ケア資格ナビ> ガイドヘルパー・同行援護従業者・行動援護従業者ガイド> ガイドヘルパーの資格は必要?

ガイドヘルパーの資格は必要?

Guidehelper Shikaku

ガイドヘルパーはどのような仕事かご存じですか?
ガイドヘルパーは障がいを持つ人の外出をサポートして、自立支援を行います。例えば1人で外出することが困難な障がい者が冠婚葬祭や買い物などで外出したいとき、ガイドヘルパーの付き添いで安心・安全に外出することができるのです。
では、ガイドヘルパーとして働くには資格は必要なのでしょうか?

ガイドヘルパーの資格は3種類

障がい者の移動支援で活躍している資格には、大きく分けるとガイドヘルパー(移動介護従業者)・同行援護従業者・行動援護従業者の3つがあります。今回はその中のガイドヘルパーについて特に見ていきたいと思います。
ガイドヘルパーは、以下のような資格に分類されています。

  • 視覚障がい者移動介護従業者
  • 全身性障がい者移動介護従業者
  • 知的障がい者移動介護従業者

ガイドヘルパーの資格を得るためには、自治体の研修を受講し修了すると取得できます*。受講資格は自治体によって定められています。

* ガイドヘルパー(行動援護従業者)の研修は、自治体によって異なります。研修の実施がないところもあります。

視覚障がい者移動介護従業者

研修内容

視覚に障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

全身性障がい者移動介護従業者

研修内容

四肢に機能障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

知的障がい者移動介護従業者

研修内容

知的障がいがある人に対するホームヘルプサービスや、移動介助の方法を学びます。

ガイドヘルパーの資格はこんな場合に必須です!

全身性障がいや視覚障がいのある人への移動支援をする際は、ガイドヘルパーの資格が必須です。
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の有資格者は、ガイドヘルパーの資格がなくても知的障がい者の移動介助は可能ですが、全身性障がいや視覚障がいのある人への移動支援を行うことはできません。
ガイドヘルパーの資格は比較的短期間で取得することができるため、基本的な介護の資格に加えて取得すると、サポートできる範囲が広がるでしょう。

障がいを持つ人がいつ何時でも同じように生活するために、移動支援をサポートしてくれる事業所の対応が必須です。そのような事業所では障がいを理解し、移動介助を心得ていると証明されるガイドヘルパーの資格を持った人が求められています。

ガイドヘルパーの資格について詳しくはこちら>>

ガイドヘルパーの他にも資格はあります!

ガイドヘルパーと混同されやすいのですが、ガイドヘルパー以外にも障がい者の移動を支援する資格はあります。

同行援護従業者

同行援護従業者は視覚障がいを持つ人の外出をサポートします。ヘルパーとして働きたい人は「同行援護従業者養成研修」の一般課程を、サービス提供責任者として働きたい人は応用課程を修了する必要があります。

行動援護従業者

行動援護従業者は、知的障がいや精神障がいを持つ人の外出をサポートします。2021年4月から行動援護を行うヘルパーやサービス提供責任者は「行動援護従業者養成研修」を修了し、知的障がい者(児)または精神障がい者の直接業務に、一定期間従事することが必要になります。*

*  ヘルパーとして働くには知的障がい者(児)または精神障がい者の直接業務に1年かつ180日以上、サービス提供責任者については3年かつ540日以上、従事していることが必要となります。

移動支援の資格について紹介してきましたが、いずれの資格も社会に貢献できる有用な資格です。興味を持ったら、まずはお住いのエリアで養成研修が行われているかをケア資格ナビで確認してみましょう!

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ガイドヘルパー・同行援護従業者・行動援護従業者>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.