ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> 資格について

ケアマネージャーの資格について | どうやって取得するの?

  • 介護福祉系資格の中で最高のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーとは?

ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職

ケアマネージャーは介護支援専門員の事を言います。
介護が必要な人が介護サービスを受けることができるように要介護認定の申請を代行したり、要介護・要支援と認定された人が、適切なサービスが受けられるように、ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職です
利用者が充実したサービスを受けられるかどうかはケアマネージャーにかかっているとも言えます。

ケアマネージャーの役割

利用者に合ったサービスをトータルコーディネート

ケアマネージャーの一番の役割は、利用者の心身の状況から必要なサービスを提案して、利用者とサービス事業者の間を調整する事です。
ケアサービスの専門職の立場から、利用者一人一人に合ったケアプランをコーディネートし、そのプランに沿って適切なサービス事業者を利用者に紹介します。
利用者にとってスムーズな介護が行き届くように、さらに事業者にとってもスムーズにサービスを行えるように調整します。

ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの主な仕事内容です。

1.要介護者からの相談、助言、訪問調査

高齢者や家族からの相談を受けたり、助言を行います。また、要介護認定の申請手続、更新手続の代行も行います。訪問調査は市町村の職員からの委託で行うこともあります。

2.課題の分析、ケアプラン原案作成

要介護者と面談を実施し、彼らがスムーズにサービスを受けられるよう、まずは課題を見つけ、そこからケアプランの原案を作成します。

3.ケアプランの作成

要介護者のニーズに基づき、援助方針や援助の目標を立てて、サービスが必要なものをピックアップし、組み立てていきます。
実施時間や回数もその中に含まれます。完成したら同意を得ることが必要です。

4.サービスの調整、モニタリング

ケアプランに基づいたサービスが実施されているかどうか、事業者との連絡や調整を行ったり、実施状況の確認、把握をします。

5.給付管理

ケアプランに基づいて実施されたサービスを記録し、事業者への支払業務を行う国民健康保険団体連合会(国保連)に給付管理票として提出します。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネージャーの資格

ケアマネージャーは責任ある立場となるだけに、取得するためにはかなり高いハードルが設定されています。受験資格は以下のいずれかの条件を満たすものとなっています。

  • 保健、医療、福祉の分野で原則として5年以上の実務経験を有する者
  • 介護職員初任者以上の有資格者で、資格取得以前も含めて通算5年以上の実務経験を有する者
  • 介護に10年以上従事したと認められた人

上記を満たしたうえで、ケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)に合格し、その後の研修を受けてはじめてケアマネージャーの資格を取得することができます。試験は年1回10月中旬に実施されます。誰でも目指すことができるという資格ではなく、一定の実務経験が必要です。ですから医療・福祉関連で経験を積んできた人が目指すことができる資格といえるでしょう。また試験難易度も高めなので、過去問題を解くなどしっかりとした試験対策が必要になります。

ケアマネージャーの資格を目指す前に

ケアマネージャーは実際の現場に直接携われることがないという点で介護福祉士やホームヘルパーとは異なっています。そのためいかに介護を受ける人とサービスを提供する人たちから信頼を得ることができるかがケアマネージャーとしての重要なポイントとなってきます。
そのためには相応しいケアプランの作成はもちろん、常に相応しい環境でサービスが行われているかどうかをチェックしていく必要があります。こまめに現場をチェックしたり、調査をしていく必要がありますし、利用者一人一人に対して気を配り、親身になって考える必要があるのです。ケアサービスがうまく行われていれば信頼され、感謝を受けることができます。その反面うまくいかない場合には責任を一手に背負わなければならない場合もでてくるのです。その意味においてもケアマネージャーという仕事は非常に重要や役割を持っている資格といえるのではないでしょうか。このように、ケアマネージャーの資格を取得するにも業務に関しても、やや特殊な事情にある資格なのです。 これからケアマネージャーの取得を目指す人はこうした面をしっかりと把握し、取得した後のこともよく考えておくとよいかもしれません。

ケアマネージャーの将来性は?

大きなニーズがあり、期待されている業界のエキスパート高齢化が急速に進む日本において、ケアを必要とする人は約300万人いるといわれています。
そんな中、注目を浴びている職業が、ケアマネージャーです。
高齢化の進展を受けている日本では、安定した雇用が見込まれる職種として注目を浴びているのです。高齢化が進み、需要がどんどん増えており、認知度、重要度もますます上がっていくでしょう。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

「ケアマネージャー」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.