ケア資格ナビ> 介護の資格について知りたい

介護の資格について知りたい

介護の仕事をするには

介護・福祉・医療業界は資格の業界とも言えます。介護・福祉・医療に携わる仕事をしたいと考えている方はまず、資格を取得することから始めなければいけません。資格には主なもので 介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャー、介護予防運動指導員、福祉用具専門相談員、福祉住環境コーディネーター、介護保険事務、医療事務などがあげられます。

介護の資格一覧

介護の資格で重要なのは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、実務者研修、介護福祉士(国家資格)、ケアマネージャーです。それぞれの資格には受験資格などがありますので、ポイントを確認しましょう。

介護の人気資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(旧ホームヘルパー2級)
  • 介護の基本的な知識と技術の習得
  • 介護の入門資格
  • ライフスタイルに合わせて勤務形態を選択可能
講座資料をお取り寄せする
実務者研修
  • 介護福祉士を受験するための必須資格
  • サービス提供責任者へ
  • 医療的ケアの知識なども学べる
講座資料をお取り寄せする
介護福祉士 国家資格
  • 介護職唯一の国家資格
  • 介護の上級資格
  • 受験資格として3年以上の実務経験
講座資料をお取り寄せする
ケアマネージャー
  • 介護の最上位資格
  • ケアプランを作成する重要資格
  • 保健・医療・福祉分野の有資格者で5年以上の実務経験などが受験資格
講座資料をお取り寄せする

その他の介護関連格一覧

介護の業界で重宝される資格は他にもあります。取得することで自分の能力がさらに生かされ、介護業界でのステップアップに役立つでしょう。

その他の介護関連の資格 ポイント 講座資料
介護事務
  • ケアプラン遂行のための事務業務
  • PCを使った所内のオフィスワーク
講座資料をお取り寄せする
介護予防
  • 介護保険制度改正でニーズが上昇中
  • 心身機能の低下予防を指導し高齢者をサポート
講座資料をお取り寄せする
福祉用具専門相談員
  • 福祉用具貸与事業で必須資格
  • 介護の他の資格と合わせて取得することがおすすめ
講座資料をお取り寄せする
ガイドヘルパー・
同行援護従事者
  • 障がいを持つ人の外出を介助
  • 介護の他の資格と合わせて取得することがおすすめ
講座資料をお取り寄せする
心理カウンセラー
  • 企業専属で求められるなど将来性が十分
  • ストレスチェック義務化により需要が見込まれる資格
講座資料をお取り寄せする
医療事務
  • ライフスタイルに合わせた長期的勤務が可能
  • 高齢化社会の医療現場で欠かせない資格
講座資料をお取り寄せする

まずはどの資格を取るべき?

介護職員初任者研修を受講後は、実務経験を積みながら介護職員実務者研修を受講し、3年後に介護福祉士、5年後にはケアマネージャーとステップアップしていくことができますので、 入門資格としてまず最初に介護職員初任者研修を受講するのが一般的です。 既に介護関連の資格を取得している人が将来的に介護福祉士を目指す場合も、介護職員実務者研修の受講が必須となります。取得している資格に応じて受講科目の免除・時間の短縮ができますので、確認してみましょう。

介護職のキャリアパス

※資格名をクリックすると、各資格の詳細を見ることができます。

« 介護職員初任者研修
日常生活を送るのが困難な高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問して、入浴、食事、排泄などの身体介護や、掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。
130時間
実務経験2年
« 介護予防運動指導員
高齢者が本来持っている身体機能を十分に活かすための効果的なトレーニングや生活習慣の確立を目指し、高齢者の日常生活を支援できるプロとしての技術を身につけます。
« 実務者研修
介護初任者同様、生活援助、身体援助を行います。指示を受けることなく、介護業務を実践することが求められます。医療的ケアで喀痰吸引や経管栄養についてシミュレーターなどを使うことを求められます。
実務経験
3年
実務経験5年
« ケアマネージャー
利用者の希望や状態にあったサービスを利用できるよう、ケアプランを作成します。需要が急増しているので、将来性のある職種です。
« 介護福祉士
介護職員初任者や実務者同様、施設や民間のサービス事業所で働くのが一般的です。訪問介護事業所で、管理職として働くことも可能です。国家試験があり、的確な介護の実践が求められ介護のプロとして認められる資格です。
実務経験7~8年
« 認定介護福祉士
介護チームのリーダーとして、居宅・施設サービスを問わず、多用な利用者・生活環境、サービス提供形態等に対応して、サービスを実践でき、サービスのマネジメントを行い、地域包括ケアに対応できる人物が求められます。

介護の資格について

働きながらキャリアアップ

介護の資格は、介護の仕事をしながら資格を取得してキャリアアップすることができます。今後創設予定の 認定介護福祉士(仮称)へのステップアップルートが明確で、働きながらさらに上を目指すことが可能です。

国家資格の社会福祉士

介護職は需要が高まっていますので、就職先に困ることはありません。 介護の資格の中でも、 国家資格である介護福祉士はとくに信頼度が高く、今後ますます必要とされる資格です。介護の資格は、介護職員初任者研修からスタートし、早めの取得をおすすめします。

大切な家族のためにも

介護の資格は、職場だけでなく家族のためにももちろん役立ちます。介護に関する必要な知識と技術が身につくので、自分の家族が安全な毎日を過ごすためのサポートができます。 将来の自分のためにも取得しておいて損はない資格です。

介護の資格一覧から
講座の資料を取り寄せる


* 「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。


介護の資格講座一覧

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ 老人ホーム入居相談サービス会社を一覧比較!
Copyright © 2005-2016 Network21, Inc. All rights reserved.