ケア資格ナビ> 医療事務ガイド> 歯科医院の医療事務

歯科医院の医療事務

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

歯科医院での医療事務の役割

ほとんどの歯科医院は施設の規模やスタッフ数は医科の診療所・クリニックとそれほど変わりません。

歯科医院でも医療事務スタッフは、医科の診療所やクリニックと同様、受付業務やレセプト業務、カルテの管理、患者対応、予約の確認、院内清掃などが主な業務となります。

しかし医科とは異なり、医療事務スタッフが歯科助手としての役割を担うことが多いのが特徴です。歯科助手としては診察室で照明の調整や器具の消毒などといった歯科医や歯科衛生士の業務を補助するためより患者さんと直接接する機会が多い仕事といえます。

医科と歯科は勉強内容が異なる

医療事務の 資格や講座は医科と歯科に分かれています。医科の資格で歯科の医療事務として勤務することも可能ではありますが、カルテの書き方や保険点数の算定など医科と歯科で異なる点が多いので、歯科医院に勤めたいと思っている人は最初から歯科の勉強をしておくとよいでしょう。

最近では自由診療が増えている

最近は保険診療内の虫歯治療だけでなく、より良い治療を受けたい場合は、保険対象外の治療を全額自費で受けるケースも増えています。保険対象外の治療を自由診療といい、美容を重視した治療を審美治療といいます。このように 歯科医院では保険診療と自由診療が混在するので、レセプト業務や会計業務で十分注意する必要があります

また最近では審美治療・矯正などの美容歯科をメインに行う歯科医院も増えています。美容歯科をメインとしている歯科医院では、女性の患者が多くなるため、治療室の個室化やカウンセリングに力を入れるなど、サービス面を重要視しているところがあります。

歯科医院で働きたいと考えている人は、求人先がどのような治療をメインに行なっているかも事前にチェックしておくとよいでしょう。

「歯科衛生士」と「歯科助手」の違い

歯科医院には、歯科助手以外に歯科医師をサポートする歯科衛生士がいます。
歯科衛生士歯のクリーニングや被せものの装着など、患者に処置を行うことができるのに対し、医療事務スタッフが歯科助手を行う場合はそれができず、治療器具の受け渡しなどの範囲内でサポートを行うことになります。ただし簡単なサポートとはいえ、用具の把握や迅速な対応などが求められるため専門的な知識が必要になる場合もあります。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?医療事務>>

「医療事務」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.