ケア資格ナビ> 特集記事> 介護・福祉関連のコラム記事> 認知症でも孤立しない地域づくり

認知症でも孤立しない地域づくり

229126

日本では2025年に認知症患者が700万人に増え、高齢者の5人に1人が認知症を発症すると予想されています。 医療や介護業界だけでなく、企業を含めた地域社会全体が認知症と向き合うことが必要な時代になってきました。

以前まで認知症の人は家や施設に閉じこもり、地域との接点も無く孤立することが多くありました。 しかし現在では「認知症になっても安心して外出できる地域づくり」を目指す考え方に変わってきています。それは認知症の人が当たり前に買い物や外食で外出できるように、地域の人が認知症への理解を深め、日ごろから見守る意識を高めていくということです。
企業では認知症の人への接客を学ぶ研修を行ったり、「認知症サポーター」への人材の育成を進めています。このような取り組みが増えることで、認知症の人やその家族が安心して穏やかに生活できるようになると言えます。

家族に認知症の症状があっても、周りに知られたくないとの思いで、悩みを打ち明けることができない人もいます。あなたの周りにも悩みを抱え、困っている人がいるかもしれません。 家族が見守るだけでなく、地域や社会全体が認知症を理解し、サポートしていくことが大切です。私たち、一人ひとりが認知症における知識や注意点などを認識するだけでも違ってきます。
「認知症700万人」の時代に向け、「認知症にやさしい地域づくり」を目指す企業、自治体が全国的に増えている中、誰もが安心して暮らせる社会を考えていかなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.