ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネの仕事内容

ケアマネの仕事内容。ケアマネージャーってどんな人?

  • 介護福祉系資格の中で最高のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーは高齢者が安心して介護サービスを受けるためになくてはならない存在であり、仕事は多岐に渡ります。ここではケアマネージャーの仕事について、詳しく見ていきましょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?

ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職

ケアマネージャーとは、介護が必要な人が介護サービスを受けることができるように要介護認定の申請・更新代行をしたり、要介護・要支援と認定された人が適切な介護サービスが受けられるようケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職です

ケアプランとは、要介護認定で要支援1、2または要介護1~5の認定を受けた人が介護保険サービスを利用するために必ず作成する計画書のことです。その内容は、利用者と家族の情報、生活全般の解決すべき課題やニーズ、必要となる介護サービスの種類、内容、頻度、目的など多岐に渡ります。

利用者はケアプランに基づいた介護サービスを1割の自己負担で利用することができます。介護サービスはケアプランの内容に沿って提供されるため、利用者が充実した介護サービスを受けられるかどうかはケアマネージャーにかかっているとも言えます

ケアマネージャーの役割

サービス利用者とサービス事業者の調整役

ケアマネージャーの役割は、利用者や家族の意向と生活・心身の状況から必要な介護サービスを提案して、利用者と介護サービス事業者、医療機関の間に入り連絡・調整することです。

ケアサービスの専門職の立場から、利用者一人ひとりに合ったケアプランを作成し、そのプランに沿って適切なサービス事業者を紹介します。 利用者がスムーズに介護サービスを受けられるように、さらにサービス事業者が効率よくサービスを提供できるように調整を行います。

ケアマネージャーの仕事

1.利用者や家族からの介護相談援助

利用者や家族から介護相談を受け、助言や支援を行います。相談内容は「病気やけがにより日常生活が困難になった」「家族が仕事と介護の両立をしたい」「介護保険サービスや要介護認定について知りたい」など、介護全般に渡ります。相談の内容によって支援が必要な場合、適切な介護サービスが受けられるよう要介護認定などの手配をします。

2. 要介護認定の書類作成および申請・更新代行、訪問調査

要介護認定は、その人が日々の生活の中で介護が必要なのか、必要だとしたらどの程度の介護サービスが必要になるのかを判断するものです。要介護認定の申請は専門的な知識がなければ難しく、書類作成も大変なため、利用者や家族に代わってケアマネージャーが書類作成および申請代行を受けることができます。また、認定調査員研修を修了したケアマネージャーは、市町村より委託された介護認定の訪問調査を行うこともあります。

3.課題の分析(アセスメント)、ケアプラン原案作成

要支援者・要介護者の自立支援に必要な介護サービスが受けられるよう、ケアプランの原案を作成します。利用者と家族の意向、これまでの生活、介護が必要になった理由、現在できることできないことを詳しく把握し、解決するべき課題に対して必要な介護サービスの種類や内容、利用回数などを決めます。
また、要介護度によって定められている1カ月あたりの介護サービス利用限度額の範囲内で最適なケアプランを提案することも重要です。利用者が住んでいる地域のサービス事業者や施設、提供できる介護サービスについて把握し、利用者に適切なサービス事業者を紹介します。

4.サービス担当者会議の開催

支援に必要な介護サービスを提供する事業者を選定した後、利用者とその家族、各サービス担当者を集めたサービス担当者会議を開きます。専門的な視点からケアプランの内容について検討・調整を行います。利用者と家族の意向、課題と目標の確認、介護サービス内容、医師から得た医学的所見など情報の共有を行います。
会議での修正を加え、利用者と家族から同意を得ることでケアプランが完成します。また、モニタリング後のケアプラン変更時にもサービス担当者会議を開催します。

5.モニタリング、介護サービスの再調整

実際のサービスの利用が始まったら、定期的にサービス事業者や利用者を訪問し、ケアプランに基づいた介護サービスの提供が行われているか、過不足がないかを確認します。利用者の生活・心身の状況変化、利用している介護サービスの満足度や目標の達成度などを把握し、必要に応じてケアプランを見直します。その都度滞りなく介護サービスが実施されるようサービス事業者と再調整を行います。

6.給付管理

利用者が1カ月に利用する介護サービスの利用予定と、サービス事業者が実施した介護サービスの内容に食い違いがないかを確認し「給付管理票」を作成します。給付管理票は各サービス事業者が行う国民健康保険団体連合会(国保連)への介護給付費請求に使用します。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.