ケア資格ナビ> 医療事務ガイド

医療事務の受講は最短1カ月から!

  • 女性人気No.1高齢化社会においてニーズ急増「医療事務」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

医療事務ははじめてでも挑戦しやすい専門職

私たちが体調を崩したときにお世話になる病院やクリニック。そこで最初に顔を合わせ、状態を確認するなどの対応をしてくれるのが医療事務スタッフです。受付は、来院者が医療機関ではじめて接する、いわば病院やクリニックの顔と言えます。その対応が印象を左右するため、とても重要な職種なのです。

医療機関で大切な役割を担う医療事務は、専門職でありながら資格取得が容易であるとして人気の資格です。資格講座は誰でも受講でき、短期間で修了できるため「何か資格がほしい」「スキルアップしたい」と考える人にもおすすめです。

医療事務講座に受講資格なし

医療事務の資格取得を目指す人なら誰でも受講できます。

受講期間は最短1カ月

短期集中型の講座なら、受講期間は最短で1カ月程度です。

無資格、未経験でも働ける?
医療事務の仕事は、資格が必須ではありません。しかし、初めて医療事務として転職・就職を考えた場合、資格を取得しておく方が採用で有利と言えるでしょう。実際の求人情報の応募資格の項目では「医療事務修了者、もしくは修了していると尚良い」という記載も目立ちます。
一方、経験においては「未経験OK」としている職場もありますので、未経験でスタートし働きながらスキルアップすることができる職種です。

医療事務の仕事について

主な仕事内容

医療事務は医療機関で、受付・会計などを行いますが、メインの仕事はレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成です。
レセプトの作成には、診療報酬に関する知識が必要不可欠です。診療報酬は2年ごとに改定があるため新しいことを学ぶ姿勢が大切になってきます。

レセプトは毎月10日までに審査支払機関へ提出しなければならないので、月末から月初にかけてが最も忙しい時期になります。

女性に人気

医療事務は医療現場においては重要な職業です。診療報酬業務や受付・会計などの業務は全国共通なので、引っ越しや出産などで一旦現場を離れても復帰しやすく、女性が働きやすい環境の職場です。
受付業務を担当することも多いので、患者さんと接する機会が多くあります。そのためコミュニケーション能力のある人や、気遣いの出来る人は向いていると言えるでしょう。

全国どこでも働ける

医療事務はレセプトの作成が主な仕事ですが、比較的規模が小さな病院ではカルテの管理など、事務作業全般を担います。診療報酬明細書は、厚生労働省が定めた保険基準に沿って作成するため、その知識や技術があれば、全国どこの医療機関でも勤務できます

子育てしながら長く働ける

医療事務は病院や診療所など職場の選択肢が豊富です。一口に病院と言っても小児科クリニックや企業内クリニック、総合病院などさまざまです。また雇用形態も正社員、パート、アルバイトと複数あります。そのため子どもが小さいうちは時間が選べるパート勤務、手がかからなくなったら正社員へ…というように、働き方を変えながら長く仕事を続けることが可能です。

医療事務に求められるスキル

事務処理能力

医療現場のIT化や医療制度の改革による制度の複雑化が進み、 専門の事務処理を行うことができるエキスパートが求められています。

コミュニケーション能力

医療機関などで窓口業務も担当する場合、患者さんとのやり取りも重要です。「何の目的で来院したのか」「不調なのはどこか」「容体はどうか」などを確認し、適切な処置を行えるよう、医師や看護師へ取り次ぎます。
医療機関内でスムーズな診療が行われるために、医師や看護師をサポートするのも医療事務の仕事です。

スピードと正確さ

医療機関では医師や看護師が効率的に質のよい医療を提供することが求められます。医療事務が「必要なカルテをすぐに用意する」「会計でお待たせしない」など、ひとつひとつの業務をスピーディに行うことで、医療機関としてのチームプレイが成り立ちます。
また、保険証やカルテ、病状などの大切な個人情報も多く扱います。必要な情報を必要な場所にミスなく転記するなどの正確さも必要です。

医療事務の資格を取得する方法

取得方法

医療事務には国家試験はなく、さまざまな民間資格があります。各認定団体が行う試験を受験し、合格を目指します。試験には以下のような種類があります。

  • 複数の資格取得のためのもの
  • 特定の資格を目指すもの
  • 医科・歯科に特化したもの
  • 「1級・2級」とランク付けされているもの

どの団体が主催する試験でも合格すれば、業務を行うための十分な知識とスキルがあると認められます。また講座を受講すると一定基準の知識技術に達しているとみなされ、認定証を発行する講座もあります。

受講期間

短期集中型の講座で1カ月程度、平均的には3~4カ月かかります。

受講費用

受講費用は、40,000円前後~80,000円ほどと、かなり幅広くなっています。 費用に差があるのは、基本的な内容を通信教育によって自宅で学ぶ講座から、コンピューターに特化したもの、またあらゆる分野を網羅したものなど、いろいろな医療事務講座があるためです。

受講内容

医療事務のどの講座でも必ず学ぶことになるのが、診療料計算などの医療保険制度の知識です。業務に必ず必要な知識なので、その習得は欠かせません。 その他に、OA機器に特化したものや、医科・歯科それぞれに必要な知識を学ぶ講座などもあります。

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務ガイド

特集記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.