ケア資格ナビ> キャリアコンサルタントガイド

キャリアコンサルタントの資格講座を一覧比較

  • キャリア形成を支援する専門家「キャリアコンサルタント」
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

※表示の最安講座・最短期間はこのサイトで紹介している一例であり、地域・コースによって差があります。
※タイミングにより最安講座の募集が終了している場合があります。

国家資格キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントは働く人の能力や性格などを考慮した上で、最適な職業(または業務)選択が行われるよう導く専門家です。職場環境の改善・有益な人材配置を提案することにより、企業にとって最も重要な人的リソースに対して働きかけを行います。

国家資格です!

キャリアコンサルタント資格は、2016年4月に誕生した新しい国家資格です。

認定講習修了で受験できます!

キャリアコンサルタント試験は、ケア資格ナビで紹介している認定講習を受講し、修了することで受験できます。

働きながら修了できます!

講座には土日集中や夜間コースがありますので、仕事をしながら受講・修了できます。

キャリアコンサルタント資格を「いま」取得するメリット

以前と比べて雇用・労働環境が大きく変わり、新しい『働き方』も増えました。一人ひとりが自分に合った『働き方』を探し求めるようになり、専門家による支援の必要性が高まっています。このような背景から、キャリアコンサルタント資格を目指す人がますます増えると予測できます。まだ資格保有者が少ない早い時期に取得しておくことで活躍の場の選択肢が広がるでしょう。

主な活躍の場

  • 企業などの組織
  • 人材派遣会社や紹介会社
  • ハローワークなどの公的機関
  • 大学などの教育機関のキャリアセンター など

さらに、上記のような場所で経験を積んだ後、独立開業を目指す人もいます。国をあげた人材開発支援政策が推し進められ、キャリアコンサルタントの資格保有者はさまざまな業界から注目を浴びています。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

キャリアコンサルタントの講座について

講座概要

学科・実技試験の両方に対応するため、通信・通学講座ともに開講しているスクールが多い傾向にあります。自宅学習では学科試験で出題されやすいポイントをまとめて習得。さらにロールプレイング実習では、相談者の希望を聞き良好な条件を引き出すなど、実践的なカウンセリングスキルについて学びます。

受講期間

最短2カ月の通学講座があります。土日集中コースや平日夜間コースなどがありますので、働きながら学ぶことができます。

受講料金

養成講座の受講料は、だいたい30~50万円程度です。実務経験がない場合は厚生労働大臣が認定する講習受講が必須になります。養成講座の他、試験対策講座を10万円前後で開催しているスクールもあります。詳細はスクールにより異なりますので、講座資料を取りよせて確認するのが確実です。

  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 気になるスクール資料を無料でお取りよせ!
  • 料金を一覧で比較 資料請求無料

キャリアコンサルタントになるためには

キャリアコンサルタントとして働くためには、国家資格であるキャリアコンサルタント試験の学科試験と実技試験の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿へ登録する必要があります。なお、最新の知識やスキルを身につけるため、取得後も5年ごとに講習を受講して登録の更新を行います。

試験は年4回

キャリアコンサルタント試験

試験は年4回、およそ3カ月に1度程度のペースで開催されています。学科試験から1カ月後、続けて実技試験が行われるのが一般的です。

学科試験と実技試験があります

学科試験、実技試験のうちいずれかの試験に合格していれば、合格した試験科目が無期限で免除になります。

学科試験では職業能力開発促進法をはじめとする各種法令や、キャリアコンサルティングの理論・実務などについて問われます。実技試験にはキャリアコンサルタント役として試験官の相談に応じるロールプレイと、試験官からの質問に答える口頭試問があります。

学科試験

形式 出題数 時間
四肢択一のマークシート方式 50問 100分

実技試験

形式 出題数 時間
論述 記述式 1~2問 50分
面接 ロールプレイ
口頭試問
1ケース ロールプレイ15分
口頭試問5分

合格率

第3回試験(2017年2~3月実施)の合格率は、学科試験・実技試験それぞれが60%を超えるものの、2つの試験を同時に受けた受験者の合格率を見ると50%以下になっています。
第1回~第3回の合格率から判断すると、学科試験より実技試験の方が難しいと言えそうです。

学科 実技 学科・実技試験
同時受験者
第1回 77.8% 60.0% 47.6%
第2回 75.7% 64.4% 55.6%
第3回 64.3% 63.2% 49.3%

出典:厚生労働省ホームページ

受験料

学科試験:8,900円(税込)
実技試験(論述・面接試験):29,900円(税込)

確認しておこう

キャリアコンサルタント試験の受験資格

キャリアコンサルタント試験は、下記のいずれかを満たすことで受験できます。

  • 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した人
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する人
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した人
  • 上記の項目と同等以上の能力を有する人

相談業務に携わった経験がなくても、認定講習を受講し修了することで受験できます

名簿への登録が必要です

キャリアコンサルタントを名乗るためには、厚生労働省のキャリアコンサルタント名簿に登録する必要があります。キャリアコンサルタント試験合格後、登録申請書などをキャリアコンサルタント登録センター(特定非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会運営)に提出しましょう。提出形式はWebまたは郵送のいずれかを選ぶことができます。

経過措置について
キャリアコンサルタントは2016年4月に国家資格となりましたので、それ以前に『キャリア・コンサルタント能力評価試験』に合格した人や、これと同等以上の能力を有すると認められた人は、経過措置の対象となります。対象者は2016年4月から5年の間にキャリアコンサルタント名簿に登録することでキャリアコンサルタントを名乗ることができます。

キャリアコンサルタントの仕事

まず相談者の話をよく聞き、ニーズのくみ取りや適性判断を行います。その上で、将来を見据えたキャリアプランを組み立て、実現のために必要な仕事の提案・職場環境の改善について助言します。職種と同時に求職者のキャリアも多様化しているため、常に新しい情報に対してアンテナを張り、自分の引き出しを増やし続ける努力が大切になります。こうした幅広い知識が必要とされるため、キャリアコンサルタント資格保有者に対するニーズも高まっています

企業の人事部などに所属するキャリアコンサルタントの場合

職場環境の改善や従業員のパフォーマンス向上を目指します。具体的には従業員のキャリアプランを明確にするとともに、個々の従業員に適した資格の習得や業務の選択などを支援します。

求職者支援を行うキャリアコンサルタントの場合

新たな人材を求める企業側と、就職・転職を希望する求職者側のマッチングをサポートします。求職者には応募書類の作成方法の助言や、面接指導を行うなどして、最適な職場で働けるようにアドバイスします。また人材派遣会社で勤務する場合は、就職先が決定した後も企業と求職者の間に立ち、条件面の交渉や調整を行います

自分にぴったりのスクールを選ぶには資料が必要な5つの理由詳細
資料請求が大事な5つの理由資料請求が大事な5つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の資格講座一覧

新着コラム記事

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ

掲載スクール一覧

Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.