ケア資格ナビ> 福祉用具専門相談員ガイド> 福祉用具専門相談員の資格が必要な理由

福祉用具専門相談員の資格が必要な理由

Fy Kaisei Keikasochi
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

福祉用具専門相談員の資格が必須となりました

2015年4月1日に施行された「介護保険法施行令」「介護保険法施行規則」の改正により、福祉用具貸与事業者に必ず2人以上配置義務がある福祉用具専門相談員従事者の資格要項が変更されました。
改正前はホームヘルパー1・2級保有者、介護職員基礎研修1・2級修了者、介護職員初任者研修修了者も福祉用具専門相談員として認められていましたが、現在は福祉用具専門相談員の資格取得が必要*となりました。

福祉用具貸与事業に携わらない場合でも、介護現場で働こうと考える人は他の介護福祉系資格と並んで取得すると、利用者へ福祉用具の使い方などを直接指導することが可能となるため、さまざまな介護サービス事業所で重宝されます

資格の取得について

福祉用具専門相談員は、指定講習を受講して資格を取得します。この度の法改正では指定講習の内容も大きく変わりました。指定講習の時間が10時間増加し全体で50時間となり、講習後に1時間程度の筆記終了試験が加わりました。
とはいえ、講習時間も他の介護系資格と比べると短く、筆記試験も講習で学んだ内容の確認的な意味合いで行われるため、資格取得は決して難しくありません

福祉用具専門相談員について詳しく知りたい人はこちら>>

※ 介護・医療に携わるいくつかの国家資格に関しては、法改正後降も福祉用具専門相談員の業務継続が可能です。

福祉用具専門相談員が注目されている理由

昨今、様々な福祉用具が世に登場し、介護現場も様変わりしました。それに伴い、福祉用具貸与事業は年々活発化の傾向にあり、福祉用具専門相談員の資格保有者が注目されています。また、福祉用具貸与事業に資格保有者が必置という厳しい決定がなされているのにも理由があります。

それは、介護保険制度では福祉用具貸与が保険給付の対象とされているためです。したがって福祉用具貸与事業では、利用者一人ひとりに福祉用具の使い方や選び方を教えるだけでなく、利用者の介護保険にも見合った福祉用具を選別する専門的知識が必須となります。

例えば、要介護認定で軽度と認定された人は、借りることのできる福祉用具に制限があります。その制限の中でも、長期的な利用が見込まれるのであれば介護保険が適用される範囲内でコスト設計しなくてはいけません。
福祉用具は「選んで終わり」ではなく、どのように使用計画を立てるかということも極めて重要です。利用者ごとの環境に応じて福祉用具の調整を行う他、安全かつ快適に使ってもらうため、定期的に利用者宅を訪問してヒアリングなどの作業も行います。状況に応じて福祉用具の再選定なども行うため、専門的な知識や技術がなければ務まりません。

局所的ですが、介護福祉において欠かせない福祉用具の専門家。介護の世界でキャリアアップや活躍の場を広げたい人にもおすすめの資格です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?福祉用具専門相談員>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper 介護資格は主婦に向いている? 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声!
Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.