ケア資格ナビ> ケアマネージャーガイド

ケアマネージャーとは?

  • 介護福祉系資格の中で最高峰のキャリア「ケアマネージャー」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

ケアマネージャーはこんな資格!

こんな資格!

ケアプランを作成する重要な職種

ケアマネージャーは正式には「介護支援専門員」と呼ばれ、利用者が希望するサービスを円滑に利用できるよう、ケアプランを作成することが主な仕事です。在宅サービス事業所や地域密着型サービスの事業所、施設事業所などに所属し、連絡調整を行う大切な役割を担っています。
重要な職種だけに広範囲にわたる知識が必要です。試験に合格し、その後の実務研修を受けて初めてケアマネージャーとして働くことができます。

どんな職場?

居宅介護事業所として独立も

ケアマネージャーにはさまざまな就業先があり、自分のライフスタイルに合わせ、職場を選択して働くことができます。最近ではケアマネージャーとしての実務経験を積み、独立する人も増えてきました。個人で居宅介護支援事業を開設するには、会社設立手続きを行ったあと、自治体に介護事業者としての指定申請を行います。許可を受けられると開業することができます。

「ケアマネージャーの活躍現場」詳しくはこちら>>

将来性は!

どの職場でもケアマネ確保が必須!

ケアマネージャーの需要は介護保険の利用者増加に伴い、今後も引き続き増加傾向にあります。介護保険制度を利用してサービスを受けるには、ケアマネージャーによるケアプランの作成が必要となるため、どの事業所もケアマネージャーの確保が至上命題となっています
サービスの内容は介護給付で行われる介護サービスの他、予防給付の介護予防サービス、市町村の独自サービスなどが用意されており、高齢者のための事業はこれまで以上に発展していくことが予測されます。このためケアマネージャーは大変将来性のある職種と言えます

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネージャーの資格を取得するには?

学習方法

ケアマネージャーの試験で合格を目指している人の多くは、介護の職に就いている人でしょう。特に仕事の他、家事や育児のある人が独学で受験勉強を進めることは、難しいものです。そんなときはスクールが開講している講座を受講するのも1つの方法です
受講方法は講師から直接学ぶことのできる「通学講座」や忙しい人には自宅で学べる「通信講座」があります。自分のライフスタイルや目的に合う講座を見つけましょう。 数カ月間かけてじっくりと学習するタイプのものから直前試験対策講座など期間も選択できます

受験対策

ケアマネージャーの試験は年に一回行われています。介護職の中でも重要なポジションを担う資格なので、出題範囲が広く合格率も決して高くはありません。出題はマークシート形式で行われ、五肢複択方式で解答します。複択式は問題を正確に理解して、解答を導き出さなければならないので、時間配分を適切に行うことが必要です。問題を解くことばかりに気をとられ、基本事項である名前などを書き忘れてしまう人もいます。受験地域によっては名前などの記入の他、受験番号をマークシートで塗らなければならない地域もあるので、基本事項にも細心の注意を払いましょう。
ケアマネージャーの受験対策は、問題集を繰り返し解いて、マークシートに慣れることが必要です早めに受験準備に取り掛かり、ケアマネージャー試験の対策講習会などに参加すると良いでしょう

取得方法

都道府県が実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、都道府県が実施する実務研修を受講したあとに、修了証の交付を受けて初めてケアマネージャーとして働くことができます。

受験資格が変わります

受験資格

  • 保健・医療・福祉に関する資格に関わる実務に5年以上従事した者
  • 特定の福祉施設・介護施設に5年以上従事した者
  • ホームヘルパー2級・社会福祉主事任用資格者で介護等業務に5年以上従事した者
  • 無資格で介護等業務に10年以上従事した者

しかし2015年2月にはケアマネージャーの受験資格の改定が決定しており、2018年度試験からは以下のように変更されます

  • 保健・医療・福祉に関する法定資格に基づく業務に5年以上従事した者
  • 特定の福祉施設・介護施設・障害者施設などに5年以上従事した者

「ケアマネージャーの受験資格」詳しくはこちら>>

試験内容

試験問題は「介護支援分野」から25問、「保健医療サービス分野」から20問、「福祉サービス分野」から15問が出題されます。介護支援分野では介護保険法の内容・要介護認定について・事例問題など、保健医療サービス分野では高齢者によくみられる疾病や障害についての問題が出題されます。福祉サービス分野においては、介護保険サービスの内容について詳細を問われています。例年、ケアマネージャー試験に合格するには、それぞれの分野で7割程度解答することが合格基準となっています。

受講日

例年10月初旬

受験料

各都道府県により異なる

問合せ先

ケアマネージャーの受験・試験日程など詳細は各都道府県から指定を受けた「指定実施機関」へ

「ケアマネージャーの試験内容」詳しくはこちら>>

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

ケアマネージャーの受験をおすすめする3つのポイント!

ポイント1

取るなら今がオススメ!ニーズ拡大中!

高齢化が進むにあたり、介護業界での活躍を目指しキャリアアップを考えている人が増加しています。一方、介護保険制度改正のもと、国は「介護の質」の向上を図るため、介護福祉関連の資格の位置づけを改定しています。
ケアマネージャーの資格取得には受験資格や実務経験が必要なので、ハードルが高いと思われがちですが取得すると活躍の場が広がります

ポイント2

過去の合格率から見る今後の予想

ケアマネージャー試験の合格率は毎年20%を下回っており、合格が大変難しい資格です。

受験者 合格者 合格率 前年度比
2011年度(第14回) 145,529人 22,332人 15.3 % -5.2 %
2012年度(第15回) 146,586人 27,905人 19.0 % +3.7 %
2013年度(第16回) 144,397人 22,331人 15.5 % -3.5 %
2014年度(第17回) 174,974人 33,539人 19.2 % +3.7 %
2015年度(第18回) 134,538人 20,925人 15.6 % -3.6 %

2018年度試験から受験資格が変わりますので、無資格で受験する人は今がチャンスです!

ポイント3

変化しつつある介護業界と広がる将来性

ケアマネージャー試験は難しい試験ですが、現場の声を反映すれば高い知識が必要なことは自ずと分かります。日本の介護の質が底上げされ、高齢者社会の環境全体が改善されればサービスの利用者にとっても、仕事に携わる側にとっても歓迎すべきことです。
ケアマネージャーは人の役に立つやりがいのある仕事です。求人募集も多く、正社員での募集も常時あります。安定した職を探している人には、うってつけの職業で人気のある資格です。
資格を持つことによって活躍の場を広げることができますので、ケアマネージャーの受験資格がある人はぜひチャレンジしてみましょう!

* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

(更新日2016/9/26)

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由

「ケアマネージャー」関連書籍の案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーガイド

特集記事

新着記事

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.