ケア資格ナビ> デイサービスガイド

デイサービスで働くには?仕事内容から資格や職種まで解説!

デイサービスは、介護サービスを受けながら自宅で自立した生活を送れるので、高齢者に人気です。
ではデイサービスに勤務すると、どのような仕事をするのでしょうか?デイサービスで活躍している職種や、その職種に就くために取得すべき資格とは?
デイサービスについて確認していきましょう。

デイサービス(通所介護)とは

デイサービスは、介護認定を受けた人が日帰り(半日もしくは一日)で、食事や入浴、リハビリテーションなどを受けることのできるサービスです。

このサービスを利用する時間帯は、介護者(家族)にとってはリフレッシュできる時間帯となり、介護者の生活の質を引き上げることに貢献します

高齢者はこれまで一人でできたことが、次第にできなくなってしまい、ふさぎ込んでしまうことがあります。高齢の夫婦や独居の場合は、特にコミュニケーションをとらなくなってしまうこともあります。
利用者はこれらのサービスを受けることで、他者とコミュニケーションをとることができ、孤立感の解消を図ることもできます。

デイサービスでは、こうした利用者が豊かな生活を送れるよう、適切なサービスの提供を行います。

デイサービスの勤務条件や特徴

勤務時間 ・シフト制勤務
・日勤メイン
・日曜定休の施設・事業所が多数
・利用時間が2~3時間程度の「半日型」もある
勤務形態 ・正社員
・パート
給与 ・正社員:月給16万円前後~
・パート:時給800円前後~
※上記は介護職員の場合
※職場により別途資格手当あり
就業条件 ・無資格でも就業可能。
・役職を目指す場合は資格が必要。
特徴 ・夜勤がないため生活リズムが整えやすい
・送迎業務を担当する場合、運転免許があると就職に有利

参考:クリックジョブ介護
厚生労働省 平成25年度介護従事者処遇状況等調査結果の概況
厚生労働省 平成28年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

日勤がメインなので、子育て中の人に人気の就業場所です。定休日が決まっている職場が多く、他の介護施設よりも予定が立てやすいと言えます。
「入浴介助」「送迎」などのみを担当する短時間パートから、フルタイムパートや正社員まで働き方を選択することができます。給与は職種や勤務形態により変わり、資格手当などがつく場合もあります。

  • 必要な資格を確認
  • 求人を検索

デイサービスの仕事内容

デイサービスでは、利用者の食事や入浴、排せつ介助などの基本的な身体介護の他、リハビリテーションやレクリエーションなどを通して、他者とのコミュニケーションを図るお手伝いをします。レクリエーションプログラムを企画することも、デイサービスの介護職員の仕事です。
直接的な身体介護の他、車での送迎や事務的な仕事もあります

一日の業務の流れ

下記は1日型のデイサービスにおける、業務の主な流れです。

■ 8:30~ 朝の送迎
自宅まで利用者を迎えに行きます。専門のドライバーを配置しているところもありますが、多くのデイサービスでは介護職員が行います。
介護職員一人で数人の利用者を迎えに行くことが多いため、効率よく迎えに行ける道順を確認し、利用者の体の状態に応じて車まで案内します。
■ 9:00~ バイタルチェック
利用者のうち高齢者は体調が変化しやすく、ささいなことでも病気やけがなどにつながりやすいので、毎回、血圧や脈拍などを看護職員中心に計測します。
■ 9:30~ 連絡帳や持ち物のチェック
着替えや薬など、利用者それぞれの持ち物が揃っているか、連絡帳には家族からの伝達事項が記入されていないかを確認します。
■ 10:00~ リハビリテーション
介護計画書に記された目標に沿って運動機能訓練を行います。機能訓練指導員として、作業療法士や理学療法士などが健康維持を目指します。楽しく運動することで、生きる喜びや楽しみにつなげていきます。
また主治医の指示の下、心身の機能の維持及び回復を目的としているリハビリテーションは、「デイケア」(通所リハビリテーション)で行われています。
■ 11:00~ 入浴
一人では入浴できない人や見守りが必要な人を対象に、入浴サービスを提供します。
■ 12:00~ 食事の配膳・介助
介護職員全員が利用者の様子に気を配り、誤飲や誤嚥(ごえん)を防ぐため、細心の注意を払って食事の介助を行います。
■ 14:00~ レクリエーション
レクリエーションは介護職員が日替わりで内容を考えます。書道や俳句、工作、絵画など手先を使ったものから、軽い体操や器具を使った体力づくりの他、散歩やガーデニングなどを行う場合もあります。ときにはボランティア団体に協力してもらい、ダンスや歌の鑑賞会、季節に合わせた行事やイベントも行われます。
■ 15:30~ 送迎準備
忘れ物・連絡事項を確認など、利用者の帰宅準備を手伝います。また、朝の送迎と同じように、複数の利用者を効率よく送っていけるよう、道順や利用者の状態を確認します。
■ 16:00~ 夕方の送迎
利用者を自宅に送ります。
■ 16:30~ ミーティング
スタッフ全体で一日の業務を振り返ります。利用者の様子やその日に発生したことなど、報告事項をスタッフ間で共有します。
■ 業務の合間に行う作業
一日の就業時間の中で、適宜行う業務があります。
  • 排泄介助、オムツ交換
  • 連絡帳の記帳
  • 利用者情報の記録
  • 利用者の見守りなど
以下は生活相談員が担当します。
  • 利用者の受け入れに関する説明や契約
  • 介護支援計画書の作成

デイサービスで活躍するには?

デイサービスでは活躍できる職種がいくつかあります。その職種に就くために必要な資格を見ていきましょう。

デイサービスに必要な職種を確認

職種 資格
管理者 施設を管理する重要な役職。法規上、資格は不要だが、介護の知識や技術が十分で、かつ管理する事業について深い理解が必要。
生活相談員 社会福祉士や精神保健福祉士、あるいは社会福祉主事任用資格が必要。ただし、自治体によってはケアマネージャー*1介護福祉士などの資格を取得した人でも可。*2
介護職員 無資格でも勤務できるが、身体介護には、介護職員初任者研修または実務者研修介護福祉士のいずれかの資格取得が必須。
看護職員 看護士あるいは准看護師の国家資格が必要。
機能訓練指導員 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・准看護士・柔道整復士・あん摩マッサージ指圧師のいずれかの国家資格が必要。

*1 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

*2 都道府県や市区町村によって資格要件が異なります。詳細は所属地域の担当課へご確認ください。

デイサービスで働くための資格を確認

それでは上記で紹介した職種に就くための資格の内容を確認してみましょう。

介護の資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(初任者研修)
  • 介護職員として勤務できる
  • 訪問系サービスには必須
  • 介護の基礎知識を学べる
全国の
講座料金を見る
実務者研修
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護福祉士受験に必須
  • 医療的ケアも学べる
全国の
講座料金を見る
介護福祉士 国家資格
  • 介護職員の中心的存在
  • サービス提供責任者や生活相談員*にもなれる
全国の
講座料金を見る
社会福祉士 国家資格
  • 生活相談員として勤務できる
  • 関係者との連絡や調整などの役割を果たす
全国の
講座料金を見る
介護予防
  • 認知症予防プログラムを立案し、トレーニング指導を行うことができる
  • 実務者研修修了または介護職員初任者研修を修了後、2年以上の実務経験を積むことで受講できる
全国の
講座料金を見る

* 自治体によって要件が異なります。詳しくはご確認ください。

介護施設・サービスの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.