ケア資格ナビ> 保育士ガイド> 試験概要

保育士の試験概要 | 受験資格はあるの?

  • ニーズ急増中!子どもの健やかな育ちを援助する専門職「保育士」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

保育士の資格を取得するには?

養成学校を卒業する

大学、短期大学、専門学校などの指定保育士養成施設において、決められた単位を取得、卒業すれば資格が得られます。

保育士試験を受ける

各都道府県で毎年1回実施している保育士試験に合格すれば資格が得られます。
試験には筆記試験(8科目)と実技試験(3分野のうち必ず2分野を選択)があり、実技試験はすべての科目の筆記試験に合格すれば行われます。

保育士の受験資格は?

  1. 学部・学科に関係なく、大学に2年以上在学し、62単位以上修得済の方 (卒業が見込まれる者・中退者も含む)
  2. 学部・学科に関係なく、大学に1年以上在学し、年度中に62単位以上修得することが見込まれる方
  3. 高等専門学校および短期大学の最終学年に在学中で、年度中に卒業することが見込まれる方
  4. 高等学校の専攻科(中等教育学校の後期課程を含み、修業年限2年以上のもの)または特別支援学校の専攻科(修業年限2年以上のもの)を卒業した方、または当該専攻科の最終学年に在学している方で、年度中に卒業することが見込まれる方
  5. 中学卒業後、児童福祉施設において5年以上かつ7,200時間以上児童等の保護に従事した方
  6. 高等学校卒業後、児童福祉施設において2年以上かつ2,880時間以上児童等の保護に従事した方
  7. 平成8年(1996年)3月31日以前までに高校保育科を卒業した方
  8. 平成3年(1991年)3月31日以前までに高校を卒業した方
  9. 外国において、学校教育における14年以上の課程を修了した方
  10. 上記を満たしていない方は、資格取得講座にて保育士の受験資格を得ることもできます。
    » 保育士の受験資格が取得できる講座

保育士の試験データ

難易度 難易度
人気度 人気度
試験内容
【筆記】
  • 保育原理
  • 教育原理及び社会的養護
  • 児童家庭福祉
  • 社会福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論
【実技】
音楽表現に関する技術、造形表現に関する技術、言語表現に関する技術
試験日程 筆記試験:例年8月上旬
実技試験:例年10月中旬
手数料 12,900円 (内訳: 受験手数料 12,700円 + 受験の手引き郵送料 200円)
問合せ先 社団法人全国保育士養成協議会
保育士試験事務センター

保育士試験の免除制度は?

合格科目が3年間免除になります

保育士試験の筆記試験は、すべての科目を1回の試験で合格する必要はありません。
合格した科目は3年間の有効ですので、3年のうちに全科目合格をすれば実技試験に進めます。

勤務していれば科目が免除されることも

平成27年の試験より、 児童福祉施設や認定こども園などの対象施設において、対象期間内に一定の期間・時間勤務し、児童等の保護に従事した場合は、平成23年または平成24年の合格科目を免除されます
また平成27年に合格した科目についても、対象施設にて勤務期間・勤務時間を満たした場合、平成30年または平成31年まで免除期間が延長されます。

幼稚園教諭免許所有者の科目免除について

幼稚園教諭免許所有者は、免除申請をすることにより、 「保育の心理学」、「教育原理」、「実技試験」が受験免除となります
また、上記以外の残りの科目についても、厚生労働大臣が指定する保育士養成施設で筆記試験科目に対応する教科目を修得した場合、指定保育士養成施設が発行する「幼稚園教諭免許所有者保育士試験免除科目専修証明書」(幼教専修証明書)を提出すれば、 該当する筆記試験科目が免除されます

幼稚園教諭免許所有者は特例制度が受けられます

幼稚園教諭免許をお持ちの方を対象に、平成27年度から施行予定の「認定こども園制度」への円滑な移行・促進のため、平成31年度末(予定)までの間、特例制度が設けられました。
特例対象者は、幼稚園教諭免許を有し、次の施設において 「3年以上かつ4,320時間以上」の実務経験を有する方です。

  1. 幼稚園(特別支援学校幼稚部を含む)
  2. 認定こども園
  3. 保育所
  4. 公立の認可外保育施設
  5. へき地保育所
  6. 幼稚園併設型認可外保育施設
  7. 認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設
    ただし、当該施設を利用する児童の半数以上が一時預かりによる施設や、当該施設を利用する児童の半数以上が22時から翌7時までの全部又は一部の利用による施設は除外されます。

保育士試験の申込時に、 幼稚園等における「実務経験」と保育士養成施設における「学び」が必要です
特例制度による学びは、最大で4教科、8単位の修得が必要です。
「福祉と養護(講義 2単位)」
「相談支援(講義 2単位)」
「保健と食と栄養(講義 2単位)」
「乳児保育(演習 2単位)
なお、過去に保育士養成施設において保育士養成課程の教科を学んだ方は、受講の必要がない場合もあるので、保育士養成施設に問い合わせの上、ご確認ください。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?保育士>>

「保育士」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士ガイド

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.