ケア資格ナビ> 介護の資格について知りたい

介護の資格について知りたい

介護の仕事をするには

介護の仕事をする場合、資格がなくてもできる業務もありますが、訪問介護や生活相談員の業務のように、資格を取得することが前提となっている場合もあります。また、多くの事業所で資格手当が用意されており、スキルアップが収入アップにもつながります。
自分が将来どのような働き方をしたいかによって、目指す資格や取得のタイミングも変わってきます。まずは介護の資格のポイントについて見ていきましょう。

介護の資格一覧

介護の仕事で活用できる主な資格として、「介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)」「実務者研修」「介護福祉士」「ケアマネージャー」などがあります。

介護の主な資格 ポイント 講座資料
介護職員初任者研修
(ホームヘルパー2級)
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護の基礎知識を学べる
  • 訪問系サービスには必須
全国の
講座料金を見る
実務者研修
  • 介護職員として勤務できる
  • 介護福祉士受験に必須
  • 医療的ケアも学べる
全国の
講座料金を見る
介護福祉士 国家資格
  • 介護現場の中心的存在
  • サービス提供責任者や生活相談員*2にもなれる
全国の
講座料金を見る
ケアマネージャー
  • 利用者に適切な介護サービスを計画する
  • 利用者や家族からの相談業務を請け負う
  • 生活相談員や管理者として勤務できる場合もある
全国の
講座料金を見る

*2自治体によって要件が異なります。詳しくはご確認ください。

最初に取得すべき介護の資格とは?

介護業界の入門資格として、初めに介護職員初任者研修を受講するのが一般的です。 介護職員初任者研修修了後、実務者研修の修了と3年の実務経験で介護福祉士を取得できます。介護福祉士を取得後、実務経験5年でケアマネージャーの受験資格を得ることができます。
介護福祉士を受験するには実務者研修の修了が必要など、上位資格を取得するには受験資格があるので、将来を見据えて必要な資格を取得していくと良いでしょう。

その他の介護関連資格一覧

介護の業界で必要とされる資格は他にもあります。専門知識を習得することで活躍の場も広がり、介護業界でのステップアップにも役立つでしょう。

介護関連の資格 ポイント 講座資料
介護事務
  • 介護保険請求を中心とした事務全般を担う
  • 介護保険の基礎から請求業務までを学べる
全国の
講座料金を見る
介護予防
  • 国による介護予防事業推進でニーズが上昇中
  • 生活機能の低下予防を指導し高齢者をサポート
  • 介護予防プログラムを立案、トレーニング指導を行う
全国の
講座料金を見る
福祉用具専門相談員
  • 福祉用具の選び方や使い方をアドバイス
  • 福祉用具サービス計画書の作成
  • 福祉用具貸与事業所の開設に必須
全国の
講座料金を見る
ガイドヘルパー・
同行援護従事者・
行動援護従業者
  • 高齢者や障がいを持つ人の外出をサポート
  • 介護の主な資格と合わせて取得することがおすすめ
全国の
講座料金を見る
福祉住環境コーディネーター
  • 住宅改修で高齢者の自立した在宅生活をサポート
  • 介護保険給付に必要な住宅改修が必要な理由書の作成
全国の
講座料金を見る
高齢者コミュニケーション
  • 高齢者とのコミュニケーション能力を高める
  • 介護の主な資格と合わせて取得することがおすすめ
全国の
講座料金を見る

介護職のキャリアパス

下記は介護現場で働く人の一般的なキャリアパスです。

主な介護の資格について、詳しい取得条件を確認してみましょう。

« 介護職員初任者研修
スクールの講座を受講し、修了試験に合格することで取得できます。自立した日常生活を送るのが困難な高齢者や障がい者の介護に必要な、生活援助・身体介護の基礎知識を学びます。
« 実務者研修
スクールの講座を受講し、修了することで取得できます。修了試験の有無はスクールによります。幅広い介護の知識や技術の他に、たん吸引・経管栄養などの医療的ケアについて学びます。
実務者研修の修了と実務経験3年で介護福祉士国家試験の受験資格が得られます。スムーズにキャリアアップするために、実務経験3年を満たす前に取得しておくことがおすすめです。
« 介護福祉士(国家資格)
年に1回行われる介護福祉士国家試験(例年1月)に合格することで取得できます。国家試験を受験するには実務者研修の修了と3年の実務経験が必要です。
介護福祉士を取得し、実務経験5年(従事日数900日以上)でケアマネージャーを目指すことができます。
« ケアマネージャー
年に1回行われる介護支援専門員実務研修受講試験(例年10月)に合格し、実務研修を受講することで取得できます。実務研修は、各都道府県が実施する87時間以上の講義と演習で、研修期間は都道府県にもよりますが3~5カ月です。試験を受けるには介護福祉士を取得後、5年の実務経験(従事日数900日以上)が必要です。
« 認定介護福祉士
高齢化が進み、ますます広がる介護現場でのニーズに対して、より専門的な対応ができる人材を育成するために作られた認定資格です。現在、認定機構により養成研修カリキュラムの認定などが進められています。
介護現場の中心的存在である介護福祉士の専門性を高め、医療と介護の連携強化や地域包括ケアの推進、サービス利用者の生活の質を向上するなどの役割を果たすことが期待されています。

介護の資格について

働きながらキャリアアップ

介護の資格は介護の仕事をしながら順に取得することで、キャリアアップすることができます。また、国による「介護職員処遇改善加算」という介護の知識と技術を持った人材を育てるための制度が実施されています。これにより多くの事業所では、介護職員の働きやすい職場環境の整備や資格取得によるキャリアアップの支援、賃金の改善などが行われています
働きながらキャリアアップする環境は整えられているので、自分のライフスタイルと照らし合わせて、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

国家資格の介護福祉士

介護の資格の中でも、国家資格である介護福祉士は信頼度が高く、介護の専門的な知識と技術を身に付けた介護のプロフェッショナルとして認められる資格です。介護の現場では介護職員をまとめるリーダー、指導役として必要とされています。
介護福祉士の国家試験を受験するには実務者研修の修了が必要です。キャリアアップを目指している人は実務経験を積みながら、資格を取得するなど、受験対策を始めましょう。

大切な家族のためにも

介護の資格は、職場だけでなく家族のためにも役立ちます。介護に関する知識と技術が身に付くことで、家族に介護支援が必要になった場合でも、安全な毎日をサポートすることができます。 将来の自分のためにも取得しておいて損はない資格です。

*「ケアマネージャー」の表記について:厚労省や地方自治体による文書では「ケアマネジャー」が正式な表記とされていますが、当サイトでは、現在一般的に使用されていることから「ケアマネージャー」を使用しております。

介護の資格一覧から
講座の資料を取り寄せる

介護の資格講座一覧

介護施設にpepper ビューティー資格ナビ 性格と適職を徹底分析!キャラクチ診断 自宅で学んで資格が取れる通信講座 試験日・資格取得期間がわかる資格カレンダー 対象者は最大10万円返ってくる!教育訓練給付金制度 現役介護職員のリアルな声! 認知機能低下予防プログラム「シナプソロジー」のご案内 介護技術のレベルアップに役立つ実践DVD! 介護ソフトの資料・体験版を一括請求! 介護起業をサポート!全国の独立支援企業・フランチャイズ企業を一覧比較 大手福祉車両リース会社を一覧比較して一括お見積り 大手介護ファクタリング会社を一覧比較して資料をお取り寄せ
Copyright © 2005-2017 Network21, Inc. All rights reserved.