ケア資格ナビ> 特集記事> 介護業界でキャリアアップするには

介護業界でキャリアアップするには

Career

介護業界でキャリアアップするには

求人が非常に多く、資格が多岐にわたる介護業界ではキャリアアップのチャンスが多くあります。近年はできるだけ介護が必要な状態にならないよう、あらかじめ予防をするという介護予防の観点から、高齢者のリハビリデーションの必要性も注目され、リハビリにかかわる資格の需要も高まっています。ここでは介護業界でどのようなキャリアアップが可能なのかをまとめました。

役職に就く

サービス提供責任者になる

「サービス提供責任者」とは、介護保険法で定められた正式な職業名で、訪問介護サービス施設のリーダー的な存在です。

ホームヘルパーのまとめ役として、指導やスケジュール管理、現場でトラブルがあった際の処理などを担当します。また訪問介護計画書の作成、サービス担当者会議の出席など介護事業所の運営にかかわる役割も担います。また利用者宅を訪問し、サービスの決定や、サービス内容を確認します。

訪問介護事業者の事業所長や、施設の介護長・施設長になる

各事業所・施設の責任者としてスタッフをまとめ、運営管理を行います。

どちらも勤務しながら役職を目指すこととなりますが、まずは実績を積み新規開設時に就任するのが一般的です。

他資格を取得する

実務者研修

研修終了後は、高齢者や身体障害者の入浴・着替え・食事・排泄などの身体介護や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活援助を行います。また養護老人ホームや老人保健施設等の介護福祉施設で介護や援助を行います。

研修では、介護の基礎資格である「介護職員初任者研修」と同様の内容を学びますが、より実務に則した知識と技術を身につけることになります。さらに研修では医療行為である「たん吸引」や「経管栄養」を学びます(実際に行う場合は『実地研修』を修了することが必要です)。また訪問介護事業所で働く場合は、サービス提供責任者になることもできます。

実務者研修について詳しく知りたい人はこちら>>

介護福祉士

「介護福祉士」とは国家資格であり、介護の上級資格です。ケアワーカーと呼ばれることもあります。

要支援・要介護の高齢者や障害者の身体介護や生活援助はもちろん、一緒に働くヘルパーの指導をしたり、サービス提供責任者として活躍したり、仕事内容は多岐にわたります。

介護福祉士について詳しく知りたい人はこちら>>

ケアマネージャー

「ケアマネージャー(介護支援専門員)」とは、利用者や家族の希望や心身の状態にあったサービスを利用できるように、サービスと人とをつなぐ役割を果たします。

主な仕事はケアプランの作成ですが、他にも自治体、在宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡調整も担います。在宅介護の場合、ケアマネジャー1人あたり40人前後のケアプラン作成が一般的で、毎月利用者のお宅へ訪問しながらプランの見直しや調整を行います。一方、施設介護の場合は範囲が施設内の利用者に限定され、主な仕事は入所者のケアプラン作成や関係者との連絡となります。

ケアマネージャーについて詳しく知りたい人はこちら>>

看護師

介護の場においても看護師は活躍しています。介護スタッフにはできない行為でも看護師ならできるということが数多くあるため、介護の仕事をしながら取得を目指す人もいますが、一旦退職して資格を取得し、再就職する人もいます。

仕事内容はバイタル測定、服薬管理、インシュリン注射、簡単な医療処置(吸引・口腔ケア、胃ろう管理、じょく創ケアなど)です。その他介護スタッフの支援や施設の衛生管理も行います。

作業療法士・理学療法士

「作業療法士」「理学療法士」は、病気や事故で身体に障害を持った人や、高齢で身体機能が低下した人にして、医師の指示の下でリハビリテーションを行います。

作業療法士は日常生活に必要な能力や社会適応能力を回復させる訓練や指導を行います。洗濯物を干す動作や、料理の動作など、日常生活に直結する作業のほか、農耕、畜産、織物、木工、書道、将棋、園芸、手芸、体操などを通して回復をはかります。

理学療法士は運動能力を回復させる援助をします。歩行訓練などの運動で、関節の動きをスムーズにし、筋力の回復を目指す「運動療法」と、温熱、寒冷、電気刺激、水、赤外線などの物理的な手段を用いる「物理療法」があります。

言語聴覚士

「言語聴覚士」は、生まれつきの障害や脳機能の障害を持っている人、心理的な問題を抱えている人など、話すこと・聴くことが不自由な人に対して、言語能力や聴力を回復させるリハビリテーションを実施します。食べることや飲み込むことが困難な人のケアも同時に行います。

文字や絵を使って言葉を引き出す、呼吸や発音の練習をする、唇、舌、口の体操をするなど、さまざまな訓練をします。また自助具(困難な作業が簡単になるよう特別に工夫された道具)を用いて、食事がしやすくなる援助をすることもあります。

独立する

介護事業所の起業

「介護を一生続けていきたい!」「自分の理想に近い介護をしたい!」という強い意志のある人は起業するという選択もあります。

ある程度の資金が必要となりますが、訪問介護事業所であれば小さな事業所でも開くことができます。経営していくには顧客確保が重要ですが、そのためには優秀な人材を集めることが必要不可欠です。

介護事業の起業を目指したい人はこちら>>

講師やコンサルタントになる

今後も拡大が見込まれる介護業界では、講師やコンサルタントの需要も増えつつあります。

現場の経験や持っている知識を生かして、これから介護業界で活躍できる人材を育てるため、資格取得スクールの講師になるという道もあります。介護職員として働きながら講師をする人もいます。

またコンサルタントとして起業者をサポートする仕事もあります。たとえば開業前には物件選び・起業の手続き・採用活動の手伝いなどをし、開業してからは人材育成の教育・利益アップのためのアドバイスなどを行います。介護の知識はもちろん、経営のノウハウなども要求されます。

介護業界は自分の進みたい道を自分で切り開けます

介護業界ではさまざまなキャリアアップの方法があり、自分の努力次第で上を目指すことができます。介護の現場を経験し、実績を積んでいくうちに、自分のやりたいこと、目標が明確になってくると思います。働きながら日々成長していける環境で、目標を持って仕事ができる介護業界は非常に魅力的な職場と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

特集記事

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2018 Network21, Inc. All rights reserved.