ケア資格ナビ> 医療事務ガイド> 医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

医療秘書技能検定試験

概要

1級、準1級、2級、3級にわかれていて、医療秘書として、実務マナー、医療法規や医学用語、医療事務について高度な知識と技能をもち、業務を専門的に遂行できるか審査する試験

難易度 級による
受験資格 なし
試験時間 領域I・II 1級 70分
準1~3級 55分
領域III 1級 75分
準1~3級 60分
実施時期 年2回(6月、11月)
年間受験者数と合格率 約1万人
合格率 1級33.3%、準1級29.4%、2級49.6%、3級72.3%(2013年11月)
受験料 1級 6,500円、準1級 5,800円、2級 5,100円、3級 4,000円

試験内容

(I)医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規、(II)医学的基礎知識、医療関連知識、(III)医療事務
の3領域について、級ごとに難易度を変えて出題される。各100点300満点。
※領域IIIのみノート・参考書の持ち込みは自由

試験会場:全国の指定会場
合格基準:300点満点のうち180点以上で、各領域60%以上の正解で合格。
主催団体:一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
試験開始:1988年
対応スクール:ソラスト、ニチイ、日本医療事務協会、ヒューマンアカデミー、資格スクール大栄

試験の詳細

医療秘書技能検定試験は 医療秘書を行うための技能を審査するのが目的です。 医療秘書は、医師や教授が業務を円滑に行うことができるためのサポートを行うのがおもな仕事で、診療スケジュールの把握や書類の作成などの秘書業務も行うことが仕事です。

そのため、レセプトの作成などに関わる専門知識のほか、医学用語や薬学に関する知識なども求められることになり、難易度の高い試験となっています。医療事務の実務経験を積んだ方のステップアップ資格という位置づけといえます。

試験は1級~3級まであり、合格率にかなりの差があります。
もっとも3級は70%程度の高い水準にあるのに対し、1級、準1級は30%前後となっています。

試験内容は表のように3領域にわかれています。
【領域I】医療秘書実務は常識レベルの設問になりますが、医療関連法規は医療保険制度はもちろん、医師法や医療法などからも出題され、幅広い知識が要求されます。

【領域II】医学知識も解剖学、生理学、臨床医学、カルテ用語など広範囲の出題内容になるため難易度が高いと言えます。過去問などでしっかりとした対策が必要になります。

【領域III】医療事務がいちばんやさしく6割がマークシートの選択式、4割が記述式の穴埋め問題です。3級の外来、2級の入院ともに基礎的な内容を押さえておけば問題ありません。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?医療事務>>

「医療事務」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.