ケア資格ナビ> グループホームガイド

グループホームで働くには?仕事内容から資格や職種まで解説!

少人数のユニットで共同生活を送ることで、認知症の進行を抑え、運動機能の維持向上を目指すグループホーム。介護職員は、自分でできることは自分でできるように利用者をサポートします。ここでは、そんなグループホームの仕事内容やキャリアアップの方法について紹介します。

グループホームとは

グループホームとは、65歳以上・要支援2以上の認知症の高齢者を受け入れる入居型の施設です。一般家庭に近い環境を用意し、入居者同士が円満な共同生活を送れるように支援しながら、地域密着型のサービスを提供します。少人数(1ユニット5~9人程度、最大2ユニットまで)の利用者が入居しているため、目が行き届きやすくアットホームな雰囲気の施設が多いようです。利用者は少人数による共同生活に支障がなく、基本的に看護士によるケアがなくとも生活できる人が対象となっています。

グループホームには、「介護予防認知症対応型共同生活介護」と「認知症対応型共同生活介護」があり、「要支援2」であれば「介護予防認知症対応型共同生活介護」を、「要介護1」以上であれば「認知症対応型共同生活介護」を利用します。認知症の症状は一人ひとり違います。また利用者が少人数ということもあり、グループホームでは利用者それぞれに寄り添った介護サービスを提供することができます。

グループホームの勤務条件や特徴

勤務時間 ・シフト制勤務
・早番/日勤/遅番/夜勤(時間交代制)
・週休2日
勤務形態 ・正社員
・パート
給与 ・正社員:月給16万円前後~
・パート:時給900円前後~
※上記は介護職員の場合
※職場により別途資格・時間帯手当あり
就業する際の条件 ・無資格でも就業可能
・役職を目指す場合は資格が必要
特徴 ・調理や掃除などを利用者とともに協力して行う
・小規模なので1人1人の利用者とじっくり向き合える

平成27年度介護従事者処遇状況等調査結果

勤務時間の一例としては、早番(7時30分~16時30分)、日勤(9時~17時)、遅番(10時30分~19時30分)、夜勤(16時~翌朝9時)などに分かれています。夜勤の場合、施設によっては1ユニットを1人で見守ることもありますので、落ち着いた対応力が求められます。なお、夜勤では基本給に夜勤手当が加算されます。

  • 必要な資格を確認
  • 求人を検索

グループホームの仕事内容

基本的には利用者と一緒に食事の準備や掃除、洗濯などを行い、共同生活をサポートします。利用者一人ひとりに役割を与え、他者と関われるように促すことで、脳を活性化させ認知症の進行を遅らせます。
また、介助が必要な人に対して入浴や排泄の介助を行ったり、機能訓練やレクリエーションを行うこともあります。

一日の業務の流れ

下記は一般的なグループホームにおける、一日の業務の流れです。

■ 7:00~ 利用者起床
利用者の起床を促し、バイタルチェックを行います。必要に応じて着替えや洗面、排泄介助を行います。
■ 7:00~ 朝食準備・朝食・後片付け
起床した利用者と一緒に朝食準備を行います。食事前には手洗いうがい、食後には体調チェックと口腔ケアを行います。
■ 9:00~ 掃除・洗濯
利用者と手分けをして、居室や階段の手すり、共用スペースなどの清掃を行います。
■ 9:00~ 洗濯物干し・レクリエーション
洗濯した衣類を利用者と一緒に干します。作業後はやわらかいボールで身体を動かすゲームをしたり、音読や書写、歌唱など脳を活性化させるレクリエーションを行います。
■ 11:00~ 昼食準備・昼食・片付け
■ 13:00~ 入浴
利用者が自立して入浴できるように支援します。
■ 13:00~ おやつ作り・散歩・買い物など
利用者とともにおやつを作ったり、庭を散歩したりします。利用者はあらかじめ許可を取った家族と一緒に外出することもあります。
■ 15:00~ おやつ・洗濯物の片付け・体操
作ったおやつを囲んでお茶会をします。食後は干していた洗濯物を取り込み、整理します。残りの時間は立つ、座る、歩くなどといった日常動作を維持するための体操を行います。
■ 16:00~ 夕食準備・夕食・片付け
■ 19:00~ フリータイム
眠気のある人には就寝を促すようにします。なかなか寝付けない利用者と、テレビを見ながらおしゃべりをすることもあります。
■ 21:00~ 消灯・就寝介助
起床時と同じように着替えや洗面を手伝い、就寝を促します。食事量、水分補給量、排泄などは都度、利用者別に記録を取り、排泄の間隔が開いている場合は声かけをします。
■ 21:00~夜間の見守り・排泄介助など
夜勤のスタッフが巡回を行い、見守りや介助にあたります。

Topics:グループホームと有料老人ホームの違いって?
グループホームは認知症の高齢者を対象とした施設ですが、有料老人ホームは他の要因で要介護認定された人も入居しており、ここが両者の大きな違いとなっています。また、グループホームは医療スタッフの配置が義務付けられていませんが、有料老人ホームには医療サービスが提供できる「介護付き有料老人ホーム」があります。グループホームは自分でできることは自分で行う自立型の施設なので、認知症の進行を遅らせ、できる限り自立した生活を送りたい利用者に向いています。

グループホームで活躍するには

グループホームそのものが増加傾向にあるため、就職先は見つけやすいと言えます。無資格の人は介護職員初任者研修を受講しながら実務経験を積み、介護福祉士国家試験までに実務者研修を修了しておけば、最短3年間で介護福祉士資格を取得することができます。仕事を通して得られる認知症介護の知識は、試験対策の上でも大いに役立つでしょう。3年以上の認知症介護経験があれば管理者になる資格を得られ、5年目になればケアマネージャー試験にも挑戦できます。

グループホームに必要な職種を確認

グループホームでは介護職員として現場で活躍するか、施設のマネジメント業務に携わることができます。場合によっては管理者と計画作成担当者の兼任も可能です。

職種 資格など
管理者 従業者およびその他の管理業務を担う。必須の資格条件はないが、3年以上の認知症介護経験を積んでおく必要がある
計画作成担当者 利用者の介護計画書を作成し、サービス内容の選定や連絡調整等を行う。必ず1名以上はケアマネージャーの資格が必要
介護職員 24時間常駐し、介護サービスを提供する。夜間は利用者の人数に関係なく、常時1人以上の配置が必須。介護福祉士の資格があることが望ましい
代表者 施設の従業者かホームヘルパーとして認知症ケアに携わったことがある人、もしくは保健医療福祉サービスの事業経営経験がある人

ケアマネージャーを中心とする計画作成責任者が個別の介護計画書を作成し、介護職員はこれに基づいて利用者に介護サービスを提供します。計画作成担当者は1ユニットにつき1名ずつ配置され、スタッフへの指示や相談業務など幅広い業務に携わります。

グループホームで働くための資格を確認

グループホームでは現場経験を積みながら資格を取り、上位のポジションへキャリアアップを目指すことができます。また介護予防の資格を取得することで、認知症予防に役立つ運動方法を学ぶことができ、日々の業務に役立てることが可能です

介護の資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(初任者研修)
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護の基礎知識を学べる
全国の
講座料金を見る
実務者研修
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護福祉士受験に必須
  • 医療的ケアも学べる
全国の
講座料金を見る
介護福祉士 国家資格
  • 介護職員の中心的存在
  • 受験資格として実務者研修修了と実務経験3年以上が必要
全国の
講座料金を見る
ケアマネージャー
  • 利用者に適切な介護サービスを計画する
  • 利用者や家族からの相談業務を請け負う
全国の
講座料金を見る
介護予防
  • 認知症予防プログラムを立案し、トレーニング指導を行うことができる
  • 実務者研修修了または介護職員初任者研修を修了後、2年以上の実務経験を積むことで受講できる
全国の
講座料金を見る

介護施設・サービスの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.