以上の実務経験が求められているため、仕事と勉強を並行させなければなりません。 そのようなときに心強いのは、自宅や勤務地に近いスクールに通うことです。通学制のスクールに通いたい人は夜間講座を、通学する時間を確保することが難しい人は 通信制の講座を申し込むと良いでしょう。
受講スタイル
「介護福祉士受験対策講座」には「通学」と「通信」があります。
通学講座では、丁寧な解説により重要なポイントをしっかり押さえることができるでしょう。基礎からじっくり学ぶことができ、演習問題を繰り返し行うことで確実に合格を目指します。
一方、通信講座は短期集中型のプログラムとなっており、効率よく受験勉強を進めることができます。講義DVDも用意されている講座では、何度も繰り返して見直すこともできます。
さらに自信をつけるために、「介護福祉士受験対策講座」だけでなく、「介護福祉士直前対策講座」を利用して自分のウィークポイントを補うという学習方法も、受験対策のひとつです。

資格習得にはスクール選びが肝心!
自分のライフスタイルにぴったりの学校を見つけましょう。

矢印画像

いますぐ簡単!無料資料請求

\0 Free

講座料金一覧で比較し、資料請求!!

3ステップ説明画像

一括資料請求 -

ケア資格ナビ > 一括資料請求

講座一覧

受講希望地域

※各スクールの費用は税別です。ただし専修学校などのように非課税の場合があります。詳細は資料にてご確認ください。



講座がみつかりませんでした。
ビューティー資格ナビ 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.

掲載スクール一覧ケアマネージャーの講座を開講しているスクールをご紹介します。

矢印画像

いますぐ簡単!無料資料請求

\0 Free

講座料金一覧で比較し、資料請求!!

3ステップ説明画像