ケア資格ナビ> ガイドヘルパー・同行支援従業者ガイド> ガイドヘルパーの資格は必要?

ガイドヘルパーの資格は必要?

Guidehelper Shikaku

ガイドヘルパーはどのような仕事かご存じですか?
ガイドヘルパーは、障がい者の移動や外出介助を行うことで自立支援を行います。たとえば、1人で外出するのが困難な障がいのある人が冠婚葬祭や買い物などで外出したいとき、ガイドヘルパーが付き添うことで安心、安全に外出することができるのです。

では、ガイドヘルパーとして働くには資格は必要なのでしょうか?
介護職員初任者研修や介護福祉士の資格を持っている人は、高齢者や知的障がい者の移動介助は行うことができます。しかし、全身性障がい者や視覚障がい者の外出介助には、ガイドヘルパーの資格(それぞれの研修修了)が必要です。まずはガイドヘルパーになるための要件と資格の内容を確認していきましょう。

ガイドヘルパーの資格は3種類

ガイドヘルパーの資格は「視覚障がい」「全身性障がい」「知的・精神障がい」の3種類があります。それぞれ各都道府県又は市区町村指定の研修を受講し修了すると取得できます

同行援護従業者養成研修(視覚障がい)

研修内容

視覚障がいの基礎知識、食事の介助や外出先での移動支援方法、代筆や代読の基礎知識などを学びます。応用課程を修了するとサービス提供責任者になることができます。

受講資格

(一般課程)
・特になし。視覚障がい者の外出支援に興味がある人ならどなたでも受講できます
(応用課程)
・一般課程修了者
・居宅介護の従業者資格を持っている人で、障がい者の福祉に関する実務経験が1年以上ある人

全身性障がい者ガイドヘルパー養成研修

研修内容

全身にわたる運動および機能障がい者の移動介助をするために、病気についてや障がい者の心理を学びます。また車いすで屋外を移動する際の介助技術などを学びます。

受講資格

・介護福祉士・介護職員初任者研修・訪問介護員1級・2級・正看護師・准看護師 ・介護職員基礎研修のいずれかの資格保有者
なお、都道府県やスクールにより受講対象者や免除科目は異なりますので事前に確認しましょう

知的・精神障がい者行動援護従業者養成研修

研修内容

知的・精神障がいのある人の心理や特性について理解を深め、外出や日常生活をする場面で必要な知識と技術を学びます。

受講資格

・特になし

ガイドヘルパー有資格者が求められています!

2013年に施行された「障害者総合支援法」は、障がい者の社会参加や、身近な場所で日常生活や社会生活を営むために支援を受けられることなどを目的にしています。障がいのある人が地域社会へ参加し、生き生きと生活できる支援をするのがガイドヘルパーであり、障がい者にとって必要不可欠な存在です。今後、高齢化が進むなか障がいの程度の重い高齢者も増えることになり、ますます求められる存在になるでしょう。

また、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上の有資格者は、ガイドヘルパーの資格がなくても知的・精神障がい者の移動介助は可能です。しかし、知的・精神障がい者への正しい理解がないままに介助を行うことは、実際にはとても難しいことです。障がいの程度が重ければ重いほど細やかな配慮が必要になり、確かな知識や技術が必要になるからです。このことから、資格取得のニーズは現場で高まっているのです。

ガイドヘルパーの資格は比較的短期間で取得することができます。2つ目、3つ目の資取として取得をオススメします。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ガイドヘルパー・同行支援従業者>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.