介護 資格 > 福祉用具専門相談員 資格ガイド

無試験で取得!介護保険制度では重要な資格「福祉用具専門相談員」

通学 全国の人気講座を無料で一括資料請求

福祉用具専門相談員はこんな資格です

こんな資格!

介護に必要な用具について相談できる専門職

福祉用具専門相談員は介護保険制度において、福祉用具や介護用具をレンタルしたり販売するときに、選び方や使い方について専門的なアドバイスをする専門相談員です。
福祉用具とは障害者や高齢者の生活を支援するための用具の総称で、車椅子などの移動のための用具やトイレ用手すりなどの排泄のための用具、介護ベッドなど床ずれ予防のための用具などが含まれており、障害者や高齢者が介護保険の制度下でそのような用具を求める場合には、必ず専門家と相談しなければならないため、福祉用具專門相談員は大変重要な資格です。
無試験で比較的短期間の講習のみで取得できます。

こんな職場!

貸与事業では必須資格

介護保険制度では「福祉用具貸与」も保険給付の対象事業ですが、貸与事業を行う場合に、各事業所に2名以上の福祉用具専門相談員を配置することが義務付けられています。
このような貸与事業所に勤めるほかに、他の介護有資格者が利用者に專門的なアドバイスをするために取得することも多いようです。

将来性は?

今後需要がますます増える

介護保険の拡大や高齢者の増加によって、資格を持つ福祉用具専門相談員を求める事業所は今後ますます増えるでしょう。また福祉用具や介護用具は利用者の身体状態や住宅構造や環境などを考慮して選ぶ必要があるため、介護職員初任者研修や福祉住環境コーディネーターの專門資格を合わせて取得することで、さらに活躍の場が広がります。

専門相談員からケアマネージャーへ

福祉用具専門相談員からケアマネージャーの受験資格を取得することも可能です。福祉用具供給事業従事者研修会50時間を終了後5年以内に供給事業従事者現任研修会を終了し、「相談援助業務」を5年以上行った方は介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネージャー)の受験資格を得られます。

福祉用具専門相談員 資格取得するには

受講内容

福祉用具専門相談員の講習会の課程は、老人保健福祉に関する基礎知識が2時間、介護と用具に関する知識が20時間、関連領域に関する基礎知識が10時間、用具の活用に関する実習が8時間の合計40時間です。

主な受講科目
  • 社会福祉原論
  • 社会保障論
  • 公的扶助論
  • 地域福祉論
  • 心理学
  • 社会学
  • 法学
  • 医学一般
  • 老人福祉論
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論
  • 介護概論
  • 社会福祉援助技術

取得方法

どなたでも受講することができます。各スクールで随時開催している講習会に参加し、所定の課程を修了すれば資格を取得できます。

受講期間

スクールによって異なりますが、5日間程度です。


資格取得にはスクール選びが重要です!ライフスタイルにぴったりの学校を見つけましょう
掲載スクール一覧福祉用具専門相談員の講座を開講しているスクールをご紹介します。

ケア資格ナビトップ | お問い合わせ | サイトマップ | 利用規約・サイトポリシー | プライバシーポリシー | 会社概要