ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド> ケアマネージャー資格はホントに通信講座で取得できる?

ケアマネージャー資格はホントに通信講座で取得できる?

Article001
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

【実録】ケアマネージャー資格はホントに通信講座で取得できる?

「ケアマネージャーになりたいけれど、スクールに通う時間がない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そんな仕事や育児をしながらケアマネージャーを目指している人の多くが「通信講座」で試験対策に取り組んでいます。ここでは「通信講座」で試験に合格した人に、通信講座を選んだ理由や、選び方のコツなどを伺ってみました。

通信講座でのケアマネ合格は可能です!

通信講座で受験勉強をして、見事ケアマネージャーの資格を取得した安田さん(44歳)にお話をお伺いしました。

--安田さんは通信講座で勉強されたとのことですが、どうして通信講座を選ばれたのですか。

もともと特別養護老人ホームで介護スタッフとして働いていたのですが「将来的にはケアマネージャーにキャリアアップしたい!」と思いつつも、勤務しながらスクールへ通う時間を作ることが難しかったんです。一度、独学で受験できるかな?と思ってケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)の参考書を買ったこともあるのですが、そのときは勉強する範囲が広すぎて、どこから勉強したらいいのか、という感じで…。そんなとき、職場の介護スタッフがケアマネージャー試験に合格したんです。「自分と同じ環境なのに、いつスクールに通えたんだろう?」と思って聞いたところ「通信講座で試験対策をした」と教えてもらったんです。

試験対策にあまりお金がかけられないのも悩みだったのですが…通信講座は通学に比べて受講料金が安いと教えてもらったのも「それなら頑張れる!」と思ったポイントでした。

--それで、介護スタッフとして勤務を続けつつ、通信講座での勉強を開始されたのですね。

通信講座の選び方のコツと内容比較

--どのようにして受講する講座を決められたのか、教えていただけますか。

通信講座で勉強しようと決めた後は、複数のスクールに資料請求をし、内容を比較検討しました。講座料金が安い方が良いというだけでなく、受講者の『合格率』や『標準受講時間(標準学習時間)』も比較するポイントでした。合格率が良い講座の方が、試験対策が適切だろうと思ったので。標準受講時間はスクールによって3カ月~6カ月と開きがあったのですが、私の場合は学習できる時間があまり取れないので、標準受講時間が短めのスクールを選びました。

--実際に通信講座で勉強を始めてみていかがでしたか。

ケアマネージャー試験は、介護支援・保健医療・医療福祉と、幅広い分野から出題されるんですよね。それが以前、独学で挫折した要因でもあります。でも通信講座の内容は、受験対策のため分野ごとにポイントが絞ってあるんです。また分野別に正答率などをチェックできるので『苦手分野』を正確に把握し、そこを集中的に勉強することができました。あと『演習問題」で自分の実力をチェックできて、本番そっくりの『模擬試験』を受けることもできました。模擬試験は演習で基礎をしっかりと身につけた後、「これなら大丈夫かな?」と思って挑戦しました。模擬試験で良い結果が出たので、本番の受験も余裕を持って取り組めましたよ。

--ポイントを抑えた学習と本番さながらの演習・模擬試験が合格の秘訣だったのですね。

通信講座をやりとげるためのコツ

--通信講座というと通学講座のようにスケジュールが決まっていないので、途中で挫折してしまうのでは、と不安を感じる人も多いと思うのですが、やりとげるためのコツのようなものがあれば教えていただけますか。

そうですね、独学でやってみようと少しでも思ったことがある私としては、通信講座はゴールまでのスケジュールがはっきり示されていたので、挫折しそうな感じは少なかったと思います。実際の勉強方法は、どれだけ学習時間を確保するか、ということなのですが、私は基本は帰宅後に1~2時間の勉強時間を取ると決めて、なるべく実践するようにしていました。そうは言っても、もちろん仕事や家事などで予定通りに勉強時間が取れないことも多かったのですが、そんなときには、翌日の勉強時間を増やしたり、週末にまとめて勉強する時間を作ったりして、なんとか調整していました。自分のスケジュールに合わせてペース配分を調整できるのが通信講座の良さですからね。

--『自分なりのペース』を作ることが、通信講座でのケアマネージャー試験に合格するポイントなんですね。

あと「スキマ時間」で勉強をすることも大切だと思います。例えば通勤電車の中の10分、寝る前の5分など空いた時間にサッと集中して勉強するクセを作ったりだとか。なかなか勉強する時間が作れないときには、このような『スキマ』の時間がとても大切になってくるかなと思います。常にテキストをそばに置いておくクセをつけると良いかもしれないですね。重要なのは、1日に10分、15分でも良いから勉強する習慣を忘れないことなんですよね。最初はそれがなかなか難しいのですが(笑)。

--毎日無理の無いペースで勉強できる通信講座だからこそ「勉強を継続する習慣作り」が大切になってくるんですね。これから通信講座でケアマネージャーを目指そうと考えている人にとても参考になるお話、ありがとうございました。

通信講座で「教育訓練給付制度」を利用するには?

安田さんのように「できるだけ受験のための料金を抑えたい!」という人に嬉しい制度があります。厚生労働省による「教育訓練給付制度」です。この制度は、指定する講座を受講し修了した場合、厚生労働省が受講料の20%を支給してくれるというもの。もちろんケアマネージャー試験のための講座も対象になりますし、「通信講座」の場合でも対象の講座を受講すれば教育訓練給付金は支給されます。まずは利用できる条件を確認しましょう。

教育訓練給付制度 利用資格

  1. 教育訓練給付制度を初めて利用する場合、雇用保険被保険者である期間(支給要件期間)が通算1年以上であること
  2. 同制度を以前に利用したことがある場合、雇用保険被保険者である期間が通算3年以上であること
  3. 現在離職しており雇用保険被保険者でない場合、被保険者でなくなった日から1年以内であること

ただし3)の「離職後1年以内」の条件については 所定の手続きを行うことで、「4年以内」に延長してもらえる可能性があります。自分が資格者であるかの確認や、条件延長の手続きについては住んでいる自治体のハローワーク(公共職業安定所)に問い合わせてみましょう。

申込・手続き方法

教育訓練給付金の申込を行う方法は、スクールによって異なります。多くの場合、受講申込時に「教育訓練給付制度利用」を希望する旨を表明することで、講座終了後にスクール側から制度利用のための申請書類(教育訓練終了証書、受講料領収書、教育訓練給付金支給申請書など)が送付されます。これらの書類と本人確認書類、雇用保険被保険者証などを持ってお住まいのハローワークで手続きを行いましょう。

手続き完了後、1~2カ月で指定口座に講座料金の20%が振り込まれます。なお教育訓練給付制度は「講座修了後」に受講料が「還付」される制度であり、申込時点での「割引」は行われません。申込時には受講料を全額納付する必要がありますので、その点には注意しましょう。

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

私でも取得できる?ケアマネージャー>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

   

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.