ケア資格ナビ> 医療事務ガイド> 医療事務 資格の種類

医療事務 資格の種類

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

医療事務の資格は分野ごとに分かれています

医療事務の資格は医科・歯科・調剤・介護の分野で試験が分かれています。 取得を目指す場合には、まず自分がどの分野で仕事をしたいかを決める必要があります。目指す分野がはっきりしない場合は、求人の多い医科を選択するとよいでしょう。

また医療事務の資格は種類が多く、中には受験資格が必要な資格もありますが、ほとんどの医療事務の資格は受験資格を問いません。以下は認知度が高いおすすめの資格を表にまとめたものです。

認知度の高い医療事務資格

診療報酬請求事務能力認定試験

~医療機関から評判が高いレセプト作成業務に特化した資格~

分野 医科、歯科
合格率 医科 30%前後/歯科 40%前後
受験資格 なし
試験内容 学科試験/医療保険制度その他法令等に関する問題及び診療報酬点数表に関する問題/計20問(択一式)
実技試験/医科:作成問題2問(外来1問、入院1問)歯科:作成問題3問(外来)
試験時間 3時間
合格基準 医 科/学科試験 60点以上(100点満点)・実技試験 85点以上(100点満点)
歯科/学科試験 80点以上(100点満点)・実技試験 75点以上(100点満点)
学科試験及び実技試験の合格ラインのいずれも満たす者を合格とします。※合格ラインは実施回によって変更される場合があります。
試験日 年2回(7月、12月)
受験料 7,500円

診療報酬請求事務能力認定試験について詳しく知りたい人はこちら>>


医療事務技能審査試験(メディカル クラーク(R))

~医療事務として総合的な能力を証明する資格~

分野 医科、歯科
合格率 50%前後
受験資格 なし
試験内容 実技I 患者接遇/筆記(記述式)/2問
学科 医療事務知識/筆記(択一式)/25問
実技II 診療報酬請求事務/診療報酬明細書点検/4問
試験時間 実技I 50分/学科 60分/実技II 70分
合格基準 学科試験および実技試験I・IIのすべての得点率が70%に達した時点で合格とします。
試験日 年12回(毎月)
受験料 7,500円

医療事務技能審査試験について詳しく知りたい人はこちら>>


医療事務管理士(R)技能認定試験

~医療現場を事務面からサポートできるスキルを証明する資格~

分野 医科、歯科
合格率 医科 50%前後/歯科 70%前後
受験資格 なし
試験内容 実技試験/医科:点検問題1問・作成問題2問(外来1問、入院1問)歯科:点検問題1問・作成問題2問(外来) 
学科試験/マークシート(択一式) …10問
試験時間 実技試験 3時間/学科試験 1時間
合格基準 実技試験/点検・各作成問題ごとに50%以上の得点をし、且つ、3問の合計で70%以上
学科試験/70点以上
※実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。
試験日 奇数月の第4土曜日(年6回実施)
受験料 7,500円


調剤事務管理士(R)技能認定試験

~医療保険制度や調剤薬局請求事務に関する知識を証明する資格~

分野 調剤
合格率 60%前後
受験資格 なし
試験内容 実技試験/調剤報酬明細書の点検1問・作成2問
学科試験/マークシート(択一式)・・・10問
試験時間 2時間
合格基準 実技試験/点検・各作成問題ごとに50%以上の得点をし、且つ、3問の合計で70%以上
学科試験/70点以上
※実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。
試験日 奇数月の第4土曜日(年6回実施)
受験料 6,500円


医療秘書技能検定試験

~医療秘書の必要不可欠な知識と技能を評価する資格。1級~3級がある~

分野 医療秘書
合格率 -
受験資格 なし
試験内容 領域Ⅰ 医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域Ⅱ 医学的基礎知識、医療関連知識
領域Ⅲ 医療事務(レセプト作成、診療報酬点数表の理解)
試験時間 領域I、II 1級 70分/準1級、2級、3級 55分
領域III 1級 75分/準1級、2級、3級 60分
合格基準 領域I、II、III(技能審査基準参照)それぞれに100点ずつ配点されています。
この三つの領域の正解の合計が全体で180点以上ある者のうち、それぞれの領域の正解が、60%以上の場合、合格となります。
試験日 年2回(6月、11月)
受験料 1級 6,500円/準1級 5,800円/2級 5,100円/3級 4,000円
1級・準1級(12,300円)、準1級・2級(10,900円)、2級・3級(9,100円)の併願受験可能


他にも保険請求事務技能検定試験・医科2級医療事務実務能力認定試験・医療情報実務能力検定試験・診療情報管理技能認定試験・調剤報酬請求事務専門士検定試験などがあります。それぞれ必要とされる専門知識や合格者に与えられる称号が異なります。

医療事務資格の種類に関わらず、検定試験に合格した人は、就職に十分なスキルを持ち合わせていると認められます。どの資格を目指すか迷った場合は認知度の高い資格を選ぶのが良いでしょう。

医療事務資格の難易度

医療事務の難易度は資格によって異なりますが、 上記資格を例にしてみると合格率は50%前後となっています。認知度の高い資格ほど合格率が低く、難易度は高めと言えそうです。

難易度が高い資格であっても、各資格試験の対策講座を利用するなど、事前の対策をしっかり行うことでスムーズに合格を目指すことができます。合格保証制度や就職サポートが付いている講座もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?医療事務>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.