ケア資格ナビ> 介護ファクタリングガイド

介護事業の早期資金化を実現するファクタリング会社とは?

介護ファクタリングとは

変容する社会と介護開業への動き

高齢化率が世界一とされる日本において、「介護難民」問題や「老老介護」問題など、さまざまな社会問題が喚起されています。その一方で、このシニア市場をターゲットとした「シニアシフト」が加速し、新たなビジネスモデルの再構築が求められる時代となりました。
こうした社会的ニーズや将来性の高さを受けて、介護開業への関心も大幅に拡大しています。今後長期にわたって進行することが、ほぼ確実と言える高齢社会に向けて、多くの企業が参入し始めたのも必然的と言えるでしょう。

介護報酬の受け取り期間が問題に

こうした介護開業において、事業者にとって重要な課題の一つに、「介護報酬」をめぐる問題があります。
介護報酬とは、介護保険制度において定められている、サービス提供の対価として支払われる報酬のことです。原則として報酬の1割は利用者負担、9割は介護保険料から支払われることになっています。しかし、この介護報酬を受け取るまでの期間が、介護事業所にとって重大なネックとなる可能性があるのです。
通常、介護保険事業者が、国民健康保険団体(国保連)へ介護報酬の請求をした後、介護報酬が支払われるのに約45日間かかります。その期間内も当然ながら、人件費などの資金が必要になります。
これにより、例えば介護事業を始めて間もない事業者様の場合、介護報酬請求後45日間、介護報酬債権の入金がないため、資金繰りに悩まされるケースが多いのです。

ファクタリングという言葉をご存じですか?

ファクタリングとは、企業が有する売掛金をファクタリング会社が買い取り、早期資金化して企業へ提供する資金調達サービスです。介護事業所の抱える悩みに応えるべく、10年ほど前から始まったこのサービスは、国保連からの入金期間の解決に向けて積極的に活用されています。
介護ファクタリングサービスの場合、介護報酬債権を介護ファクタリング会社が買い取り、それを介護保険事業者に入金することで、資金繰りを支援する形となります。すなわち、介護報酬の国保連合会請求部分(いわゆる90%部分)について、報酬債権を提携会社に譲渡し、資金を通常より1ヶ月以上早く現金化する仕組みとなっているのです。

ファクタリングによって こんな不安も即解決!

  • 「介護事業立ち上げまであと一歩!最初は資金回収までに時間がかかるって本当?」
  • 「事業開拓を検討中ですが、事業所増店のための資金調達はどうすれば…」
  • 「銀行借入れでない資金調達方法はありますか? 手数料などが気になって…」

介護報酬の早期資金化が可能(最短5営業日で現金化) ファクタリングの最大のメリットは、最短5営業日で現金化が可能なことです。通常かかる期間を約40日ほど短縮できるので、キャッシュフローを大幅に向上させることができます。その結果、借入金を圧縮するだけでなく、介護給付費・自立支援事業といった、新たな資金需要に備えることができるのです。

借入金や融資ではない 介護ファクタリングサービスは「介護報酬債権」を買い取るサービスとなるため、銀行借入(負債)には該当しません。また、保証人や不動産担保なども不要です。(※ファクタリング会社によっては保証人が必要な場合もあります。)
介護報酬の債権の場合、ファクタリング会社に国保連から入金されないことはないので、リスケジュールや債務超過も適応されます。このように貸倒のリスクがないため、他の業界に比べると手数料が非常に低利率となります。

帳簿上、売掛金の入金となる 介護保険は国の制度であり、その国に対しての介護報酬債権、いわば売掛金を有する形になりますので、帳簿上も「売掛金」の扱いとなり、賃借対照表(バランスシート)の改善や、金融機関からの借入枠の拡大も期待できます。「企業信用情報に傷がつかない」という面でも、融資を受けるよりも使いやすいサービスと言えるでしょう。

このように介護ファクタリングサービスは、資金繰りの不安や、資金調達のニーズが発生する介護事業所にとって、銀行などの金融機関からの借り入れを必要としない、資金調達手段として活用できるサービスなのです。

ファクタリング会社の選び方のポイント

需要拡大中のファクタリングサービスは、大手銀行系や商社系の金融会社やノンバンクまで広がり、現在では介護ソフトメーカーなども参入しています。規模や知名度も様々であるため、どのファクタリング会社を選べばよいか悩んでしまう方も多いことでしょう。
そこで、ファクタリング会社を選ぶ上で重要なポイントをご紹介させて頂きます。

入金までの日数 ファクタリング会社によって入金までの日数は変動し、現金化までに3~10営業日程度の開きがあります。自社の給与や経費の支払いスケジュールを確認し、ファクタリング会社を選びましょう。

手数料コスト 会社によって異なりますが、ファクタリングを利用する際の手数料は、概して

  1. 契約時の契約手数料
  2. ファクタリング入金時の手数料
  3. 月次管理手数料
  4. 更新手数料

となります。これらの金額は会社のホームページあるいは資料に記載されていますが、項目毎に手数料にばらつきがありますので、総合的に費用を抑えられるファクタリング会社の選択をおすすめします。

契約年数 会社によってその金額は様々ですが、ほとんどのファクタリング会社では、契約更新時に「更新料」を設定しています。そのため、利用料や手数料などのランニングコストとは別に、別途費用がかかることになります。申し込み前に「契約年数」と「更新料」を確認し、万が一長期の利用計画がある場合は、この金額も忘れずに確認しましょう。

介護ソフトとの連携 介護保険請求ソフトとファクタリングサービスをあわせて利用することによって、より効率よく介護保険請求を行うことができるようになります。ファクタリング会社によっては、ファクタリングサービスと介護保険請求ソフトを連携させ、国保連請求を伝送するだけで自動的にファクタリングされる、といったサービスを提供している会社もあります。

導入までの留意点

本格的に介護ファクタリングサービスを導入する際には、いくつかの利用条件を満たす必要があります。例えば、国保連伝送の際に専用ソフトの導入が必要になる場合があります。詳細は介護ファクタリング会社へご確認ください。

利用の際は提出書類等を含めて審査が行われ、状況によっては介護ファクタリングを利用できない場合があります。また、審査を通過しても1回目に入金される目安金額(介護報酬債権の70~80%)に届かない場合もありますので、確認が必要です。 今後、介護事業所の立ち上げや、事業所拡大によるスタッフの増員など、様々な理由で資金調達が必要となる場合、その一つの手段として介護ファクタリングサービスは非常に有効にご活用いただけるサービスです。

当サービスでは、様々なファクタリングサービスの情報を比較、無料の資料請求を通じて、介護ファクタリングサービスの導入をご検討される、介護保険事業者様にご活用いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護ファクタリングガイド

新着記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.