ケア資格ナビ> 地域包括支援センターガイド

地域包括支援センターで働くには?仕事内容から資格や職種まで解説!

地域包括支援センターは、加齢や認知症などの影響で介護が必要になったり、物事に対する判断ができなくなってしまった場合の相談窓口として、地域包括ケアシステムの中心的役割を果たしています。個別の相談対応から地域の関連機関との連携調整など、幅広いネットワークで業務を行っています。

地域包括支援センターで働くために必要とされる職種や、その職種に就くために取得しておくと有利な資格とは、どんな資格でしょうか。 まずは地域包括支援センターの役割や仕事内容を確認していきましょう。

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは地域包括ケアシステム実現に向けた中心的な基盤として、市長村が設置しています。
地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしができるよう、地域全体で支援・サービスを行うことです。
そこで地域包括支援センターでは、利用者の相談内容からどのようなサポートが必要かを選択します。その上で地域のパイプ役として、介護サービス事業所や地域住民・ボランティア団体などへの連絡調整を行います

地域包括支援センターで働くメリット

地域包括支援センターの業務はケアプラン作成の他、介護や介護予防に関する相談・受付業務、介護予防事業の企画運営など多岐に渡ります。
そのため、保有資格のスキルとこれまでの経験を現場に生かして、活躍することができます。

参考:一般財団法人 長寿社会開発センター「地域包括支援センター業務マニュアル」

地域包括支援センターの勤務条件や特徴

勤務時間 ・日勤・日曜休みなど
・週休2日制
・年間休日110日前後~
勤務形態 ・正社員
・パート
給与 ・正社員:月給18万円前後~
・パート:時給1200円前後~
※上記はケアマネージャーの場合
※職場により別途資格手当あり
就業する際の条件 ・ケアマネージャー・社会福祉士・保健師・看護師などの資格が必要
特徴 ・地域住民の生活を安定させるためにさまざまな業務を行う
・日勤がメインなので、生活のリズムが作りやすい

参考:クリックジョブ介護

地域包括支援センターでは、要介護認定を受けている人や要介護認定を申請したい人の他、65歳以上であれば要介護認定の手続きをしなくても、「基本チェックリスト」の判定結果により、介護予防・生活支援サービスを利用することができます。
そのため地域包括支援センターでは、自立した生活が送れる人の相談から介護度の高い人の相談まで、いろいろなケースに対応します。スタッフは、社会福祉士・介護福祉士・ケアマネージャー・看護師・保健師などの資格が必要です。それぞれの得意分野を生かして相談業務や訪問業務を行います。

  • 必要な資格を確認
  • 求人を検索

地域包括支援センターの仕事内容

地域包括支援センターでは、さまざまな資格を持つ人たちが地域住民の生活をサポートしています。 地域包括支援センターでは、主に以下のような業務を行っています。

【1】包括的支援事業
  • 介護予防ケアマネジメント事業
    利用者のケアプランを作成します。
  • 総合相談・支援事業
    利用者の相談を受け、関係機関を紹介する支援を行います。
  • 権利擁護事業
    成年後見制度の利用や高齢者虐待や困難事例への対応など、高齢者の生活の維持を図ります。
  • 包括的・継続的ケアマネジメント支援事業
    地域で働くケアマネージャーのネットワーク構築と活用、日常的個別指導・相談を行います。
【2】指定介護予防支援
要支援者にケアプランを作成し、介護予防サービスを利用できるように関係機関と連絡調整を行います。
【3】その他
  • 特定高齢者*の把握に関する事業。
  • 介護予防に関する普及啓発活動の他、ボランティアや地域活動を行う人材の育成と支援。
  • 介護給付等費用適正化事業や家族介護支援事業など。

* 特定高齢者:65歳以上の高齢者で要支援・要介護になる可能性のある人

参考:厚生労働省 介護予防・日常生活支援総合事業の基本的な考え方

一日の業務の流れ

下記は地域包括支援センターのある一日の流れです。
地域包括支援センターではケアマネージャーをはじめ、社会福祉士・看護師・保健師などが在籍していますが、職種で業務が分かれていることはないので、いずれの職員もケアプランを作成し、利用者訪問業務などに携わります。専門性を生かすことはあっても、基本的には利用者ごとに担当者を決め、以下のような業務を行います。

■ 8:15~ ミーティング
昨日までの申し送りと本日の予定の確認を行い、情報共有します。
■ 8:30~ 事務的作業
メールの確認や関係機関との電話連絡などを行います。
■ 9:00~ 相談業務
窓口に来た人の相談業務を担当します。
■ 12:30~ 昼食
相談業務や訪問業務の合間に休憩を兼ねて、昼食をとります。
■ 13:30~ 利用者訪問
利用者や家族がケアプランのサービスに満足しているか、変更は必要ないかなど 利用者宅を訪問して確認します。
■ 15:00~ ケアプラン・資料作成など
相談に訪れた人のケアプランを作成します。管理者はケアプランの他に、各種資料の作成があります。
■ 16:30~ ミーティング
その月の企画や翌日の予定などの詳細を確認します。

地域包括支援センターで活躍するには

地域包括支援センターでは、ケアマネージャーや社会福祉士など、複数の職種の人が活躍しています。職種を確認し、またその職種に就くためにはどのような資格が必要なのか、見ていきましょう。

地域包括支援センターに必要な職種を確認

職種 仕事内容と必要な資格
管理者 地域包括支援センターのまとめ役として、特に定められた資格要件はありませんが、専らその職務に従事できる常勤者であることが必要となります。
主任ケアマネージャー ケアプランの作成も行いますが、地域のケアマネージャーを統括する役割も併せ持っています。ケアマネージャーの資格と主任介護支援専門員研修の受講が必要です。
ケアマネージャー 地域住民の相談援助業務の他、ケアプランの作成を行います。そのケアプランをもとに、利用者の生活が安定しているかを定期的に訪問指導します。ケアマネージャーの資格が必要です。
社会福祉士 地域住民の相談援助業務の他、ケアプラン作成、介護予防事業や認知症に関する事業の運営、地域のネットワークづくり、関係機関との連絡調整などを行います。社会福祉士の資格が必要です。
保健師 地域住民の相談援助業務・ケアプラン作成を行い、介護予防事業の企画運営などに携わります。保健師の資格が必要です。
看護師 地域住民の相談援助業務・ケアプランの作成を行い、介護予防事業の企画運営などに携わります。看護師または准看護師の資格が必要です。

参考:地域包括支援センターの設置運営について 厚生労働省

地域包括支援センターで働くための資格を確認

下記のような資格を取得すると、地域包括支援センターで勤務することができます!

介護の資格 ポイント 講座資料
ケアマネージャー
  • 利用者に適切な介護サービスを計画する
  • 利用者や家族からの相談業務を請け負う
全国の
講座料金を見る
社会福祉士 国家資格
  • 利用者や家族からの相談業務を請け負う
全国の
講座料金を見る

介護施設・サービスの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着記事

新着コラム記事

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.