ケア資格ナビ> 特集記事> 介護・福祉関連のコラム記事> 居宅介護支援事業所の管理者 主任ケアマネージャーに限定

居宅介護支援事業所の管理者 主任ケアマネージャーに限定

C57ef95d7e40fdfa76948872ce6ed14b S

2017年11月22日、厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会・介護給付費分科会が行われました。そこで居宅介護支援事業所の管理者を主任ケアマネージャーに限定することが提案され、承認される見込みとなりました。

居宅介護支援事業所の現状は?

居宅介護支援事業所の管理者で現在、主任ケアマネージャーを管理者としている事業所は全体の約半分弱(44.9%)。管理者として働く主任ケアマネージャーは全国的に見てもまだまだ少ないと言えます。

リーダーとしての資質を高めるために、国が推進している主任ケアマネージャーの研修は、後進の指導や人事管理のノウハウなども含まれているため、実り多き研修であることは確かです。
一人でも多くのケアマネージャーが主任ケアマネージャーを目指せるよう、今後は事業所や同僚の理解や協力がいっそう重要となるでしょう。

主任ケアマネージャーを目指すには?

主任ケアマネージャーになるためには5年以上の経験と70時間の研修が必要で、その後も資格を維持するために5年ごとに46時間の更新研修を受講しなければなりません。
今回の改定では2020年3月までを経過期間とし、2021年4月からは主任ケアマネージャーのみを管理者とするため、主任ケアマネージャーは一層介護業界の中で必要不可欠な存在となります。

地域の人々から頼りにされ、職場でも管理者として働く主任ケアマネージャーは、信頼と高い経験値を兼ね備える重要なポジションです。主任ケアマネージャーになるために、今からケアマネージャー資格の取得準備を始めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.