ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネージャーに最短でなりたい人必見!

ケアマネージャーに最短でなりたい人必見!

  • 介護福祉系資格の中で最高峰のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーに最短でなりたい人必見!

介護職の専門資格である「ケアマネージャー」。ここではその仕事内容や、最短でケアマネージャーになる方法など、ケアマネージャーに関わる情報をまとめました。

まずはケアマネージャーの仕事を知ろう! ~ケアマネ1日の流れ~ 

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護サービスを利用する人に必要とされる「ケアプラン(介護サービス計画)を立てたり、各事業者や自治体などに依頼を行う「サービス利用者と事業者の橋渡し」的な役割を努めます。居宅事業所に勤務しているケアマネージャーの1日の仕事の流れを見てみましょう。

9:00

出社・簡単なスタッフミーティング

スタッフ間の伝達事項などがあれば、この時に確認をしておきます。

9:30

利用者の自宅を訪問

心身状態をチェックしたり、ご本人、ご家族がどのような介護サービスを必要としているかを確認(アセスメント)します。(アセスメントをもとに帰社後ケアプランを作成していきます)

11:00

サービス担当者会議

ケースに関わる各機関のサービス担当者を集め、ケアプランの内容を検討していきます。会議のレジュメや資料を作成したり、各担当者の招集、司会進行を行うのもケアマネージャーの役割です。

12:00

帰社・お昼休み

13:00

利用者の自宅を訪問

現在利用している介護サービスが適切か確認(モニタリング)します。サービス申請や相談を行うために役所窓口へ赴くこともあります。

16:30

帰社・デスクワーク

新規利用者のケアプランの作成を行ったり、介護事業者へのサービス依頼(サービス提供票の作成)など、デスクワーク作業を行います。

18:00

業務終了

必要があればこの後、介護で悩まれているご家族の相談を電話や事業所にて伺ったり、病院などの医療機関へ訪問や打ち合わせに赴くこともあります。

ケアマネージャーの職場 ~希望条件別のおすすめは?~

ケアマネージャーが活躍できる職場は様々。自分に合った働き方のスタイル、今後のキャリアアップなどを考えながら職場を選ぶことができます。

子育て中など、限られた時間内で働きたい人には、選択肢の多い「居宅介護支援事業所」がおすすめ。担当する利用者数を制限することで、パート・アルバイト・派遣社員など、自分に合った就業形態や時間帯で働くことができます。働く時間が増やせるようになった際には正社員へのステップアップも望めるのもポイントです。

フルタイムで働くことができ、今後のキャリアアップを狙うのであれば、介護保険施設などでの「施設ケアマネージャー」を目指すのもおすすめです。2004年の法律改正後、有料老人ホームやケアハウス、グループホームなどの施設における、ケアマネージャーの設置が義務付けられたため、これらの施設での需要はますます高まっています。施設内でキャリアを積むことで、主任ケアマネージャーなどの責任あるポストへ就ける可能性が高まります。最終的に独立開業を目指すのであれば、やや小規模の居宅介護支援事業者などで運営ノウハウを勉強してみるのも良いですね。

ケアマネージャーの給与は固定?歩合?

ケアマネージャーの給与は、一般的にケアプラン(介護サービス計画)の作成報酬ということになります。

この報酬は1件につき10,000円~15,000円ほどです。給与形態は事業者によって異なり、1ヶ月のサービス利用者数などを事前想定し、完全固定給としているところもあれば、基本報酬+歩合制としている事業所もあります。 ケアマネージャーの平均月収はフルタイムの場合25万円~30万円ですパート・アルバイトでの平均時給は1500円台となっています

介護ヘルパー・看護師・介護福祉士などの業務と兼業する人の場合、基本報酬額はさらにアップする傾向があります。また介護職経験が長くキャリアを積んでいる人の方が、固定給は高くなる傾向にあります。頑張った分だけ給与アップが見込める歩合制を選ぶか、安定した固定給を選ぶかは、今までの介護職としての経験や、希望する働き方などに合わせて選ぶと良いでしょう。

ケアマネージャーの将来性は明るい?

2020年に3人に1人が高齢者となる「超・高齢化社会」を迎える日本では、介護の専門職であるケアマネージャーの必要性がますます高まることでしょう。

介護保険法改正によってケアマネージャーの設置が義務付けられる施設が増えたことなども、政府・厚生労働省がケアマネージャーの存在を重視しているひとつの証です。

ケアマネージャーの数は高齢者施設の増加に対し、まだ不足している状態であり、「売り手市場」が続くことは確実と言えます。また、年齢を問わず働くことができるのもケアマネージャーの魅力のひとつ 70歳を過ぎてもケアマネージャーとして活躍している人も多く、何歳になっても仕事で輝くことができる職業となっています。ケアマネージャーとしての経験を積むことで主任ケアマネージャーや事業所の管理者など、介護・福祉の世界でキャリアアップをしていく人も。

このほか、大学・専門学校の講師や裁判の調停員など、ケアマネージャーとしての経験を他業界で羽ばたかせる人も少なくありません。

ケアマネージャーに最短でなるには?

ケアマネージャーになるためには毎年10月に実施される筆記試験「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、実務研修を経て資格を取得することが必要です。

なお試験合格後の研修時間は、2015年度までは「44時間」となっていましたが2016年度からは「87時間」に変更になりました。前年度の約2倍の研修期間となりますが、ここでしっかりとケアマネージャーの基礎を学ぶ形になります

来年度以降のケアマネージャーの試験に臨む場合、合格への可能性を高めるためには、スクールで試験対策をしておくことをおすすめします。通信講座の場合、受講期間は通常4カ月~6カ月程度。とは言え、通学講座なら自分のペースで勉強ができます。また通学スクールでは10日~2週間程度の通学日数で、基礎的講義から本番そっくりの模擬試験までじっくりと対策をすることもできます。「通学する時間がたくさん取れない」と言う人のために、事前の自宅学習と講義、そして模擬試験を組み合わせた短期型の「直前対策講座(4日~5日)」を設けているスクールもありますので、自分の勉強スタイルに合わせた講座を選んでみましょう。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

(更新日2016/10/3)

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

「ケアマネージャー」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.