ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> どんな職業?

ケアマネージャーはどんな職業?

  • 介護福祉系資格の中で最高のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーを職業にする

ケアマネージャーは、「利用者・介護サービス事業者・利用者の家族」の3者の間に立ち、円滑にサービスが実施されるよう調整することが求められます。そのため、ケアマネージャーを職業にしたいと考えている人には、これら3者の意見をしっかり聞いた上で、適切なプランを作成する判断力とコミュニケーション力が必要になります。

介護保険の制度や仕組みについて理解していることは大前提ですが、それだけではケアマネージャーとしての職務を全うすることはできません。上記に挙げた能力の他にも、書類提出なども行うため、文書作成やパソコン能力なども必要となってきます。

ケアマネージャーに必要な能力

利用者や家族がケアマネージャーに対していだく不満やクレームとして多いものが、コミュニケーション不足によるものです。

ケアマネージャーは多くの利用者を担当し、ケアプラン作成後も定期的に訪問し、サービスが適切に実施されているか、改善の可能性があるか、利用者の身体状況の変化はあるか、確認する必要があります

非常に多忙な職業であるため、ついついコミュニケーションが不足し、身体状況に変化がみられるにも関わらず、プランの変更が遅れてしまったり、利用者の要望に対して回答が遅くなってしまうことがありますが、多くの場合でコミュニケーション能力が不足しているというよりも、スケジュール調整がうまくいかない、ということに起因するようです。

このようなことがないよう、ケアマネージャーは限られた時間の中で、無駄のないスケジュール管理と、必要な事柄を取捨選択し、優先度をつけて業務を行う能力が必要になります。

このような業務コントロールは、ケアマネージャーの業務を始めたばかりでは難しいことだと思います。コミュニケーションを重視するあまり、利用者との関係が近くなりすぎてしまう、という問題も生じかねません。利用者と適度な距離を保ちながら満足度を高める。難しいことですが、この点を意識しながら経験を積んでいくことでだんだんと身についていくはずです。

ケアプランについて

介護保険制度・介護サービスは適切な環境で受けられてこそはじめて役立つものです。そのためにはひとりひとりの健康状態や生活環境に合わせたケアプランを練る必要があるのです。

ケアマネージャーはこのケアプランの作成に携わる役割を担っています。このケアプランは簡単に作成できるものではありません。介護が必要な人にとって快適と思えるような計画を作成するほか、介護施設との調整・連絡も必要となってきます。両者の希望・都合をマッチさせたうえで作成する必要があるわけです。

ケアマネージャーは責任が重大で、多忙な仕事ですが、利用者がその人らしく、いきいきと暮らしていくためのお手伝いができる、やりがいのある仕事です。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

「ケアマネージャー」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.