ケア資格ナビ> 医療事務ガイド> 医療事務の将来性は?

医療事務の将来性は?

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

医療事務の将来性は?

医療事務は活躍の場が広く、需要も高い資格のひとつです。働きやすい環境が整っていることもあり、人気の資格でもあります。ここでは医療事務の現状と、今後医療事務に求められること、そして医療事務の将来性について説明していきます。

医療事務の現状

医療事務は病院・診療所・クリニック・歯科医院・調剤薬局・介護施設など、 勤務先がさまざまあります。また最近では大企業などの社内に設けられている医務室や、医療事務代行業(病院の代わりにレセプト業務をのみを行う)などでも医療事務は活躍しています。

加速度的に進行する高齢化社会において、病院にかかる患者の数も比例して増えていますが、一方で 医療現場では人材不足が深刻になっています。

医師や看護師がより自分の仕事に専念し、多くの患者を診られるようにするため、医療機関の事務や経理を担当する医療事務の需要は高まっています。

今後、医療事務に求められること

近年では医療現場のIT化や医療制度の改革による制度の複雑化が進み、 専門の事務処理を行うことができるエキスパートが求められる傾向が強くなっています

また医療機関などで窓口も担当する場合、患者とのやり取りも重要な仕事となりますので、コミュニケーション能力も求められます

診察をスムーズに行うため、患者により効率的に質のよい医療を提供するためにも、 医療事務の持つ能力や技能がますます重要になってくることでしょう。

高齢化に伴い、ニーズ急上昇!

超高齢化社会において医療系の仕事が急増している中、 今後益々ニーズが高まっていくことが予想される非常に有望な仕事です。

診療報酬の内容は全国で統一されているため、一度スキルを修得すれば、 全国どこの医療機関でも有効です。女性にとっては結婚や出産で職場を離れても、比較的簡単に仕事復帰できるのもこの仕事の魅力です。

実務を経験することで 医療保険の全体像を理解できます。また薬剤や検査等の医学的な知識や、ご自身が病気にかかった時の治療法がわかるようになり、実生活にも役立ちます

医療事務は一部の資格を除けば、合格率は60~70%と比較的取得しやすい資格となっています。取得すれば全国で活躍でき、長く続けられる仕事ですので、 これから何か資格を取得しようとお考えの方は、ぜひご検討ください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?医療事務>>

「医療事務」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.