ケア資格ナビ> 実務者研修ガイド> 実務者研修が新たにできた理由

実務者研修が新たにできた理由

  • 介護福祉士を受験するための必須資格
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

実務者研修が新たにできた理由

実務者研修という資格が新たに2013年に誕生しました。実務者研修の資格を得るメリット、実務者研修を修了するにはどうすればよいかについてご紹介します。

実務者研修への経緯

実務者研修が新設された経緯をご説明します。

実務者研修は、2013年度にホームヘルパー1級と介護職員基礎研修を一本化する形で新設されました。それまでは介護の現場においては、ホームヘルパー、介護職員基礎研修、介護福祉士の3つの資格が混在していました。このため、介護福祉士へのキャリアアップを目指そうとしても養成体系が複雑であり、進むべきルートが分かりづらくなっていました
高齢化が進むとともに世帯構造も変化し、質の高い介護サービスを安定的に確保していくためには、介護人材を安定的に確保し資質を向上させることが欠かせなくなりました。介護現場を魅力的な職場にしていくことと、介護の成果で働き続けることができる展望を持てるようなキャリアパスを整備することが重要な課題と考えられ、実務者研修が新設されました

実務者研修の資格を得るメリット

実務者研修を修了するメリットについて紹介します。

メリット 1

介護福祉士国家試験の受験資格

第一のメリットは、あらかじめ実務者研修を修了しておくと、介護福祉士国家試験を受ける時にスムーズに受験できることです。介護福祉士の受験資格には、実務経験3年と合わせて、実務者研修の修了も含まれています。そのため、たとえ介護の実務経験が3年あっても、実務者研修を修了していないと国家試験が受けられません。

メリット 2

サービス提供責任者になることができる

第二のメリットは、サービス提供責任者になることができるということです。このサービス提供責任者は、訪問介護事業所には必ず一人配置しなければなりません。つまり、実務者研修を修了すると、訪問介護事業所のマネージメントやリーダー的なポストに就くことができるのです。これも大きなメリットです。しかも、サービス提供責任者を雇っている介護事業所は、介護保険の減算を免れることができます。介護業者はサービス提供責任者になれる実務者研修修了者を多く雇いたいと考えています。就職に有利になる点でメリットがあります。

メリット 3

たん吸引や経管栄養もできるようになる

第三のメリットは、たん吸引や経管栄養もできるようになるということです。これらの行為は、医療行為にあたるので、これまでは医師や看護師しか行うことができませんでした。実務者研修を修了すると、介護の現場で大変必要とされます。

実務者研修を修了するには

実務者研修を修了するにはどうすればよいかを説明します。

実務者研修を修了するには、以下のようなカリキュラムを6ヵ月、合計450時間受講する必要があります。なお、この実務者研修を受講するための要件は特にありません。つまり、介護の仕事が未経験でも、ヘルパー2級や初任者研修といった介護の資格がなくても受講することができます。

  • 人間の尊厳と自立…5時間
  • 社会の理解I…5時間
  • 社会の理解II…30時間
  • 介護の基本I…10時間
  • 介護の基本II…20時間
  • コミュニケーション技術…20時間
  • 生活支援技術I…20時間
  • 生活支援技術II…30時間
  • 介護過程I…20時間
  • 介護過程II…25時間
  • 介護過程III(スクーリング)…45時間
  • 発達と老化の理解I…10時間
  • 発達と老化の理解II…20時間
  • 認知症の理解I…10時間
  • 認知症の理解II…20時間
  • 障害の理解I…10時間
  • 障害の理解II…20時間
  • こころとからだのしくみI…20時間
  • こころとからだのしくみII…60時間
  • 医療ケア…50時間

実務者研修のうち通学が必要なのは、わずか45時間でして、残りの研修は通信で受講することができます。自分のペースで受講することができます。また、実務者研修には卒業試験がないので、その分修了しやすいとも言うことができます。

なお、ヘルパー2級取得者は上記カリキュラムのうち「人間の尊厳と自立」 「社会の理解 I」「介護の基本 I」「介護の基本 II」「 生活支援技術I」「生活支援技術 II」「介護課程I」「こころとからだⅠ」を受講する必要はありません。また、ヘルパー1級取得者は、「介護課程III」と「医療的ケア」だけを受講する必要があります。さらに、介護職員基礎研修を既に修了されている人は「医療的ケア」だけを受講する必要があります。つまり、これらの資格のうちいずれかを持っていれば、短い受講時間で実務者研修を修了することができます

実務者研修のための費用は30,000円~200,000円くらいです。対して初任者研修の費用が50,000円~120,000円くらいとなっているため、どちらを選ぶか迷う人もいると思います。しかし、実務者研修を修了すると、介護福祉士国家試験を受ける上で有利ですし、サービス提供責任者になることができるので介護の現場で採用されやすくなります。たん吸引や経管栄養もできるようになり、重宝される人材になるので、受講時の高い費用も埋め合わせが可能と言えます。介護の現場で活躍したい、特に介護福祉士国家試験を受けたいと考えている人は、実務者研修修了を目指すと良いでしょう。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?実務者研修>>

「実務者研修」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実務者研修ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.